検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お年玉キャンペーン 投票ページ
  • はまれぽイチオシ 忘年会・新年会 2018年-2019年 平成最後も横浜呑み!
  • はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

タモリが主催するという9月6日・7日に横浜ベイサイドマリーナで行われたヨットレース「タモリカップ2014」の様子がキニナル(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

海を愛する人々の海を愛する人々による海を愛する人々のためのタモリカップは、サルサの熱と美味しいビールに彩られたひたすら楽しい時間なのだ

  • LINE
  • はてな

2014年09月10日

ライター:永田 ミナミ

前夜祭、始まる

そうこうしているうちにステージにブラスバンド「マリンセイラーズ」が登場、華々しく前夜祭のオープニングを飾った。
 


森田名誉会長出身大学の音楽サークルの後輩で結成されたマリンセイラーズ
 

演奏が終わると、司会の内田恭子さん、垣花(かきはな)正さんが登場
 

今年のタモリカップには167艇がエントリーし、関係者も含めて参加者は総勢約2000人であることが発表されると、会場がどよめいた。

その後、横浜ベイサイドマリーナヨットクラブ会長吉沢氏、タモリカップ実行委員長貝道氏の挨拶が終わると、再び今度はタモリカップ・ファイティングフラッグを掲げたマリンセイラーズが登場。
 


ということは、ついにそのときがやってきたのだろうか
 

そう、やってきたのである
 

森田一義大会名誉会長の登場である
 

望月菊磨氏制作の優勝トロフィーを手に現れたタモさんは「去年は前夜祭のバーベキュー大会だけでしたが、今年はレースの開催も決定しました!」と挨拶。会場は歓声に包まれた。

そして「若い世代にヨットに興味を持ってもらおうと思って大会を始めましたが、残念ながら実際はそれほど増えていません。しかし、これだけ元気な大人たち が集まってくれるなら、もうそれでいいじゃないかと思うようになりました。おっさん最高!」と締めくくると、会場は再び歓声に包まれた。
 


そしてラベルが新しくなったタモリカップ瓶ビールを手にすると
 

「乾杯!」
 

タモさんは味わいながらゆっくりと飲んだ
 

バーベキューが準備された各テーブルにもタモリカップ瓶ビールが並ぶが
 

なみなみと注がれた生ビールをピッチャーで楽しむのが醍醐味
 

魅力的な琥珀色のタモリカップビールはオンラインショップで購入できるそう
  

なるほど「香りとコクにこだわりぬいた」至高の大人のビールだった
 

ほかにも氷水で冷やされたサワー類も取り放題で
 

サワーたちの下に眠っている赤や白のワインも取り放題
 

はっ、しまった。つい浮かれてぶらぶらしていたが水軍カレーを食べに行かなければ、と思い出しテントに向かうと、何とあっという間に売り切れたとのこと。ただしルーはまだまだあるので、ライスが炊きあがり次第、提供を再開すると聞き胸を撫でおろした。
 


前夜祭、続く

ライスが炊きあがる時間を教えてもらったので、取材を再開。参加者に話を聞いてみることにした。
 


横須賀のシティマリーナヴェラシスから参加の、チーム「月光」の皆さん
 

ヨットの名前「ASAGIRI」は、ヨットの前に20年間、艇長ご夫婦がハンググライダーをやっていた朝霧高原から取ったという。そして、スキッパー(舵取り)を担当する奥様に「若手のホープがいる」と紹介していただいたのが市川航平君である。
 


同い年の3人で記念撮影。中央の航平君は24歳の大学院生だそう
 

ヨットに乗るべくして乗っている名前の航平君は、先日イタリアで開催された大会で4位に入賞したという紛れもないホープだった。タモリカップが終わると翌週にはアメリカに遠征するとのことで、タモさんの目論見どおり、確実に若い世代にもヨットは繋がっていた。
 


夜なので真っ黒に見えるが、このバーベキューソースもタモさん作である
 

こんな感じで各テーブルに配られたバーベキューソースを
 

航平君の厚意によって味わうことができた
 

ソースは「俺が味をつけてやる」というような外連味(けれんみ)や自己顕示欲のない、やさしく包み込むようなまろやかさと深みのある味。いかにもタモさんらしいソースだった。
 


ほかにタモさんプロデュースのピザもあったがテントの前には長蛇の列
 

開会の挨拶でタモさんは「今朝は午前7時からカレーを仕込んでいた」と笑いながら話していたが、カレー以外にもビールにピザ、バーベキューソースと、海を愛する仲間たちに楽しんでもらいたいというタモさんの気持ちが随所に表れている。
 


幟に書かれた言葉が頭をよぎる
 

とそこへ、水軍カレーのスタッフの方が通りがかり「ごはん炊けましたよ。早く行かないとまたなくなっちゃうかも」と声をかけてくださった。今度こそ逃してはならない。
 


おお、炊きたてのライスからいい匂いの湯気が立ちのぼっている
 

よかった間に合った
 

ではいよいよ、と意気込み
 

サングラスを取って水軍カレーを頬張る
 

これもまた辛さや具材でとんがった主張をしない、落ち着きと奥行きのあるカレーだ。噛めば噛むほど味が出る、タモさんの芸の世界観はタモさんが触れるものすべてに立ち現れるということか。

さて、カレーを食べるとビールを飲みたくなるのはもはや必然。それならばと2杯目のタモリカップビールを求めてテントに向かったのだが、そこにあったのは、同じ必然を感じたにちがいない兵たちの夢の跡だった。
 


何ということだ
 

何でも用意してきた15リットルの樽25本、つまり375リットルのビールが、午後7時20分ごろにはすべてなくなってしまったという。海を愛する人たちの豪快さを思い知らされた。

その後、タモさんが好きだというウイスキー「タリスカー」でつくったハイボールや、焼きそばを堪能していると、ステージに再びタモさんが登場。翌日のレースで旗艦となる「帆船みらいへ」名誉艦長の任命式である。
 


委嘱状には書かれた委嘱期間は「未来まで」
 

沖で静かに明日を待つ「みらいへ」
  



そして、クライマックスへ

最後に銅鑼(どら)を鳴らして任命式が終わると、ステージにサルサバンド「オルケスタ・デ・ラルス」が登場。ご機嫌なサルサが始まった。
 


サルサのリズムが人間を体の底から揺り動かす
 

揺り動かされた歌い、踊る人たち
 

陽気なサルサですっかり客席が暖まったとき、ひと際大きな歓声とともに
 

CAPTAIN-Tことタモさん登場
 

軽快にコンガを叩いて会場を沸かせた
 

そこへさらにマリンセイラーズも加わってパーティは最高潮へ
 

最後の曲ではタモさんのコンガソロも見応え充分だった
 

そして「また明日も来てくれるかな?」「いいとも!」で大団円
 



前夜祭を終えて

海を愛する人たちの祭典をウオッチングしてみてわかったのは、海を愛し、タモさんのもとに集まる人たちは、誰もがタモさんがつくるビールやカレーやバーベキューソースのようにやさしく、懐が深いということである。
 


パーティが終わると参加者たちは片づけを始めた
 

パンフレット冒頭のタモさんの言葉を引用してみる。

タモリカップはその名のとおり、日本一楽しいレースを目指しています。
海とヨットが大好きな仲間たちが集う、海のカーニバルです。
多くのセーラーたちが交流できる、出会い系ヨットレースです。
タモリカップを通じ、さらに多くの人たちにヨットの魅力を知ってもらい、地域の活性化につながればこんなに嬉しいことはありません。
もちろん主役は、参加する皆さんひとりひとりです。

まさにそのとおり、今夜は最高だった。さて、明日はいよいよレースである。
 

ヨットレースってこんなにすごい! 続きは次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

横浜で一番急な坂はどこ?【旭区・瀬谷区編】

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

敷居が高そうな新山下の倉庫街にある「横浜クルージングクラブ」

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

全国からお宝を求め「寂しい場所」へ? 都筑区「滝口模型店」に突撃!

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

【編集部厳選】お正月こっそり癒されたい人にオススメ! 横浜の「まったり癒しスポット」!

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

新着記事

崎陽軒のシウマイ弁当は、発売当初どんなデザインだった?

    • 面白かった181
    • 面白くなかった4
    • コメント2
  • 2019年01月16日

新横浜プリンスホテル、「傾いてません」! 開業以前からささやかれる噂の真相とは

    • 面白かった41
    • 面白くなかった10
    • コメント0
  • 2019年01月17日
お年玉キャンペーン
はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

職人の味を気軽に味わう! お祝いにも、いつもよりちょっと特別な時も、みんなで行きたい「松葉寿し」

  • PR

フカヒレ姿煮がのった豪華メニューも1人2400円で食べ放題! いま中華街で話題沸騰の「中国飯店」

  • PR

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

具がおいしいと、粉モンはここまで昇華する。ハマリ度間違いなしの「鉄板 俣野也」

  • PR

アヒージョ専門店が野毛に。味わいとバリエーション豊かなアヒージョとお酒が楽しめる新名店「SPOON」

  • PR

横浜屈指のパワースポットを目指して、眺望も楽しめる「LM総合法律事務所」

  • PR

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

「気功」ってなんか怪しくない?はまれぽが確かめるべく、山手の気功整体院「Mahã」に直撃取材!

  • PR

証拠を掴んで新たなスタートを目指すなら、横浜駅東口徒歩9分の浮気調査専門探偵社「調べ屋本舗」

  • PR

思わず働きたくなる! 社員満足度ナンバーワンを目指し、業界の“当たり前”に挑戦し続ける横浜の運送会社

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 片瀬江ノ島駅の竜宮城風の駅舎が1/19で閉鎖されるそうです。リニューアルするようですが、どんな感じに...

  • 鎌倉の小町通を歩いていたら、遺跡調査中という看板があり、そこは囲いに覆われていて、中には地面を掘って...

  • JR相模原駅北側の相模総合補給廠共同使用地にスポーツ・レクリエーション施設、一部返還地に商業施設の建...

あなたはどう思う?

節分の日は何をしますか?

最近のコメント

アクセスランキング