検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

新横浜の鳥山大橋の横にある巨大な謎の2本の円柱、中はいったいどうなっている?

ココがキニナル!

新横浜の鳥山大橋横の円柱形の建物。地下鉄の換気口って本当?中はどうなってる?地下鉄の換気口は地上にあり、マリリン・モンローごっこに使えたりするようなものを想像しますが(オオバさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

鳥山大橋の横にある2本の円柱状の建物は、横浜市営地下鉄の換気塔。給気・排気ができ、中はトンネルがあり地下鉄の線路の真上につながっていた

  • LINE
  • はてな

ライター:濱屋 亘

いよいよ塔内に潜入

では、塔の中はどうなっているのかいよいよキニナル。ということで早速、内部へと潜入してみた。
 


施設内への立ち入りは関係者のみ。普段は固く施錠されている


今回入ったのは、給気塔の内部。扉を開ける前、「高い所は大丈夫ですか?」と念を押されたので上るのかと思ったら、そうではなかった。上るのではなく、下りるのだ。そしてなんと、足元はアミアミのスケスケ!!! しかも結構深い・・・。
 


かなり意表をつかれる展開

ちなみにこの塔、壁は鉄筋コンクリート製。
 


塔の壁には同じ形のブロックが、一周ぐるりと規則正しく並んでいる。


降りてみますか? と言われ、え? 降りられるの!? と、びっくりして振り返ると、髙木さんが指さす先にはなんと、鉄の梯子(はしご)が(え・・・梯子・・・)。
 


壁には鉄梯子が。これをつたって下に降りるらしい


緊張で思わず握った汗を拭いていたら、ご厚意で軍手を貸して下さった。ここは遠慮なくお借りし、早速降りてみることになった。
 


注意しながら一段ずつ降りる(螺旋階段とかじゃなかったのか・・・)
 

降り切ったところで上を見上げてみると、やっぱり結構深い


降りたところで、「こちらです」と案内についていくと、中は広く、次々と意外なものが現れた。

まず目にしたのが、整然と並んだ石の壁。一体何なのか尋ねると、「防音壁」とのこと。先程も述べた通り、この換気塔は機械式で、回すと作動音が出るため、近隣住民への配慮としてこうした防音壁を設けているのだという。
 


地下に設けられた防音壁。結構、肉厚
 

薄暗がりの中、風道を行く。道幅は割合広く、高さもある


さらに進むと、やがて「給気チャンバー室」へ到着。行き止まりの右手には扉。左手にまだ通路がある。
 


「給気チャンバー室」前


通路を進み、さらに鉄の梯子を降りると、そこにはいくつもの見慣れない大きな機械が!
聞くと、これが風を送るための送風機なのだとか。
 


稼働している送風機がたくさん。タイマーでセットされていて、深夜に30分間運転している


さらに「こっちを見て下さい」と言われ、柵のはめこまれた部分を覗き込むと、そこにはなんと轟音を立てて走り去る電車の車体が!
 


窓枠のようなこの部分には、厳重に柵が取りつけられている
 

柵越しに見える、走行中の横浜市営地下鉄ブルーライン

電車の風を顔にうけながら、こんなに近くに地下鉄が! と驚きつつ、ふと投稿者の言っていた「モンローごっこができる通風口」を思い出し、「ここでもできるのでは?」と髙木さんに聞いてみた。

しかし見ての通り、足場も悪く危険なため許可は得られず、断念。
 


帰りはもと来た道を戻る。左側に見えるのが先ほどの送風機


鳥山大橋の換気塔ではモンローごっこはできなかった。では、投稿者の言っていた「一般的な通風口はどこにあるのか」聞いてみる。髙木さんに頼み込み、実際にできそうな場所に案内してもらうことに。



「吉野町」にモンロー現る

吉野町駅から歩くこと約5分。ついたのは、いわゆる地面にあるモンロータイプの通気口がある場所。この通風口は上大岡駅から伊勢佐木長者町駅間の各駅に設置されているとのこと。
 


「吉野町」駅周辺の様子
 

吉野町駅~阪東橋駅間の通風口。選ばれたのは地下鉄の速度が速いといわれる地点、No.44


電車が通るまで待つこと数分。スカートがふわっと舞いあがる優雅でセクシーな展開を予想し、カメラを構えていたのだが、なんと実際は違った。電車が来た瞬間、スカートはあられもなくひっくり返ってしまった!
 


モンロー役をかって出た編集部・山岸。そのスカートがいきなりばっさり


なんていうか、もう、容赦のない感じだった・・・。

ついでに、どれほど強いのか藤井さんが風速計で計ってくださった。秒速8メートルあった。時速に換算すると時速約29kmだから、結構早い。
 


吹きあげる風の速さを測定中


ちなみに通風口は天候などの条件に応じて開閉しており、いつもモンローごっこができるというわけではない。それでも風速29kmあればスカートは十分めくれるので、近くを通る際、スカートを履いた女性は十分注意していただきたい。



取材を終えて

鳥山大橋の換気塔。普段目にする何気ない建造物が、地上に端を発し、地下であんな空間へとつながっていたとは驚きだった。また、現場を実際に見ることで、日々暑さ寒さに関係なく奔走されている職員の方々の努力に頭が下がる思いがした。私達の環境は、知らないところで、毎日誰かの努力によって支えられている。そういえば取材中、塔の壁面にイタズラ書きがされた痕をみつけたが、とても申し訳ない気がした。これを機に、是非皆で大切にしていきたい。


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 確かに何のためにあるのかわからなかったので、スッキリしました。なお現在のように再整備される前の新横浜駅前公園には、鳥山側に沿って赤く舗装されたサイクリング道路のようなものが続いていたのですが、これら塔の足下にある植え込み近くに唯一の痕跡である赤い舗装の残っている箇所があったと思います。

  • 調査ありがとう御座いました。「高さ10m」「深夜に30分だけ送風」・・・うーん、またもや色々キニナル言葉が。ともかく、横浜にマリリンモンローごっこが出来る通風口があると分かって大満足です(^^)

  • グリーンラインにはない設備なのでしょうか?

もっと見る

おすすめ記事

鶴見区・三ツ池公園の側にある「立派な塔」って一体何?

誰もが必ず経験する相続問題。相談するなら、真摯に依頼者と向き合う「本牧司法書士行政書士事務所」

  • PR

湘南モノレール大船駅の広場にある謎の塔の正体は?

横浜を愛し、横浜を作り、横浜を育む、横浜型地域貢献企業認定の建築事務所「有限会社安田建築事務所」

  • PR

日ノ出町駅近く、大岡川沿いの「川の駅」は一体何に使われているのか?

40年以上続く経験豊富で頼れる社会保険労務士事務所「社会保険労務士法人 横浜中央コンサルティング」

  • PR

横浜市の現市庁舎は今後どうなる? そもそも関内エリアの再開発とは?

夢のマイホームをセミオーダーで建てる。戸建に関するすべてに自信があります!「株式会社横浜建物」

  • PR

こんな記事も読まれてます

横浜の「スタバがない区」が一つ減る! 瀬谷区三ツ境駅の新装「相鉄ライフ」の衝撃とは

鶴屋町に出現した「変なビル」・・・横浜駅西口の駅ビル開発を先取り!?

地下鉄関内駅の工事の内容は? 謎の右側通行の真相も調査!

新港ふ頭で着工した「ヨコハマ・ハンマーヘッド・プロジェクト」って何?

市内で撤去された自転車はどうなるの?

【震災れぽ14】横浜の水道水は大丈夫?

カラオケが劇的に上達する方法とは? 教えて○○さん! 「ミュージシャン」編

日ノ出町駅近く、大岡川沿いの「川の駅」は一体何に使われているのか?

新着記事