ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    しっちょんさんと同じく、横浜駅北口は鶴屋町へ、やはり有料駐車場に出汁の自販機があります。ペットボトル入りの出汁です。何故、駐車場に出汁の自販機?気になります。

    ナチュラルマンさん

    11/11に妙蓮寺で行われる「寺フェス」が気になります!水行体験もできるとか。ライターの方にぜひチャレンジしていただきたいです!

    miyukidさん

    相鉄バスに「バスナビ」という方法で、コンピュータやスマートホンなどにバスの運行状況を随時案内しています。他のバス会社では、似たような案内を行わないのでしょうか?。神奈川県は観光客も多いと思いますので、...

    狐猫さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「10月21日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
4位
【はまれぽ名作選】プロでも運転が難しい?市営バスの難関路線に迫る!
5位
100年続く古き良き金魚店が横浜に!? 上大岡の「野本養魚場」を訪問!
6位
人口減少に歯止め? 消滅可能性都市・三浦市の新たな試み、空き家バンクとは?
7位
【はまれぽ名作選】本牧にある遮断機が無い踏切って、どんなふうに機関車が通るの?
8位
地下鉄関内駅の工事の内容は? 謎の右側通行の真相も調査!
9位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
10位
【はまれぽ名作選】上永谷駅付近にあるトンネル入り口「日野隧道」、出口はいったいどこ?
11位
横浜中華街のごみ不法投棄問題、現状と今後の対策は?
12位
横浜のクリーニング店で見かける"かわいすぎるクマ"の謎を探れ!
13位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
14位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
15位
【はまれぽ名作選】34駅、計3449段!ライター井上が地獄の階段レポに挑戦!~市営地下鉄~
16位
鶴見に眠るお宝はおいくら万円? なんでも鑑定するあの番組に潜入!
17位
【はまれぽ名作選】なぜミニストップ1号店の場所に港北区の大倉山が選ばれたの?
18位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
19位
創業80年以上の戸塚区で唯一の銭湯「矢部の湯」が閉店するって本当?
20位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
21位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
22位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
23位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
24位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
25位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
26位
10分間隔でくる横浜駅(YCAT)-羽田空港間のリムジンバス。採算は取れているの?
27位
渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?
28位
肩凝りが治る!?高周波バス停の由来は?
29位
資源回収日に出した古着はどこへ!? 横浜の最新「古布」リサイクル事情を追う!
30位
獲れたての魚が食べられる食堂もある本牧漁港ってどんなところ?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

メリーさんに関わりのある横浜の文化人それぞれの“エピソード”を教えて!(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果

メリーさんを追い続けた、中村高寛さん、森日出夫さん、清水節子さんにインタビューを敢行!メリーさんの“エピソード”を伺った!

ライター:松宮 史佳 (2013年08月30日)

映画「ヨコハマメリー」を撮った中村高寛監督に直撃!

映画「ヨコハマメリー」は“白塗りの娼婦メリーさん”を知る人々の証言で構成されたドキュメンタリー的手法の映画。2006(平成18)年に公開され、大ヒットした中村高寛(たかゆき)監督のデビュー作だ。
 


映画「ヨコハマメリー」は大ヒットした


中村監督は1975(昭和50)年の生まれで、横浜出身。松竹大船撮影所でキャリアを積み、中国へ留学。1999(平成11)年から2001(平成13)年まで北京電影学院でドキュメンタリーを学んだ
 
と、ここで中村監督がはまれぽを知ったのは松宮が書いた「オリエンタルホテル」がきっかけだったと知りびっくり! 今回取材させていただき、不思議な縁を感じる。

中村監督がメリーさんを知ったのは中学生くらい。学校でも話題になっていたらしい。映画を撮り始めたのは、1995(平成7)年にメリーさんが姿を消したことがきっかけとなった。

「いつも街にいた人がいない」「どこに行ったんだろう・・・」とリサーチを始めた。リサーチ期間は2年間と長いが、自分は「一生付き合えるような“対象”しか映画に撮らない」。だから時間がかかっても「全然、大丈夫なんです」と中村監督。
 


「写真は苦手」と言いながらも気さくに撮影に応じてくれた中村監督


映画はメリーさんの噂話から始まり、彼女に関係する人たちの証言によって、進んでいく。それは取材中に「皆がメリーさんのことをうれしそうに語るのがおもしろいと思った」から。

メリーさんがいなくなって映画撮影を開始したが、途中でメリーさんがいる老人ホームが判明。中村監督は「まず中に入ろう」と老人ホームで1ヶ月間、ボランティアとして通った。

その際、父の知り合いの家に宿泊させてもらったが、山間の狭い町だったこともあり「映画の撮影」とは言わなかった。その方は毎日どこかに行く中村監督を心配し、「横浜で何かあったのでは?」と思っていたらしい。撮影を終えて、横浜に帰る時に「無言で1万円を渡された」とか!
 


中村監督のデビュー作「ヨコハマメリー」は評判になった(週刊朝日2000年4月28日号)



最後に「メリーさんはどんな人だったのか?」と尋ねると、横浜にいたころのメリーさんは「本来の姿を明かしていなかったのでないか」と中村監督。
 
晩年を過ごした故郷の老人ホームでのメリーさんは自分の“興味があることは振り向く”が、興味がないことは一切振り向かなかったとか。横浜時代より「(メリーさんは)より自由に生きている」と感じたそうだ。

横浜時代と老人ホームの“共通点”は「とにかくひたすらマイペース」ということ。だから周囲の人を気にせず、「横浜に立ち続けられたのでは」と中村監督は語ってくれた。

中村監督は「ヨコハマメリー」を撮る際、1人の写真家を訪ねている。1995(平成7)年にメリーさんの写真集「PASS ハマのメリーさん」を発売した森日出夫さんだ。



写真家・森日出夫氏にインタビュー

森日出夫さんは1947(昭和22)年、横浜生まれ。長年撮り続けた横浜の港・街・人を「森の観測」と名づけて作品を写真集や個展などで多数発表し、国内外から高い評価を得ている。
 


ダンディーな森さんにはバーがよく似合う


森さんは1993(平成5)年にメリーさんを撮り始め、1995(平成7)年に写真集「PASS ハマのメリーさん」を刊行。今回、メリーさんの写真はすべて森さんから提供していただいた。
 


メリーさんは“街の風景の一部”として撮り始めたそうだ
 

街の風景は「いつ消えてしまうかわからないから。まず取材しておく」と森さん


森さんがメリーさんを初めて見たのは「たぶん40年くらい前」。その時は「メリーさん」ということは知らず、ただ「何?」と思ったそうだ。
 


メリーさんに“金歯”があったとは!
 

メリーさんがいなくなってからは「街の風景が変わった」


森さんによると、実際のメリーさんは150cmにみたないほどの背丈で、「とても小柄な人だった」らしい。また、決して施しは受けず、「礼節を重んじるきちんとした人」だったそうだ。


次のページでは、メリーさんを尾行して調査したという、あの女性へ直撃!!≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事