検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

ココがキニナル!

「家系ラーメン全店制覇への道」変り種ラーメンが看板メニューの家系ラーメン店、「濱壱家」「中島家」の2店舗をご紹介!

  • LINE
  • はてな

2014年06月24日

ライター:千葉 こころ

〇〇ラーメンを生み出した店主の目に涙!?

大量の辛味ネギを思い起こして、うっとりしながら向かった先は、相鉄線天王町駅から横浜方面へ徒歩で15分ほどのところにある「中島家」。
 


「IEK(イエケー)48総選挙」では堂々の3位にランクイン
 

家系ラーメン店には珍しく、食券機がない

 
和食の料理人として12年の経歴を持つ店主の中島正昭(なかじままさあき)さん。事故による大怪我で当時の職場を離れざるを得なかったことが、家系ラーメン店ののれんをくぐる転機となったそうだ。
 


和食界でも一流の腕を持つ、店主の中島さん

 
回復後、和食料理人時代に培った知識と味覚を元に、友人と二人で当時流行り始めていた家系ラーメン店の開業を決意。試行錯誤をくり返しながらも納得の一杯を完成させ、1991(平成3)年、東京都大田区に「こうや」をオープンさせた。

その後、それぞれに店舗を構えようと中島さんが「こうや」を離れ、1995(平成7)年に「中島家」をオープン。フランチャイズなどに思われないよう、あえて店名も変更したそうだ。
 


スープへの強いこだわりは今も変らない

 
店主のアイディアから生まれた看板メニューがこれだ!
 


これが元祖の味「キャベツラーメン(750円)」
 

横浜で食せるとは、感激!

 
スープの味を邪魔しないようにと、キャベツにはあえて味を付けていないそう。

そのスープのガラは豚のみを使用し、産地や年齢も指定。手元に届いてからさらに熟成させ、味に厚みを持たせているという徹底ぶり。麺も「酒井製麺」と決め、卸してもらえるまで何度も足を運んで交渉したそうだ。
 


今では吉村家に卸していたものと同じ麺を使用している

 
細部にまでこだわり、店主が自信を持って提供している一杯が、こちら。
 


並々ならぬ思いが「ラーメン(600円)」に注がれている

 
そしていよいよ、ジャッジの時が来た。
 


自信をみなぎらせ、厳しい視線でマーコ氏を見る店主
 

店外へ出て★をぬるマーコ氏

 
「その日のガラで味の出方は違う。一概に評価はできない」とのことだったが、「今日の味」としての評価なら受けようと、予想はせず店主も外へ・・・。

「今日の味」に対して、マーコ氏が評価を下す!
 


評価をみた瞬間、店主の顔色が急変・・・
 

突然号泣!?

 
まさか、またも鬼の評価が下ったのだろうか!?
 


店主の希望には届かなかったのが涙の理由。まずまずの高評価だ!

 
~マーコの本気コンサルチェック~
1. 「ビジュアルは美味しさの8割以上」という言葉があるように、現在使用されている器は商品コンセプトと異なるため、
家系最強ビジュアル力を発揮する黒い器に変えるべし。

2. 「キャベツラーメン」というオンリーワン的な商品があるにもかかわらず、メニュー表などでオススメ感やこだわりがまったくアピールされておらず、ある種宝の持ち腐れ状態のため、店に個性やブランド力を付けるためにアピってアピってアピりまくるべし。

巷では「こうやで修行を積んだ」との噂も流れる店主だが、実は立ち上げの張本人だったという衝撃の事実が判明! 当時の裏話もたくさん聞かせていただいた。

ちなみに、同店で提供されている「レタスラーメン(750円)」は、「キャベツラーメン」とともに候補にあがったが実現しなかった、幻のラーメンだそう。
 


★評価ボードをすぐに飾ってくれる店主

 
食券機がないのはお客とのコミュニケーションのため。ポロシャツは家系特有の威圧感を与えないためと、接客に対するこだわりも強い。元和食料理人の目線ならではの、配慮なのかもしれない。

~マーコ&チバコロの総評~
マーコ:今とはなっては珍しくないが、10年以上前からこのようなボディーブローが効いたスープを提供されていたことに驚愕の一言である。しかしながら、チー油感が弱い関係上、家系らしさが少々弱いため、あと10cc足しても良いであろう。

また、キャベツラーメンに関しても、「元祖の味」なのでこれはこれなのかもしれないが、スープ自体がこってりしているため、伊豆の「吉田家」のように生のキャベツを使用したほうがバランス力が上がる。

チバコロ:「しょう油とんこつではなく、とんこつしょう油」という店主のこだわり通り、とんこつならではの味わいがしっかりと出ているラーメン。キャベツラーメンはキャベツに味付けがないのも正解! の美味しさだが、茹でることでキャベツの歯ごたえが弱まり、麺と一体化してしまうのが少し残念。



取材を終えて

通常の家系ラーメンではなく、「ある物」の載った家系ラーメンが看板メニューの2店舗を紹介してきた。
スープと合わさることで本来の味を際立たせるその融合は、看板メニューに成るべくして成ったものばかりであった。

 
― 全店制覇まで 残り50店舗 ―

※上記軒数は現段階で調査できた店舗数となります。開店・閉店・発見により軒数が変動する場合があります。
※★評価は2店舗とも取材日時点での評価となります。
※★評価は事前に店主の許可をいただいたうえで行っております。
※★評価(評価結果は除く)、弟子入りテストや流れに伴うストーリー性は全てプロジェクト本部(編集部)からの指示によるものです。マーコ氏、チバコロ氏の判断で行われているものではありません。
 


2014年6月24日時点の家系家系図<クリックして拡大>

 

―次回に続く―
 
取材協力
神奈川のラーメンを盛り上げよう!会
http://kanagawa-ramen.net/

マーコの辛口ラーメンチェック
http://ma-ko64.com/
 
「家系全店制覇への道」特設ページ
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 家系ラーメン店でカレーってレアだったのか。横浜に引っ越してきた20数年前に近くにあった店にカレーがあったので、レアアイテムだとは思っていなかった。そういえば、あまり見かけない気もするな・・・。

  • マーコとか要らんし!!なんでこんなの使ってんの?

  • 中島家さんが創業当時、近所に住んでいたこともあって毎日の様に通っていました。当時は家系も数少なく、かつキャベツ入りというのは珍しく、行列はしないまでも繁盛していたように思います。当時の器は無地の青だったような。今となっては家系も街に溢れ、キャベツ入りも珍しくなくなってしまいました。桂花ラーメンのような生キャベツなんて、どうでしょうかねー。今はなんの因果か「こうや」そばに住んでいます。

もっと見る

おすすめ記事

土日の昼だけ野毛に現れる“幻のラーメン店”ってどんなところ?

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

新鮮な魚が食べられる戸塚の「瀬戸内ラーメン」に突撃!

「人をもてなす」基本中の基本に忠実だからこそ再訪を誓う。「焼肉おくう横浜本店」

  • PR

横浜市内の神奈川淡麗系ラーメンでオススメの店はどこ?

上大岡駅前で“気軽な贅沢”。日本庭園と癒しの空間が自慢の「懐石 花里」はさまざまなシーンで利用できる

  • PR

【編集部厳選】オクトーバーフェストのドイツビールもいいけど、横浜のクラフトビールもいいよ! 

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

新着記事

鎌倉を世界遺産に!【編集部厳選】

    • 面白かった6
    • 面白くなかった15
    • コメント3
  • 2019年05月26日

神奈川区神大寺にある「稲見鉄道模型製作所」ってどんな場所?

    • 面白かった124
    • 面白くなかった1
    • コメント1
  • 2019年05月25日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

穏やかな語り口の中にある熱い思い!「子どものいない夫婦における遺言書作成の大切さ」を説く!

  • PR

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

エアコンによる悩みを解消、一度使ったら必ず欲しくなる世界初・横浜発「ハイブリッドファン」を生んだ企業

  • PR

その味を知ったら絶対宮崎県に行きたくなる!曙町の名店「みやざき地頭鶏 てげてげ」

  • PR

「つながりからコトが生まれる」がキーワード! 自社事業を地域貢献につなげる「株式会社太陽住建」

  • PR

Welcome to 東京TEMPLAND! 新横浜の五感で楽しめる“食のテーマパーク”に行ってきた

  • PR

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

川崎のラブホテルの先のマンションの一室に不動産の“駆け込み寺”と呼ばれる場所が。はまれぽが潜入調査!

  • PR

バイクを知り尽くした研究所? ネットや他店で購入した車両の整備も大歓迎! 「バイクラボラトリー」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 南区の中村地区で空き家を改修してコミュニティカフェの開設を目指している団体がいるという神奈川新聞の記...

  • かつて浦島小学校に山下清画伯が訪れたことがあったそうです。その時に油性ペンで描いたスケッチ画三点が校...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

あなたはどう思う?

リニューアルしたトップページの感想は?

最近のコメント

アクセスランキング