検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?
餃子の登録商標を持っていたお店!? 小田原の「日栄楼」で噂の餃子を食べてきた

ココがキニナル!

小田原駅の老舗中華料理屋“日栄楼”では『餃子』を登録商標としてメニューに載せています。ちょっと変わった美味しい餃子なのですが、本当に登録商標されているのでしょうか?(輪太郎さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

現在「餃子」は一般名称として指定商品第30類に属している。過去に商標登録願の提出、登録商標を持っていた可能性はあるが、事実は定かでない

  • LINE
  • はてな

2018年04月01日

ライター:はまれぽ編集部

小田原に、「餃子」の登録商標を持つ中華料理屋さんがあるという。登録商標とは、商品やサービスを他人の商品などと区別する目的で使用される商標権のこと。

投稿によると、その中華料理屋さんは「日栄楼(にちえいろう)」という名前らしい。本当に登録商標されているのか、どんな餃子なのかを調査する。
 
 
 
日栄楼
 
JR小田原駅東口から歩いて約5分、噂の日栄楼に到着した。
 


年季が入った外観


店内は昔ながらの街の食堂という感じ

 
さっそく、登録商標されている餃子を探してみた。
 


テーブルに置いてあるメニューに「ギョウザ」を発見


店内の壁にかかっているメニューには「ギョーザ」と記されている

 
分かったことは、餃子が「肉の部」に分類されることと、ギョウザとギョーザの2種類の表記があることだ。
登録商標とは一言も書かれていないので、お店間違えたかなぁ・・・と思っていると、壁にかかっているメニューの下に、「登録商標 餃子」と手書きのメニューが並んでいた。
 


いったいどんな餃子なのだろうか

 
女将さんらしき方に登録商標の餃子を食べたい旨を伝えると、「餃子一丁!」と元気の良い声で注文が入る。
 


厨房へ注文を伝えに行ったのかと思いきや

 
女将さんが向かったのは、なんとレジの隣にある小さな鉄板の前!
 


フライ返しでギュっと押し付けながら焼き目をつけていた

 
どうやら、よくある餃子の形ではなく棒餃子のようだ。
待つこと数分、テーブルの上に焼きたての餃子がやってきた。
 


「登録商標 餃子(400円/税込)」

 
カリッとした表面は、焼き餃子というより揚げ餃子に近い。
 


中はフワっとしていて食感も楽しい

 
女将さんによると、餃子の皮も手作りという。昔は鉄板の横にある小さな窓から餃子の販売もしていたそうだ。昔からの人気商品なだけあって味も美味しい。

登録商標については、「私の母の時代の話だから、今はもう有効じゃないと思うんだけどね(笑)。もう70年近くお店をやってるけど、餃子をお店で出したときからうちでは枕詞みたいな使い方をしているよ」と女将さん。

一説によると日栄楼は、当時はあまり日本で知られてなかった餃子を、東京などに広めた草分け的なお店とも言われているようだ。
 


入り口付近には、「昭和36年」に商標登録願を出した旨が記されていた

 
特許庁にも確認をしたが、1961(昭和36)年当時、日栄楼が餃子の登録商標を持っていたかどうかは定かではないようだ。担当者によれば「過去の登録状況は確認できないので何とも言えませんが、登録商標は10年ごとに権利を更新する必要があるため、70年の歴史の中で権利を失ってしまった可能性もあります」とのことだった。

現在、「餃子(ぎょうざ)」は一般名称として指定商品第30類に属しているため、日栄楼の登録商標であるとは言えない。
 


餃子だけは女将さんが作ってくれる

 
しかし、商標登録の申請を行った事実を元に、キャッチフレーズとして今もなお地元の人々に愛されているのは事実だ。
細かいことは抜きにして、昔ながらの味が途切れないよう、これからも小田原の地で美味しい餃子を届けてほしい。
 
 
ー終わりー
 
 
日栄楼
住所/神奈川県小田原市栄町1丁目14−3
電話番号/0465-22-4941
営業時間/午前11時~午後9時30分
定休日/水曜日

※情報は取材当時のものです

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

こんな記事も読まれてます

5月7日まで横浜赤レンガ倉庫で開催される春のビールの祭典「フリューリングスフェスト」をレポート!

【ニュース】江戸清が新作「黒酢の酢豚まん」を発売!

いっっちばん新鮮な崎陽軒のシウマイはどこで手に入るの?

ギャップ萌え必至!? 地場野菜にこだわる横浜駅西口の「大ど根性ホルモン」ってどんなお店?

“麺”食いが集まる、赤レンガ倉庫で開催中の「ラーメン女子博2016」の様子は?

グルメのつまった商業ビル「鶴屋うまいもん横丁」に突撃!

【ニュース】KONISHIKIプロデュースのカフェも! 京急百貨店で「ハワイ ポリネシアンフェスティバル」開催!

『今夜、ハマのバーにて。 vol.3』〜「ダイキリ」と太田圭介さん〜

おすすめ記事

川崎の中華料理店で見かける、「かわさき餃子みそ」って何?

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

野毛にある萬里は、日本で初めての餃子店なの?

「人をもてなす」基本中の基本に忠実だからこそ再訪を誓う。「焼肉おくう横浜本店」

  • PR

世界初!? センター南に「餃子」の自動販売機があるって本当?

具がおいしいと、粉モンはここまで昇華する。ハマリ度間違いなしの「鉄板 俣野也」

  • PR

スナック隣接の「餃子居酒屋」? 鴨居のディープスポットに突撃

日本「シウマイ」販売の元祖「博雅亭」の味を引き継ぐ「博雅のシウマイ」に密着! アレンジレシピは必見!

  • PR

新着記事

横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

アンティークウォッチの世界、のぞいてみませんか? マニアだけでなく初心者にオススメする、その魅力とは

  • PR

価格、ボリューム、格式ばらない雰囲気・・・ 日本料理の“常識”を覆す名店「別亭空海」

  • PR

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

ここが横浜の新特等席! 絶景レストランで「伝統」と「革新」の日本料理を味わえる「横浜 星のなる木」

  • PR

印刷会社が取り組む「社会変革」って一体何!? 130年以上も続く総合印刷業の老舗「大川印刷」

  • PR

制限時間なしのサーキットトレーニングや数百円からの姿勢改善・美尻。オリジナリティー溢れるフィットネス

  • PR

想像力をかき立てるカーディーラー、港南区「スズキ上永谷オートマン」

  • PR

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

横浜でリーズナブルにマイホームを持つ1つの方法

  • PR

看板犬も人気のお店!元町5丁目にあるヘアサロン「aimable aime(エマーブルエメ)」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 林市長のカジノ誘致に対して藤木氏はどのようなお考えなのかインタビューしてください。

  • 横浜市がカジノ誘致する報道がありました。林市長は住民投票しないとの見解を示していますが、到底納得でき...

  • 鎌倉由比ヶ浜通りにあった和菓子屋さん「桃太郎」が、なにやらお化け屋敷になっていました。いきさつ含め、...

最近のコメント

アクセスランキング