検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

昔、新羽のあたりは、寒ソウメン作りで有名だったと聞きました。かつては田んぼが広がる農村地帯だったと思いますが、麦も作っていたの?また、いつごろまで作っていたのでしょうか?(ねこぼくさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

寒そうめん作りは江戸中期から農家の副業として始められた。小麦は周囲の村から調達。江戸にも出荷されていたが、昭和初期の恐慌をきっかけに作られなくなった

  • LINE
  • はてな

2014年10月14日

ライター:橘 アリー

寒そうめんとは!?

港北区の新羽周辺の特産品だったという寒そうめん。

寒そうめんとは、1年で一番寒い時期(11月~3月)に作ったそうめんのこと。
寒そうめんの産地(小豆島)の情報を見ると、乾燥した寒い時期に作る寒そうめんは“夏まで熟成させることによりコシのあるおいしいそうめんに仕上がる”ようである。
 


そうめんのイメージ(フリー画像より)

 
そんな「寒そうめん」が、横浜の特産品だったとは、ちょっと意外な感じがするものだ。
では、新羽の寒そうめんはいつごろまで作られていたのか、調べて行くことに。



新田地区と呼ばれた地域で広く作られていた!

新羽の歴史について詳しく書かれている『新羽史』の編集委員会の長谷川武明さんにお話しをうかがった。
 


『新羽史』
 

快くお話しを聞かせて下さった長谷川さん

 
「寒そうめん」は、現在の新羽町だけではなく、新吉田町と高田・高田町・小机町などでも作られていたそうだ。
これらの地域は江戸時代には都筑郡に属していて、明治時代には行政区画の変更により新田地区と呼ばれるようになり、その新田地区一帯が「寒そうめん」の生産地域だったとのこと。

また、『港北区史』という資料によると、宝暦年間(1751~1764年)から造られていたとあり、また、江戸時代の歌人である太田南畝(なんぽ)が書いた『向岡閑話(むこうがおかかんわ)』に、“1809(文化6)年に小机村でそうめんを造っていた”と記されている。
これらにより、江戸時代の中ごろから「寒そうめん」が作られていたことがわかった。
 


『港北区史』

 
「寒そうめん」が作られていた地域は、米作りが中心の農村だったが、近くを流れる鶴見川がたびたび氾濫を起こし農業に影響を及ぼしていたので、農業だけでは生活が苦しかった。
そこで、副業として「寒そうめん」作りが始められるようになったそうだ。

なお、『都筑の民族』という資料には、そうめん作りの由来についてのエピソードが掲載されている。それによれば、江戸時代に物売りの旅人が病気になっているのを表吉田の加藤という名主が助けた際、旅人からそうめんの作り方を教えてもらったそうだ。

そして、江戸時代中ごろから作られ始めた「寒そうめん」は、やがて地域の特産品となっていき、1912(明治45・大正元)年には新羽・吉田にそうめん製造家が18戸、大正期で新羽に12戸、吉田に11戸、高田に1戸あったそうだ。

現在、新羽で以前に「寒そうめん」を作っていた農家として、当時の屋号が分かっているのは2戸である。
 


新羽の屋号が記されている地図(『新羽史』より)※クリックして拡大

 
地図中の数字の5の所が屋号「ソウメンヤ」で、アルファベットのMの所が屋号「そうめんや」である。
ちなみに、両方とも、現在は農業をされていないが、長谷川さんによれば、「そうめんや」さんは現在・・・
 


紙器加工販売のニッパ株式会社になっていて
 

そうめんを貯蔵していた蔵は残っている

 

当時「寒そうめん」はどうやって作られていたの?≫
 

おすすめ記事

新羽に看板でトンチをきかせてアピールする産婦人科って?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

「はまりんフェスタin新羽2014」の様子をレポート!

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

鮭も○○も釣れる!? 外来種だらけの「タマゾン川」の現状について教えて!

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

横浜春の風物詩「ザよこはまパレード」は年々地味になっている?

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

新着記事

本郷台にある「だいちゃん広場」の地下には何がある?

    • 面白かった19
    • 面白くなかった0
    • コメント0
  • 2018年07月17日

“街の宝”を守るため、50年の歴史に幕。横浜中華街「重慶飯店別館」で最後のおもてなし

    • 面白かった196
    • 面白くなかった6
    • コメント3
  • 2018年07月16日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

横浜愛あふれる店でリーズナブルに横浜の味を! 屋台のように気楽な雰囲気で、楽しくわいわい飲める居酒屋

  • PR

「勉強は楽しい!」と皆が感じる空間に成績アップの秘訣あり。学習塾「FULLMARKSセンター南」

  • PR

ママだって、“ママ”に助けてもらいたい! 家事・整理収納の家事代行サービス「Copier(コピエ)」

  • PR

バイクのことならなんでもお任せ! 地域密着がコンセプトの「カスタムショップ サカイオート」

  • PR

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

隅々までこだわったセンスの良い空間で絶品ナポリピザを味わう「Pizzeria PONTE ALTO」

  • PR

中古マンション×リノベ!余裕をもって自分らしいマイホームを作る「リフォーム不動産 横濱studio」

  • PR

具がおいしいと、粉モンはここまで昇華する。ハマリ度間違いなしの「鉄板 俣野也」

  • PR

不動産の「困った 」を総合的に解決。 有効活用への道を開く「日経管財株式会社」

  • PR

味にこだわるガンコ店主が開発。極上カレー「和都ノ屋カレー本舗」。できたてのカレーをお届けします!

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 都筑区の勝田橋付近に『バ〜ニラ♪』の高収入で有名なバスやトラックが停まっている駐車場があるのですが、...

  • 藤沢市川名にラーメンビックというお店がありますが子供不可、両替不可、撮影不可だそうです。はまれぽなら...

  • 逗子海岸にある「キン肉マン海の家」の取材をお願いします。限定メニューが食べれたり、限定アイテムなどが...

あなたはどう思う?

横浜市内を通るよく利用する鉄道路線は?

最近のコメント