検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜港を彩る夏の風物詩「第27回神奈川新聞花火大会」はどんな感じ?

ココがキニナル!

もうすぐ花火のシーズンですが、今年の神奈川新聞花火大会はどんな感じなのでしょうか?レポートお願いします。(ハナハナさん、ootaharaさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

花火の数が約1万5千発に増え、音楽と打ち上げのタイミングを合わせた演出など、見ごたえ十分。様々な場所で19万人が夏の風物詩を楽しんだ!

  • LINE
  • はてな

ライター:吉澤 由美子

横浜港を彩る夏の風物詩「神奈川新聞花火大会」が今年も開催された。
 


カラフルな花火が夜空一面を鮮やかに染め上げる


昨年は東日本大震災の影響もあって、日程がずれたが、今年は例年通りの8月1日。


花火が真正面で見られるのは臨海パーク。ということで、2000円の花火大会鑑賞チケットを手に会場へ向かう。


花火の打ち上げ開始は19時15分だけれど、16時にはパシフィコ横浜近辺にたくさんの人があふれている。

国際通りから臨港パーク入口へ向かうと、多数の屋台が並んでいた。
 


もちろん崎陽軒の屋台もあった


屋台の先には、分別のゴミ箱が並んでいる。
 


「うちわ」専用ゴミ箱。毎回、これがあるか探してしまう
 


入場制限のお知らせが臨港パークゲート前にあった


入口のゲートでチケットを出してシート(半透明ゴミ袋)を受け取る
 


ゲートはたくさん並んでいるので、スムーズに入場できた
 

半透明ゴミ袋より大きなサイズのシートは使わないようアピールしていた


臨港パークは16時前に海沿いのエリアがいっぱいになり、奥の芝生もどんどん人で埋まっていく。
 


木蔭のあたりは特に先に埋まっていく


陽が落ちて大きな月が昇り、徐々に暗くなってきた。花火はもうすぐ!
 


今年はどんな花火が夜空を彩るのだろうか