ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    今では外資や新規進出の方が目立つ横浜市内ホテル事情ですが、横浜で一番有名な地元老舗ホテルである「ホテルニューグランド」が19年4月から隣接複合ビルでパンの自社製造を始めると。確かに多くのホテルがホテル...

    よこはまいちばんさん

    実質は活動の中心が東京となっている地元横浜/神奈川の放送局「アール・エフ・ラジオ日本」。既に多くのAM放送局が導入しているFM補完放送(ワイドFM)は周波数割り当てされているにもかかわらず未だに開始さ...

    よこはまいちばんさん

    大黒ふ頭の路上にナンバーのハズされた車が多数駐車しているのですが、あれはどんな事情なんでしょうか?意外とキレイな車が多いです。一度調査してみて下さい。

    もんがさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜F・マリノスの試合やイベントで会場を盛り上げ、ファンや選手に元気を与えるチアリーディングチーム、トリコロールマーメイズを取材してください。(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果

18名のチアリーダーが、それぞれ仕事を持ちながらも、人に元気と勇気を与え、自らを鍛錬する「チア・スピリット」を子どもたちに伝えるべく奮闘していた。

ライター:はまれぽ編集部 (2013年03月27日)

トリコロールマーメイズは、横浜F・マリノスの公式チアリーディングチーム。
試合前に行われるイベントのステージや、ハーフタイムショーなどでパフォーマンスを披露し、見るものに元気と明るさを与えている。
 


笑顔とパフォーマンスで会場を盛り上げる(C)Y.F.M


チーム結成は2008年6月。トップチーム13名と、サテライトチーム5名の18名で構成される。
横浜F・マリノスの試合がある日産スタジアムやニッパツ三ツ沢球技場でパフォーマンスを行うほか、年間を通じて横浜市内のイベントなどにも出演する。
 


横浜駅ポルタの改装記念イベントでは、震災復興募金活動に参加した
(写真提供:株式会社エンジン)


メンバーは、それぞれ別の仕事や学校と両立させながらの活動だ。中には、トリコロールマーメイズを頂点とする「トリコロールマーメイズ チアリーディングスクール」の講師として活躍するメンバーもいる。

スクールには現在400名あまりが在籍。市内8ヶ所にあるスタジオやスポーツセンターなどで、明日のチアリーダーを夢見てレッスンに励んでいる。



チアリーディングを通じて子どもたちに伝えたいこと

トリコロールマーメイズのキャプテン・西口沙織(Saori)さんは、「トリコロールマーメイズ チアリーディングスクール」の講師の一人。スクールでの講習のほか、横浜文化体育館のチアダンス教室などでも指導している。
 


前向きな性格でチームを引っ張るSaoriさん


子どもたちには、技術だけでなく、チアリーディングの精神=チア・スピリットを伝えたいと話す。「普段の生活から“チアリーダー”でいてね、と話しています。挨拶ができたりとか、友達を思いやれたりとか・・・いつも笑顔を忘れないでいてほしいですね」
 


子どもたちに、チアの技術と「チア・スピリット」を伝える
(写真提供:株式会社エンジン)


同じくスクールの講師として指導している加藤幸恵(Sachie)さんは、「『わたしはチアリーダーだから頑張る』と言ってくれる子どもたちの声を聞くと嬉しいです」と話す。予防接種の時、本当は注射がこわいのに「チアリーダーだから笑顔で耐えた」という子どももいたという。
 


観客の方と目を合わせるよう心掛けているというSachieさん


同じく講師の須須木(すすき)麻莉子(Mariko)さんは、「逆に教えられていると感じることもあります。子どもたちに大切なことを教えていると、自分も勉強になるというか、一緒に成長していけるような気がします」と話してくれた。
 


Marikoさんは創設以来チームを支えてきた


仕事終わりにトレーニング。仕事と両立させる彼女たちの苦労に迫る・・・次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事