ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜市はみどりアップ推進と称して、みどり税を農家に注ぎ込んでいる?らしいですが、それにしては一部を除き、農地が荒れているような?いっそのこと、休耕田畑にお茶の樹を植えて、茶葉を収穫して紅茶や烏龍茶に加...

    ナチュラルマンさん

    らみぃさんに関連しますが、茅ヶ崎牛は県立茅ヶ崎里山公園近くにて畜産家が育てているようです。肉の直売もある? らみぃさんの投稿に併せて、生産家も取材して下さい。

    ナチュラルマンさん

    茅ヶ崎にある「バリック」というイタリアンのお店で、茅ヶ崎牛のお料理が食べられるそうです。茅ヶ崎の牛?どんな味わいなのか、ぜひ取材してほしいです!

    らみぃさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

鶴見と川崎の間にある「コンガリアン」というパン屋さんが気になります。かなり古く、手書きの看板がいい味を出しています。国道沿いなので車を停められず、訪問できずいるので調査を(そらそらさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

子どもからお年寄りまで、誰でも食べられるような小ぶりの手作りパンが人気。価格は90円が中心で、その完成度は「食べる工芸品」と呼ばれることも

ライター:河野 哲弥 (2014年02月04日)

「取材拒否」を拝み倒して説得

JR尻手駅から徒歩約5分。鶴見区内を第二京浜国道沿いに歩いて行くと、手書きの看板を設置してあるベーカリーを発見。
投稿にあった「コンガリアン」とは、この店に違いない。
 


看板には、「ひと味違う手づくり」と書かれている


さっそく取材を申し出ると、「個人のブログで写真を載せるのは構わないが、正式なメディアはお断りしている」とのこと。
誠心誠意を示して粘ってみたところ、「あまりプライベートなことに触れないなら」という条件付きで、何とか取材を承諾いただいた。
したがって、いつものように詳細な情報が得られなかった事情を、ご了承願いたい。可能な限り、こだわりの点やオススメポイントを、伺ってみることにする。
 


一口サイズにこだわって34年、地域に愛されるベーカリー

2人程度がやっと入れるほどの店内には、正面にショーウィンドーが配置され、右手にはカウンター状のイートインコーナーが設けられている。
 


店内の様子、これ以上後に引けません
 

約35種類あるという手作りパンがぎっしり


カウンターを回って、調理場へ進んでみよう。
店舗の奥では、ご主人の渡辺矩祥(わたなべのりよし)さんとその奥さんが、調理パンの仕込みを行っていた。
 


夫婦で二人三脚というのも、長続きの秘けつ


渡辺さんによれば、同店は今年の4月で「34年目を迎えます」とのこと。1981(昭和56)年の創業以来、毎朝3時に起きて仕込みを開始し、6時には開店。夕方6時に店を片付けると「後は、寝に帰るだけ」の生活だという。

特徴は、パンの種類によって、小麦粉や砂糖などの配合を変えているところ。
「別に、どこのパン店でもやっていることじゃないの? 手を抜かずに作っていることだけが、取りえですよ」とご主人は謙遜する。
 


安くて味のある作品が勢ぞろい

そんな同店の看板メニューは、小ぶりのコッペパンに挟んだ調理パンの数々なのだとか。人気商品は「生野菜(80円/右上」」と「たまご(80円/右中)」。ほかにもいくつか選んでみた。
 


ナポリタン(90円/左上)、やきそば(80円/左下)、たこキャベツ(100円/右下)など


これらの調理パンの大きさは約12.5センチ。なぜ小ぶりのサイズなのか聞いてみたところ、「大きいと、端をのこす人がいるでしょ。子どもやお年寄りでも食べきれるサイズにしてあるの」と奥さんの談。
 


一般のコンビニで売られているコッペパン(上)との比較


また、ご主人によれば、「路上駐車がうるさくなかったころは、朝5時から店の前にトラックが並んでいてね。この大きさなら、両手でハンドルを握っていても食べやすいから、好評だったんです」とのこと。

目を引くのは、「やきそば」や「ナポリタン」の、まるで川が流れているかのようなトッピング。一部のブログなどでは、「食べる工芸品」との呼び声も高い。
その理由を伺ってみたところ、「パンが小さいので、その替わりに具をたくさん入れるようにしているんです。単純に乗せたり野菜を混ぜたりすると、隙間ができちゃうでしょ」と話す。
 


持ち帰って家で撮影。まさにびっしり、みっちり


肝心のパンだが、「コンガリアン」というよりも、どちらかというと「シットリアン」といった感じ。生地の密度も高く、意外と腹持ちしてしまうから不思議だ。
また、近くのママさんたちがホームパーティを開くときなど、半分に切ってオードブルのように使われることもあるのだとか。
 


マヨネーズとケチャップを添えて、こんなイメージ?


このタイプのパンは、いずれも80円から100円とお手頃価格。では、それ以外に、どのような商品を扱っているのだろうか。


お値段30円!? まねのできないロックケーキとは?≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事