検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!

ココがキニナル!

メリーさんに関わりのある横浜の文化人それぞれの“エピソード”を教えて!(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

メリーさんを追い続けた、中村高寛さん、森日出夫さん、清水節子さんにインタビューを敢行!メリーさんの“エピソード”を伺った!

  • LINE
  • はてな

ライター:松宮 史佳

メリーさんを尾行して徹底調査! 清水節子さん



以前、はまれぽにも登場していただいた“ハマを代表するエンターテイナー”清水節子さん。メリーさんに出会ったのは、芸能界に入る前に福富町でスナックをやっていた時のこと。
 


カーリーヘアーと黒い服がこれほど似合う人はいない=清水節子さん


いつもよく見る“白塗りの人(メリーさん)”を見て「自分を演出している」「おもしろい」と興味を持った清水さん。タクシー運転手や周囲の人に調査を敢行! メリーさんを調査するうちに「映画を撮りたい」と思うように。

そして、メリーさん行きつけの場所だった森永ラブに通いつめ、映画への出演交渉を行った。
 


メリーさんがよく出没していた森永ラブ


「(メリーさんは)最初はぜんぜん話してくれなかった」と清水さん。が、諦めずに何度も通ううちに「1時間だけなら・・・」と話してくれるように。しかしメリーさんは“自分の世界”ができあがっており、「人に構われるのがイヤ(by清水さん)」。1時間経つと甲高いかわいらしい声で「(ピシャッと)もういいの」とバッサリ取材を断ち、立ち去ったそうだ。

一度やると決めたら中途半端はいやだから“徹底的に調査する”清水さん。
隠しカメラを手に「メリーさんを尾行した」とか。銀行まで付いていたが、さすがに「ここはダメ」とメリーさんに言われたらしい。
 


清水さんは「GMビルにもよく行った」という


印象に残っているのは“メリーさんが出勤する前”のワンシーン。地下鉄の駅のベンチに座り、紙袋に入ったポケット瓶をそっと取り出して飲んでいたとのこと。「これから働きに行くんだ」「さあ行くぞって感じだった」そうだ。

目撃情報が多い高島屋では、メリーさんは下着売り場に行き「きれいなものを眺めてた」らしい。でも、ただ眺めてるだけ。なので「買えないんじゃないかな?」と思ったそうだ。地下1階の酒売り場でズレた瓶をひとつひとつきちんと並べていたとか。
 


メリーさんがよく訪れていた高島屋


また、楽器売り場ではエレクトーンを弾いて「海はひろいな~とか歌ってるの! なんだか(その姿を見て)せつなくなっちゃってね」と清水さん。

清水さんによると、メリーさんはどこか自分を演じているようだったらしい。家具売り場では“まるで大邸宅にいるように”ソファーに深々と座り、肘掛けに手を置いて堂々としていたそうだ。

ひたすら聞き込みを続けた清水さん。某ホテルでは「お客さんから(メリーさんが)くさい」と苦情が寄せられたため、トイレに入っていたメリーさんに上から水をかけていたと知り、「本当にひどいと思った」と清水さん。

ほかには某イタリアンレストランでは酔った男性に「髪をつかまれ、引きずり回されていた」ということもあった。だが、周囲の人は「誰も止めなかった」らしい。

映画では「真実を描きたかった」と語る清水さん。
 


映画化は話題になり、スポーツニッポン1993(平成5)年8月18日にも掲載された


映画はプロデューサーが資金を流用するなどのトラブルが発生したため、残念ながらお蔵入りに。だが、清水さんが製作したメリーさんの映画が完成していたらリアルを追求した“傑作”ができていたに違いない!



取材を終えて



今回は横浜の著名な文化人の方々に“メリーさんのエピソード”を伺うことができ、興味深かった。

最後にメリーさんに出会い、舞台「横浜ローザ」を長年演じている方をご紹介する。
 


女優の五大路子さん


「横浜ローザ」はメリーさんの自叙伝ではない。メリーさんを題材にしながら創り上げたオリジナル作品。80歳を超えた外国人専門の娼婦の話だ。

毎年、「横浜ローザ」の講演を終戦記念日に行うのは「戦後に生きた人の想いを伝えたいから」と五大さん。足腰が立たなくなっても語りで「横浜ローザ」を演じたいと語ってくれた。
 


「横浜ローザ」でメリーさんを演じる五大さん


たった1人の女性“メリーさん”を介し、多くの人がつながっているのがおもしろい。メリーさんが映画や写真集になっているのは、クリエイターの「想像(=創造)力を大いに刺激する存在」だからだとあらためて思った。


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 私は現在50歳。短大時代によく天理ビルにある椅子に座っていました。喫茶店へ行こうとして二人でエレベーターに乗った時は少し緊張したけど、メリーさんは笑顔で会釈をしてくれました。娼婦ではあってもとても気品を大切にする方だと思いました。

  • 追記:「森永ラブ」の写真ですが、間違っていませんか?「森永ラブ」はマクドナルドのようなハンバーガー屋ですよ。なぜ「FRESH CAKE」の看板が掛かっているのでしょうか? 伊勢佐木町店だけ特別に、ケーキを売っていたのでしょうか? 座席もどう考えてもファーストフードのものではありません。きちんと確認した方がよいと思います。

  • メリーさんと関わりのある有名人、もっとほかにもいますよね? 横浜に限っても中尊寺ゆつこさんとかダ・カーポの榊原まさとしさん、全国レベルだとパリコレモデルの山口小夜子さんなどそうそうたる面子がメリーさんと関わりをもっています。そういう人たちとメリーさんの関わりも取り上げた方がよかったのでは? メリーさん関係の記事、いつも中村さんや森さん、五大さんというおなじみの顔ぶればかりでいい加減飽きました。

もっと見る

おすすめ記事

横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

火事で焼失した伊勢佐木町の「根岸家」。その歴史とその後は?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

【編集部厳選】「B級」なんて誰が言った!? 絶品「庶民の味」特集!

首、肩、腰、背中。デスクワークによる痛みが消えないライターが横浜の鶴ヶ峰にある整体院に駆け込んだ

  • PR

野毛山動物園は無料なのにどうやって入場者を数えているの?

「人をもてなす」基本中の基本に忠実だからこそ再訪を誓う。「焼肉おくう横浜本店」

  • PR

こんな記事も読まれてます

神奈川駅、年季の入った看板の「さくら旅館」は営業している?

【編集部厳選】夏だ! 水着だ!? 海の日だ! 

【プレイバック】はまれぽライブラリー(2013年3月19日~3月25日)

「大岡川ボート乗船体験」って、どんなイベント?

【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(9月14日~9月20日)

JR本郷台駅周辺に現れる「口笛がものすごく上手」なおじさんの正体は?

過去と未来のコントラストを感じる旅。はま旅Vol.37「馬車道編」

【編集部厳選】「B級」なんて誰が言った!? 絶品「庶民の味」特集!

新着記事