検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末

ココがキニナル!

横浜市全駅全下車の「はま旅」第118回は、シーサイドライン「海の公園南口・海の公園柴口駅」に下車。市内唯一の海水浴場のほかにも、古風な商店街や寺院、新しい顔ぶれのお店に出会える魅力的な街だった。

  • LINE
  • はてな

2013年07月05日

ライター:三浜 詩央

海の公園柴口に到着! 次は薬王寺周辺へ(つづき)

そんな一風変わったカフェを後にし、ついに薬王寺へ。
 


梅雨時で天候が心配だったが、午後には気持ちの良い気温に
 

門をくぐって右には立派な鐘がある


鐘を毎日朝晩6時についており、大晦日には時間指定制で参拝客でも鐘つきをすることができるという薬王寺。普段は本殿には鍵が掛かっており、参拝できないようになっているそうだが、今回は副住職のご厚意で特別にご本尊を見学させていただけることに!
 


こちらが本殿のなかの様子
 

ご本尊の薬師如来が祀られている


近隣の廃寺になった7つの寺が薬王寺に合併されたという歴史があり、ご本尊を囲う形でさまざまな仏像が祀られていた。

実はこの本殿は、1858(安政5)年に「大風」によって類焼され、それから戦後まで90年間本堂が欠けた形だったそうだ。
 


1949(昭和24)年の落慶式の写真。向かって右側の屋根がないのが分かる
 

1961(昭和36)年に再建が完了、現在の姿となった


本堂を再建するきっかけとなったのは、第二次世界大戦での敗北だった。仏教思想の普及を通した国家再建を目指し、敗戦後の厳しい状況下で本堂再建に踏み切ったという。



再び海の公園南口駅周辺に戻り、町屋町を散策

普段はなかなか目にすることのできないご本尊を拝見し、高揚気味の筆者と友人が最後に向かったのは、海の公園南口駅近くの街、町屋町。地元の方から商店街があると聞き、さっそく向かってみることに。
 


迷いながら10分ほど歩くと、住宅街の先に商店街を発見


たどり着いたのは町屋学校通り振興会、通称「町屋商店街」。古風で懐かしい趣のある商店街だ。昔ながらのお店も今なお健在にされていたが、シャッターの閉まっている店舗も少なくなかった。一方で新しい外装のお店もちらほら見かけ、昔から愛されているお店と新規出店したお店が混在し、その双方が商店街を活気づけているという印象を受けた。

その商店街をすこし進んだところに、ひときわ目を引くお店を見つける。
 


お店の前にはメニューがずらり


カフェだけではなく整体もできるという「珈琲豆&癒し処 ちろりや」。その名前のとおり、ひとたび扉を開ければ、そこは香ばしい珈琲豆の香りが鼻をくすぐり、柔らかいオルゴールのBGMが流れる癒しの空間だ。

よく歩いた1日の締めくくりに、ここでゆっくりしてから帰ろうと決めた筆者と友人。4席限定のカフェスペースに運良く座ることができた。種類が豊富で迷ってしまうが、そんな時に嬉しいサービスをしてくださった。
 


珈琲豆だけでこの種類!
 

こちらはハーブティーの棚。・・・選べない!
 

そんな時は、香りをみてからオーダーできる嬉しいサービスが!


くんくん・・・何度もコーヒー豆やハーブティーを嗅いで迷う筆者。ここはやはりお店ならではのメニューにしよう! とオーダーしたのがこちら。
 


ちろりやブレンドと・・・
 

ちろサンデー(セット価格で650円)


ちろりやにある「GRN」という焙煎機は、軽井沢で活動されているオーナーの師匠が開発したもので、横浜市内では2台、全国でもまだ15~20台しかない珍しいものだそう。

珈琲焙煎機は直火式のものが多いが、このGRNはガスによる熱で間接的に豆を煎る。じっくりと焙煎するため奥深さと甘みが出るそうだ。ちろりやブレンドも苦味の少なく飲みやすい味わいで、甘いサンデーとともに美味しくいただいた。
 


長嶌ご夫妻お2人で経営。右下に写っているのがご自慢の焙煎機だ


店内の雰囲気やコーヒーの美味しさだけではなく、長嶌ご夫妻の温かいお人柄に触れて今日一日の疲れが吹き飛んだ。ぜひ立ち寄ってほしいお店だ。



取材を終えて

今回の取材で驚いたのは、いきなり声をかけても拒否されることが一度もなかったということだ。みなさん快く、地元の街について教えてくれた。やはり遊びに行くといえば海側の印象が強いだろうが、歴史ある建物と新しいお店の混在した陸側のエリアにも素晴らしい魅力がある。人の温かさと街への愛を感じた1日だった。


■今回のはま旅「海の公園南口」「海の公園柴口」周辺

(Googleマップより)
・「海の公園」金沢区海の公園10
・「横浜クレンクレン」金沢区寺前2-23-42 エステート銀杏
・「薬王寺」金沢区寺前2-23-51
・「珈琲豆&癒し処 ちろりや」金沢区町屋町19-4


―終わり―

 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 地元記事ありがとうございます。ただ・・・海の公園バーベキュー場は30年前からとのことですが、バーベキュー施設は1997年4月オープン(16年前)です。30年前は1983年で砂浜はあっても公園すらオープンしていませんでしたよ。

  • 海の公園関係者を知っており この記事をみせると ゴミの件ですが定期的にビーチクリーンをしている他に 毎日清掃しているそうです。それでも このようになるそうです。その他 関係者は移動中にゴミを見つけると拾っているそうです。

  • 2度ほど潮干狩りに行ったが なんだあのゴミ箱とその周辺のゴミの山 みんな ゴミは持ち帰ろうよ!

おすすめ記事

横浜や湘南・川崎の潮干狩りスポットはどこ?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

横浜市民のキニナル「お掃除スポット」と区の取り組みは?

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

民家or旅館!? それともラブホテル!? 戸塚にあるナゾの建物に突撃!

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

【GWれぽ】横浜港のクルージングって、どんな感じなの?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

新着記事

東神奈川の傾いた家、所有者が代執行間近に現れたため一時中断

    • 面白かった236
    • 面白くなかった12
    • コメント2
  • 2018年10月16日

台風の塩害で「横浜三溪園」の紅葉がピンチ? 秋まで尾を引く災害の爪痕とは

    • 面白かった97
    • 面白くなかった2
    • コメント3
  • 2018年10月17日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

真の健やかさと充実した生活への自分づくりを手に入れる、東戸塚の「極真カラテ 神奈川県加藤道場」

  • PR

フリーな独立系だからこそできることがある。正しい情報発信に取り組むカーディーラー「株式会社エイト」

  • PR

老舗不動産店ならではの実績と信頼。相続した物件、管理に迷ったら、ぜひ相談したい「クローバーライフ」

  • PR
NEW

はまれぽスタッフが婚活体験! プロが撮影した好印象のプロフィール写真で、運命の相手に出会える!? 

  • PR

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

30年以上前に横浜を席巻したブランド「FREEWAY428」の期間限定イベントを徹底レポート!

  • PR

目標を持って自ら中学受験へ!オリジナルテキストと徹底した過去問対策で必要な力を効果的に伸ばす

  • PR

徹底した車内クリーニングは掃除のプロもびっくり!車は友達!「友車倶楽部」

  • PR

価格、ボリューム、格式ばらない雰囲気・・・ 日本料理の“常識”を覆す名店「別亭空海」

  • PR

塗装業界ではレアなショールームを開設! 見て・触って・選べる外壁塗装の専門店「ダイレクトハウス」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 洪福寺松原商店街に出来たカゥンというミャンマー料理屋さんがキニナリます。 美人で可愛い店長が作ってく...

  • 東急沿線なのに、なぜバスは東急が走っていないの?

  • 鴨居駅前は、細い道ですが、今後、発展しないの?

あなたはどう思う?

仮装して、どのハロウィンイベントに参加する?

最近のコメント