検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お年玉キャンペーン 投票ページ
  • はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

相鉄線横浜駅にある「星のうどん」。以前は「麺は讃岐、出汁は博多」と張り紙があったのですが、今はありません。味も変わったような。鶏飯は最高に旨いです!ぜひ調査をお願いします。(べいさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

「うどんはさぬき、汁は薄口博多風」は今も健在。ただし素材の状態が味へ微妙に影響することも。「かしわめし」は九州の地場食でした。

  • LINE
  • はてな

2012年07月17日

ライター:河野 哲弥

横浜駅構内では珍しい、うどんのスタンド店

相鉄線横浜駅構内にある、うどん専門のスタンド店、「星のうどん」。薄口のダシと、コシの強い麺が特徴で、忙しい通勤時にうれしい店である。

その入口は、横浜西口五番街側と、相鉄改札内の2カ所にある。しかし、相鉄線の駅員さんに一言告げると、改札外側からでも入場券なしで利用できることは、既に有名。読者の中でも、一度は利用したことのある方も多いのではないだろうか。
 


横浜西口五番街側の、同店外観


今回の投稿によると、同店の味が、変わったように感じるとのこと。
そこで、真相を解明すると共に、併せて「鶏飯」とは何なのかも、確認してこようと思う。



お店の中へ、独占取材のはじまり

お話を伺ったのは、以前FMヨコハマ平日午後の番組「E-ne! ~good for you~」との連動企画「横浜市内の駅そばで、変わったメニューやこだわりの店はあるの?」でお世話になった、店長の藤島さん。
 


いつも爽やかな印象の、藤島店長


まず、「麺は讃岐、出汁は博多」の張り紙の件から確認してみたところ、正式には「うどんはさぬき、汁は薄口博多風」が正しいんだそうだ。なお、同店のコンセプトでもあるこの標語は、今でも店外の看板に明記してあり、開店当初から変更もしていないとのこと。
 


看板に書かれた同店の標語、今でも残っていた
 

手作りへのこだわりが書かれているポスター


では改めて、このコンセプトはどういう意味なのか、改めて藤島さんに聞いてみた。
まずは、「うどんはさぬき」について。これは、全国どこでも本場のうどんが打てるよう製麺機の普及に努めた、「さぬき麺機(本社・香川県三豊市)」にちなむもの。同社から直接の指導を受け、自社工場で生地を作っているそうだ。
 


最終的な麺にする工程は、お店の中で行われる


次に、「汁は薄口博多風」について。一般的に薄口の汁の場合、「京だし」などと表記することが多いが、あえて博多としている理由は何なのだろう。
藤島さんによれば、見た目が濃い関東ダシの対極として、あえて京都より遠く離れた「博多風」にしていることのこと。使われる材料は、ムロアジ、サバ、ソウダガツオ、フシ(深海魚の一種)、カツオの5種類の魚と、利尻コンブの高級品なのだそうだ。
 


店内の棚には、各種削り節が並ぶ


では、「味が変わった」というウワサは本当なのだろうか。引き続き店長に、詳しいお話を伺ってみることにしよう。


はたして本当に味は変わったのか?もし変わったのであればその理由は?次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

横浜市内の駅そばで、変わったメニューやこだわりの店はあるの?

アヒージョ専門店が野毛に。味わいとバリエーション豊かなアヒージョとお酒が楽しめる新名店「SPOON」

  • PR

JR横浜駅構内には、なぜ駅そば店がない?

中華の街横浜で人気の絶えない繁盛店の秘密を探る! 

  • PR

ラーメン激戦区・東白楽に集まる「北海道ラーメン」とは?

料理やお酒や会話に、家族で紡いだ思いを感じられる場所。野毛の本格的な和食「旬彩 濱おか」

  • PR

社食・職食を巡る~11月で営業終了する「みなとみらいの穴場食堂」でランチ

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

新着記事

横浜では星空が見えない? なら、プラネタリウムはいかがですか?【編集部厳選】

    • 面白かった6
    • 面白くなかった10
    • コメント1
  • 2019年01月20日

野毛で篭城している不動産屋さん!?再開発地区にポツンと一軒建っている理由

    • 面白かった149
    • 面白くなかった7
    • コメント3
  • 2019年01月21日
お年玉キャンペーン
はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

財産を「負の遺産」にしないために! 相続税の相談・対策なら、関内駅徒歩2分の「北川孝税理士事務所」

  • PR

他店で買った商品も修理・リフォームOK!「FLD japan(エフ・エル・ディージャパン)港北店」

  • PR

30~40代のオシャレメンズ増殖中! ゆるふわパーマで印象変えよう! 美容室「S. Blanket」

  • PR

結婚相談所って怪しくない?「マリッジクラブ ウィッシュ横浜」で結婚相談所の疑問を徹底解決してきた

  • PR

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

親子の物語が紡ぎ出す絶品料理の数々!およそ150品目のメニューをそろえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

“世界に一着”が3万5000円から! 隠れ家サロン「EVERS SUIT」でオーダースーツデビュー!

  • PR

職人の味を気軽に味わう! お祝いにも、いつもよりちょっと特別な時も、みんなで行きたい「松葉寿し」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 平成から新元号に変わろうとしている今年、関内地下街マリナードは今も昭和の良き佇まいを醸し出している。...

  • 南区永楽町2丁目に手作りキムチ専門店【五六道】が出来て、一回買ってみたら美味しかったです!場所的には...

  • みんなのキニナルの昇格システムですが、初段からキニナル達人までの各段にはそれぞれ何人いるのでしょうか...

あなたはどう思う?

節分の日は何をしますか?

最近のコメント

アクセスランキング