検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜発祥「ナポリタン」 現在に至るまでの歴史とは?

ココがキニナル!

ナポリタンは横浜が発祥のようですが、なにか歴史とかあるんですか?(フランケン面さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

現在のナポリタンに至るまでには、ケチャップとピーマンの冒険があった!

  • LINE
  • はてな

ライター:河野 哲弥

「センターグリル」の名前は、「ナポリタン」伝承の証


 
前に登場した「ホテルニューグランド」の初代料理長「サリー・ワイル」氏は、すぐ側で「センターホテル」を経営していました。実は「センターグリル」の先代は、この「センターホテル」のシェフだったそうです。そして、「入江茂忠」氏が生み出した「発祥のナポリタン」は、姉妹店とも言えるこのホテルでも出されていました。
 
ところが「センターホテル」は、「サリー・ワイル」氏がスイスに帰国してしまう事により、急遽解散。

そこで先代が、「センターホテル」の名前の一部を譲り受け、1946年に現在の地へオープンしたのが、何を隠そう「センターグリル」だったのです。
 


「センターグリル」の石橋社長



パスタを手づかみで食べるナポリ市街の様子
(資料提供「センターグリル」)

 
その時、ホテルとは客筋が違っていた事から「洋食屋のナポリタン」を考案したのだそうです。

ニューグランドのようなトマトソースではなく、民衆的な「ケチャップ」を使用。
さらに緑色の「ピーマン」を入れることで、見た目に彩りを加える工夫を凝らしたとのこと。
 
 
 

その後、戦後の喫茶店ブームに乗って、様々なナポリタンが登場


 
さてその後、1955年あたりから、日本は高度成長期を迎えます。

ここで登場してくるのが「喫茶店ブーム」。憧れのアメリカを象徴する軽食のニーズが高まり、ナポリタンやサンドイッチが喫茶店の定番となっていきました。
 


「喫茶店のナポリタン」

 
やがて、赤ウィンナーやグリンピースが使用されたりと、バラエティー豊かな「ナポリタン全盛期」となっていきます。



時代と共に変化していったナポリタン



さて、「ナポリタン」の歴史を大きな流れで見ていくと、

  • 戦後の物資不足が発端となって誕生した「発祥のナポリタン」
  • 憧れのアメリカ洋食を目指して工夫された「洋食屋のナポリタン」
  • 高度成長の中でスピードに対応した「喫茶店のナポリタン」

このいずれかのタイプに収束されるのではないでしょうか。

こう見てみると、普段、何げなく食べていたナポリタンにもその時代の背景に伴い変化していったことが分かりました。さて、今回はナポリタンにスポットを当ててみましたが、皆さんの周りでも普段、身近にある食べ物にも驚くべき歴史があるかもしれません。

これを読んでご意見・ご感想のある方は、是非とも「はまれぽ」に寄せて欲しいと思います。
 
 
― 終わり ―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • ホトリコさん「上野」は地名ではなく人名ですよ。

  • 洋食発祥いうたら和洋入り混じったハイカラな街神戸ですね。雑居地で分け隔てなく日本人と外国人が隣り合って暮らした神戸と、居留地から一歩も外国人を外に出す事を許さず交流する機会がなかった横浜の差でしょうな~。

  • ニューグランドのナポリタン本当に味わいが濃くて、おいしいものです。これ以外にも、ドリアの発祥の地この2品を組み合わせたセットもいただけますよ。横浜発祥の料理をぜひ楽しんでいただければと思います(^^)ちなみに、ニューグランドの回し者ではありませんけどね♪

もっと見る

おすすめ記事

初回から大波乱!はまれぽ的『デカ盛り』発掘!

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

埋め立てて創られた山下公園、その理由とは?

おひとりさま大歓迎!!スタッフの“おもてなし”も自慢の「浪漫亭 東白楽店」

  • PR

今や伝説となったあの名店で修業した店主が白楽で営業する行列店「くり山」のつけ麺の味は?

「人をもてなす」基本中の基本に忠実だからこそ再訪を誓う。「焼肉おくう横浜本店」

  • PR

隠れた名店とよばれる鴨居の小さなお弁当屋さん「台北」とは?

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

こんな記事も読まれてます

【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!

『今夜、ハマのバーにて。 vol.3』〜「ダイキリ」と太田圭介さん〜

元町「ウチキパン」、その人気の秘密とは!?

【編集部厳選】マシマシで! 「26日」だから「二郎」の日!

【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!

社食・職食を巡る~馬車道にたたずむ第二合同庁舎のワンコイン職員食堂

【編集部厳選】マー活が大流行中! 横浜のシビれるお店をご紹介! 

今や伝説となったあの名店で修業した店主が白楽で営業する行列店「くり山」のつけ麺の味は?

新着記事