ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    またまた反町ネタ(?)ですが、以前反町交番から国道1号線につながる道の途中・・・有名な中華そば「八龍」さんの並びのビルの2Fに「侍」というステーキ屋さんがありました! ランチタイムにはかなりお得な価格...

    かもめぼんぼんさん

    羽衣町にワンタンスープ専門店「くぬぎ屋」があります。券売機を見たら雲呑麺は無く雲呑スープだけがある事がわかりました。何故スープだけなのかがキニナリます。

    bjさん

    三ツ境のOKストア裏手にある「イレブン」というお店は、カラオケだけでなく骨盤矯正を売りにしている模様で前を通るたびにキニナります。更に結婚式を無料で挙げられる!らしいのですが、果たして実績があるのか、...

    町田県民さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

今年の横浜DeNAベイスターズは何位? CS出場可能?

まだあきらめない! ここから優勝でしょ!
2位に入って、目指せ! 本拠地CS開催!
今年も3位で、CS出場!
4~5位に転落するかも!?
まさか・・・最下位?
興味ない

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
2位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
3位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
4位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!~学校の歴史と防大ツアー編~
5位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
6位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
7位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
8位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
9位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
10位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
11位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
12位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
13位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
14位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
15位
戦争の記憶を後世に。横浜大空襲体験者が戦争の悲惨さを語る
16位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
17位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
18位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
19位
ベイスターズジュニアチームではどんな選手が選ばれる?
20位
横浜の子どもの4万人以上が貧困? その実態と横浜市の対策とは?
21位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
22位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
23位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
24位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
25位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
26位
焼夷弾は「地獄の音」 横浜大空襲体験者が語る戦争の悲惨さとは
27位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
28位
ベイスターズジュニア、1次選考会の様子はどんな感じ?
29位
空襲体験者が語る、湘南地域を襲った空襲被害とは?
30位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜市は住民税が高いとの噂をよく聞きます。実際のところ、他の自治体と比べて高いのでしょうか?安いのでしょうか?(CROWさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

横浜市の住民税は、2011年現在、他の自治団体より高い。(夕張市を除く)

ライター:南沢 岬 (2011年05月12日)

昔から横浜市の住民税は高かったのか?

もう一つよくある噂だが、「昔から横浜市の住民税は高い」と言う方々も多いので、この点についても調査した。平成16年度から、すべての自治体において市区町村民税(均等割)は、標準課税金額の3,000円となっている。

そして、平成21年度から横浜みどり税が適用されるまで、横浜市の市区町村民税(均等割)について、超過税率はこれまで適用されておらず、横浜市の住民税は他の自治体と同金額であった。
しかし、平成15年度以前の全国の市区町村民税(均等割)は、

 ①人口50万人以上        (平成8年 年額3,000円)
 ②人口5万人以上50万人未満 (平成8年 年額2,500円)
 ③その他の市            (平成8年 年額2,000円)

上記の3区分で分けられて課税されており、横浜市は人口50万人以上の都市なので3区分の中で1番高い。そのことが影響して、当時②③の自治体から転居されて来た際、納める税金が高いと感じて噂されるようになったのではないだろうか。



横浜みどり税って必要なの?

では、横浜市民の新たな税金である「横浜みどり税」とはどういったものなのか。この税金の導入経緯と利用方法等について、横浜市総務局主税部税制課企画係長 黒部さん、横浜市環境創造局みどりアップ推進課担当係長 河岸さんにお伺いした。


横浜市環境創造局みどりアップ推進課担当係長 河岸さん


―横浜みどり税の導入経緯についてお教えください。

「1970年(昭和50年)45.4%あった横浜市の緑被率(一定面積の中に樹林等が生育している面積の割合)が2004年(平成16年)31%になり、何としても歯止めをかけて現状を維持していかなければならないということになりました。この緑を保護する事業には、概算予算として約110億円必要であり、国庫補助金等から差し引き約20億円分の新たな財源が必要と想定しました。横浜市長からの提案で議案に掛けられ、当時賛否両論はあったものの議会で認められ採択されました。

集めた税金の使途を明確にするため、他の財源と分け、税収相当額を『横浜市みどり基金』へ積み立てるかたちをとっています。主な取り組みとしましては、①樹林地を守る ②農地を守る ③緑をつくる の3本柱ですが、予算の約8割は緑地保全制度による地区指定拡大と買取りをメインとしています」

―初年度の決算資料の開示が無いのですが、実際の税金の使い道である成果等お教えください。

「決算資料に関しては、市全体の決算資料の一部としてお示ししていますが、今後、ホームページなどで、より分かりやすくお示ししたいと思います。メインとしている樹林地の指定は、87.8ha行うことができました。その他、様々なみどりアップ計画を実施してきましたので、ホームページをご覧ください。」
 

神奈川区内小学校の校庭芝生化前 神奈川区内小学校の校庭芝生化後


―樹林地指定、買取についてメインとしているようですが、樹林地を所有されている方はどのくらいいて、どの程度認識されているのでしょうか?また、5年間で1,000haを目標としているようですが、初年度でわずか87.8haです。目標達成するのでしょうか?

「地区指定できるのは、500㎡以上の樹林地が対象となります。500㎡以上の所有者さんは約5,000人おり、初年度のアプローチで40%の方から返信を頂いています。皆さんには、まずこの制度を知ってもらい、地区指定ができるように働きかけていきたいと思います。

目標数値ですが、今年度は前年より伸びておりますので、高い数値目標ではありますが達成できるよう目指していきます。買取については、事業の性質上、相続等が発生し、所有者さんから申し出があった場合に行うものなので、想定したようには進まないということもご理解いただきたいと思っております。」

―事業の性質上、とても5年間で結果が出る事業では無いようにみえます。集めた税収を使い切れると思いません。5年後は、どのようになるのでしょうか?

「時限立法なので、5年間でこの税収は終了します。緑の保全の取組は、以前から継続しているもので、息の長い取組です。この5年間、みどりアップ計画に基づき、特に集中して行うこととしていますが、その後も継続して行っていきたいと考えています。ただ、集めた税収である『横浜市みどり基金』の条例には、特に期間を設けていませんので、5年後にどうなるかわかりません。横浜みどり税や横浜市みどり基金を5年後どうするかについては、今後の課題になります。」
 


『広報よこはま特別号』(平成21年5月発行)より抜粋




取材を終えて

横浜市の住民税は、現在はどの自治体よりも高いことが判った。そして、その超過課税の一つである『横浜みどり税』について今回はメインに取り上げた。確かに緑を大切にすべきことは重要であるが、市民から新たに税を徴収して行うには目的が、あまりにも曖昧である。

この税収は、樹林地を守る・買い取ることを主軸に事業を行っているのだが、役所はデベロッパーが提示する金額を上回れるのだろうか。逆にデベロッパーが手を出さない樹林地のみ地区指定・買取ということで、本来の目的は達成されるのだろうか。樹林地の地区指定、買取には相当な歳月がかかるのは、あらかじめ想定できるはずだ。買取も上手く進まず予算も使われないまま5年が終了してしまい、余った予算は、基金へプールされる。最終的にどうなるのか判らないのでは、あまりにも杜撰だ。

もう一つ横浜市民として神奈川県の超過税、水源環境の保全・再生を名目に課税している税金がある。今回この点は深く探求しないが、恐らく曖昧なのはおよそ理解できるだろう。

自然の保護を名目にして、曖昧な税金を搾取していいのだろうか。行財政改革を抜本的に見直し財源を確保することができないのか、明らかにしてから超過課税をしてほしいものである。


― 終わり ―
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


この記事どうだった?

面白かった 1451 面白くなかった 57

おすすめ記事


かふかさん2017年08月07日 19時31分
>―横浜みどり税の導入経緯についてお教えください。>「1970年(昭和50年)45.4%あった横浜市の緑被率~~この様な間違いがあると納得する事が難しくなると思います。
そう思う 0 そう思わなかった 0
静岡県民さん2017年06月19日 06時12分
何年か前まで、市民税所得割から国民健康保険の保険料の所得割計算していたような気がする。となりの川崎が住民税だったような。そういう意味でこれはダブル、トリプルパンチになっていなかった気になる。もっとも来年度から完全に旧ただし書き化だけど。
そう思う 0 そう思わなかった 0
みなと広告さん2016年02月12日 20時22分
横浜みどり税の実態は政策提言NPOへの振る舞い金だときいたことがあります。実は「はまれぽ」も悪の枢軸の仲間では?と疑ってます。
そう思う 54 そう思わなかった 5