ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜市はみどりアップ推進と称して、みどり税を農家に注ぎ込んでいる?らしいですが、それにしては一部を除き、農地が荒れているような?いっそのこと、休耕田畑にお茶の樹を植えて、茶葉を収穫して紅茶や烏龍茶に加...

    ナチュラルマンさん

    らみぃさんに関連しますが、茅ヶ崎牛は県立茅ヶ崎里山公園近くにて畜産家が育てているようです。肉の直売もある? らみぃさんの投稿に併せて、生産家も取材して下さい。

    ナチュラルマンさん

    茅ヶ崎にある「バリック」というイタリアンのお店で、茅ヶ崎牛のお料理が食べられるそうです。茅ヶ崎の牛?どんな味わいなのか、ぜひ取材してほしいです!

    らみぃさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜市内全駅全下車の「はま旅」第103回は、中田駅周辺で「小さな春を探す」旅。元気でフレンドリーな地元の人々と触れ合いながら、安くておいしいものを堪能する。

ライター:若松 真美 (2013年03月22日)

春を探す旅へ

今回のはま旅は、市営地下鉄ブルーラインの中田(なかだ)駅。
あまり下調べはせず「小さな春を探す」というテーマを決めポカポカ陽気のなか、出発。
 


暖かくなり最近ウォーキングにハマっている筆者
 

出口からすぐ見える長後街道


最初に、昼食がとれる場所を探すことに。しかし、なかなか飲食店が見当たらずウロウロ。ふと、制服の胸にお花をつけた学生さんや、保護者の姿が多いことに気が付く。今日は卒業式らしい。

さっそく春を見つけられたことを嬉しく思うと同時に、ここで昼食をとってしまったら、卒業生たちの姿が見られなくなるのでは? と思っていると、可愛らしい小学生2人と、そのお母さんの4人組が。声をかけると、やはり卒業式の帰りだという。
 


卒業式を終えた帰りの2人。かわいかった~!


どこかオススメの食事処はないか、お母様に聞いてみると「この辺あんまりないのよねぇ『和心』くらいじゃないかな」とのこと。居酒屋らしいが、ランチもやっているそうで、行ってみることに。



豪華ランチにも春が!
 


季の旬彩・・・春を感じられそうな予感・・・?


教えてもらった場所に行くと「季の旬彩 和心」と看板が。和食好きな筆者、迷わず店内へ向かうが、扉の前まで来てふとメニューや値段が表に出ていないことに気が付く。一瞬、高かったらどうしよう・・・と不安になるも、ランチならばびっくりするような値段ではないだろうと思いなおし、中へ。

店内は落ち着いた雰囲気でゆっくり食事ができそうだ。メニューを見ると、1000円以下のセットが多数ありほっとする。

迷った末に、名前が春っぽいとう理由で「はなちらし」を注文。日替わりで具材は変わるそうだが、この日は、まぐろ、ねぎとろ、タコ、いか、イクラ、しらす、ひらめ、イシダイ、今が旬のハマグリなど、豪華過ぎ! セット小鉢は竹の子のきんぴらは、シャキシャキで風味抜群。春の味をかみしめることができた。
 


「はなちらし」。味噌汁、小鉢、漬物、ドリンク付きで850円はお得過ぎる!
 

実は、写真撮影のミッションをうっかり忘れたまま、食べそうになった
 

食後の紅茶。ティーカップが素敵だった!




意外な所で「いちご」に出会う
 


住宅地では目立つのぼり


申し分のない美味しさに大満足で和心をあとにし、これからどうしようかと歩いていると「いちご」「トマト」と書いたのぼりが。いちごといえば、今は冬から出回っているが、本来の旬は春だ。

近づいてみるとやはり直売所らしいが、アパートのコンクリート駐車場の一角にこつぜんと立っているのがおもしろい。プレハブの中から、元気な年配女性の声が聞こえる。
 


間違いなく、駐車場の一角
 

正面からの直売所


話し声や笑い声が途切れるタイミングを見計らっていたのだが、元気なおかあさんの声は一向に途切れる兆しがない。このままではいつまでたっても足を踏み入れるタイミングはやって来ない・・・と思い、意を決して中へ。

駐車場の一角にある直売所に潜入・・・旅の続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事