検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お年玉キャンペーン 投票ページ
  • はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

イセザキモールに獅子頭専門店という獅子頭専門店があります。キニナルので取材をお願いします。(羽後人さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

イセザキモールを世界最大のお囃子通りにし、ギネスブックに申請するという夢と一緒に昨年出店した「美喜屋獅子舞工房」は祭り博物館のような店だった

  • LINE
  • はてな

2013年12月22日

ライター:クドー・シュンサク

「獅子舞工房」という響き。趣のあるお店に行ける取材はとても良いもので、しかしながら、趣のシズクもカケラもない編集部・木下と趣のあるお店に伺う。少々憚(はばか)るところではあるがキニセズ、JR関内駅からイセザキモールへと向かうことに。
 


日本の祭りの伝統が伊勢佐木に「美喜屋(みきや)獅子舞工房」

JR関内駅からイセザキモールを進む。
 


この看板を通り過ぎ


徒歩10分程度、獅子頭専門店「美喜屋獅子舞工房」に到着。
 


外観
 

店先に獅子舞


「ししとう・・・ししとうか!」と大声でつぶやく木下。「ししがしらね」と言うまでもなく、真冬の海のように冷たくしてあげるのが彼女のためだと思い、関与せず入店。
美喜屋獅子舞工房の大将に店の諸々を伺うことに。
 


職人オーラがビンビン漂う美濃口喜久雄(みのぐちきくお)大将


「どうぞ、すわんなさいよ」と言っていただき「どういう話なんだい」というお言葉から取材開始。すでに粋でかっこいい話し方にシビれがくる。
イセザキモール「美喜屋獅子舞工房」は2012(平成24)年に開店。

「美喜屋」は1963(昭和38)年、食料品店としてスタート。1969(昭和44)年、スーパーマーケット「マイショップ美喜屋」に改名し、44年間商売を営み4年前にすべて閉店。「そろそろ隠居しよう」と美濃口さんは決意し、子どものころから好きだった獅子舞を取り扱う「美喜屋獅子舞工房」をイセザキモールにオープンした。
 


幼少期から祭り文化に傾倒していた美濃口さん


生まれ育った下飯田の「こんぴらさん」のお祭りが幼少期のころから大好きだったという美濃口さん。「はやく大人になってお神輿を担いだり、自分自身で出囃子をやってみたりしたい」と思っていたとのこと。
 


「祭りは人生そのもの」と語る美濃口さん


そして、子どものころから彫刻刀で何かを彫ったり、手先を動かしモノを作ったりすることが好きだったという美濃口さんは、30年ほど前に東京の品川神社の木之崎さんという方に目黒囃子(はやし)を教わる機会があり、それから本格的に獅子舞づくりのための木彫の彫刻技術を学び、獅子舞を作ることとなったという。

ここで、なぜこの街に獅子舞の店を出したのかと尋ねてみた。
 


「なんで伊勢佐木を選んだかってえとね・・・」


美濃口さんは8年前から、毎年5月3日に開催される国際仮装行列「ザ よこはまパレード」に参加。きっかけは「大きなお祭りに参加して目立ちたかったからねぇ(笑)」とのこと。

「伊勢佐木には世界一として競えるほどの長さがある通りがあると思ったわけで、そこで囃子をやりたいって・・・『世界最大のお囃子通り』にしてギネスブックに申請するのが夢なんだよ」と語ってくれた。

現在78歳の美濃口さんは、町の名前も「囃子町」とみんなに親しまれるように、120歳まで生きて頑張るとも話してくれた。
 


店の奥にある工房へ移動


遅ればせながら、囃子とは。
1.ひな人形で、謡(うたい)・笛・小鼓・大鼓(おおつづみ)・太鼓の五役をそれぞれ一人ずつの童子(わらし)に当てた五人一組の人形がいる(季節は春がメイン)。
2.江戸の祭り囃子で、笛・鉦(かね)・締め太鼓二つ・大太鼓の五つの楽器で行う合奏。
とされる。
 


現在制作中の半切長銅(はんぎりながどう)太鼓を見せてもらう


美濃口さんが一から作る半切長銅太鼓。現在は銅を塗る工程で、全13工程の8工程目にさしかかっているとのこと。この輪島塗りの工程は、「素地を固める」「漆を塗る」「乾かす」「湿度を与えて乾かす」「漆を塗り重ねる」など計13回あるという。
銅の表面のざらざらは何かと尋ねた。
 


「こりゃあオパールだよ」「オパールすか?」
 

煌めきと重厚の


オパールの粉を漆とともに塗り重ね最後に磨きをかけて完成するという半切長銅太鼓。完成まで3ヶ月かかるとのこと。


美濃口さんの作品を紹介! そしてライター・クドーが獅子舞に挑戦!?
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

伊勢佐木町『へびや』、謎のベールに包まれた店内は?

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

イセザキモールの「ドキッ」とするお店って?

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

新子安駅近くにある「だいたい100円」と垂れ幕を掲げるお店ってどんな店?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

ドラマ最終版ロケ地最終回、ヨコハマ名場面vol.13ロケ地めぐり瀬谷区・港南区・磯子区編

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

新着記事

横浜では星空が見えない? なら、プラネタリウムはいかがですか?【編集部厳選】

    • 面白かった6
    • 面白くなかった10
    • コメント1
  • 2019年01月20日

野毛で篭城している不動産屋さん!?再開発地区にポツンと一軒建っている理由

    • 面白かった176
    • 面白くなかった8
    • コメント3
  • 2019年01月21日
お年玉キャンペーン
はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

押しの弱い店長におっとり奥様!?みなとみらいに隣接する横浜市神奈川区の物件なら「タウンマッチホーム」

  • PR

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

横須賀の米軍施設を影で支える企業があった!? 日本の安全をメンテナンスする「ニッカイ」

  • PR

港町・横浜のシンボルで思い出に残る最高のウエディングを!訪れるたびに感動が甦る「横浜マリンタワー」

  • PR

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

豊富な経験をもとに不動産や相続の悩み解決をサポート。明るく前向きな社会づくりの活動にも注目!

  • PR

人に馴染み、家族に寄り添うオリジナル無垢材オーダー家具と空間演出なら「3rd 東戸塚店」

  • PR

万が一「介護」が必要となったときも安心!介護業界で最先端を走る戸塚区「クラシック・コミュニティ横浜」

  • PR

不器用でも完璧に作れるの!? 指輪が手作りできる「ジュエリースミス」で結婚指輪作りに挑戦

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • ファミリー牛乳の移動販売トラック、団地や集合住宅に音楽をかけて入って来るのを港北区でよく見かけました...

  • 平成から新元号に変わろうとしている今年、関内地下街マリナードは今も昭和の良き佇まいを醸し出している。...

  • 南区永楽町2丁目に手作りキムチ専門店【五六道】が出来て、一回買ってみたら美味しかったです!場所的には...

あなたはどう思う?

節分の日は何をしますか?

最近のコメント

アクセスランキング