検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 求人掲載募集バナーA
  • イチオシ「住む」バナー
  • はまれぽに無料でお店・会社が掲載できます!

ココがキニナル!

昔、新羽のあたりは、寒ソウメン作りで有名だったと聞きました。かつては田んぼが広がる農村地帯だったと思いますが、麦も作っていたの?また、いつごろまで作っていたのでしょうか?(ねこぼくさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

寒そうめん作りは江戸中期から農家の副業として始められた。小麦は周囲の村から調達。江戸にも出荷されていたが、昭和初期の恐慌をきっかけに作られなくなった

  • LINE
  • はてな

2014年10月14日

ライター:橘 アリー

寒そうめんとは!?

港北区の新羽周辺の特産品だったという寒そうめん。

寒そうめんとは、1年で一番寒い時期(11月~3月)に作ったそうめんのこと。
寒そうめんの産地(小豆島)の情報を見ると、乾燥した寒い時期に作る寒そうめんは“夏まで熟成させることによりコシのあるおいしいそうめんに仕上がる”ようである。
 


そうめんのイメージ(フリー画像より)

 
そんな「寒そうめん」が、横浜の特産品だったとは、ちょっと意外な感じがするものだ。
では、新羽の寒そうめんはいつごろまで作られていたのか、調べて行くことに。



新田地区と呼ばれた地域で広く作られていた!

新羽の歴史について詳しく書かれている『新羽史』の編集委員会の長谷川武明さんにお話しをうかがった。
 


『新羽史』
 

快くお話しを聞かせて下さった長谷川さん

 
「寒そうめん」は、現在の新羽町だけではなく、新吉田町と高田・高田町・小机町などでも作られていたそうだ。
これらの地域は江戸時代には都筑郡に属していて、明治時代には行政区画の変更により新田地区と呼ばれるようになり、その新田地区一帯が「寒そうめん」の生産地域だったとのこと。

また、『港北区史』という資料によると、宝暦年間(1751~1764年)から造られていたとあり、また、江戸時代の歌人である太田南畝(なんぽ)が書いた『向岡閑話(むこうがおかかんわ)』に、“1809(文化6)年に小机村でそうめんを造っていた”と記されている。
これらにより、江戸時代の中ごろから「寒そうめん」が作られていたことがわかった。
 


『港北区史』

 
「寒そうめん」が作られていた地域は、米作りが中心の農村だったが、近くを流れる鶴見川がたびたび氾濫を起こし農業に影響を及ぼしていたので、農業だけでは生活が苦しかった。
そこで、副業として「寒そうめん」作りが始められるようになったそうだ。

なお、『都筑の民族』という資料には、そうめん作りの由来についてのエピソードが掲載されている。それによれば、江戸時代に物売りの旅人が病気になっているのを表吉田の加藤という名主が助けた際、旅人からそうめんの作り方を教えてもらったそうだ。

そして、江戸時代中ごろから作られ始めた「寒そうめん」は、やがて地域の特産品となっていき、1912(明治45・大正元)年には新羽・吉田にそうめん製造家が18戸、大正期で新羽に12戸、吉田に11戸、高田に1戸あったそうだ。

現在、新羽で以前に「寒そうめん」を作っていた農家として、当時の屋号が分かっているのは2戸である。
 


新羽の屋号が記されている地図(『新羽史』より)※クリックして拡大

 
地図中の数字の5の所が屋号「ソウメンヤ」で、アルファベットのMの所が屋号「そうめんや」である。
ちなみに、両方とも、現在は農業をされていないが、長谷川さんによれば、「そうめんや」さんは現在・・・
 


紙器加工販売のニッパ株式会社になっていて
 

そうめんを貯蔵していた蔵は残っている

 

当時「寒そうめん」はどうやって作られていたの?≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

新羽に看板でトンチをきかせてアピールする産婦人科って?

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

「はまりんフェスタin新羽2014」の様子をレポート!

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

6月3日に鶴見区生麦地区で開催された「蛇も蚊も」祭りって、どんなお祭り?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

【編集部厳選】マニア心をくすぐる! 横浜の「秘密基地」特集!

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

新着記事

綱島駅周辺は新業態のチェーン店1号店が多いって本当?

    • 面白かった75
    • 面白くなかった4
    • コメント0
  • 2019年02月15日

なぜここに? 保土ケ谷の団地にある「遊園地前」バス停の由来とは

    • 面白かった11
    • 面白くなかった1
    • コメント0
  • 2019年02月16日
求人掲載募集バナーA
イチオシ「住む」バナー
2月イベントカレンダー
--無料掲載案内--

はまれぽ編集部のイチオシ

中華の街横浜で人気の絶えない繁盛店の秘密を探る! 

  • PR

朝市やカルチャースクールに買い物バスなど、コミュニティを影で支える「横浜セレモ株式会社」

  • PR

川崎のラブホテルの先のマンションの一室に不動産の“駆け込み寺”と呼ばれる場所が。はまれぽが潜入調査!

  • PR

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

【スタッフも募集中】みなとみらいで発見!フロントに大きなカゴを搭載した異様な自転車に乗りたい人は集合

  • PR

忙しい主婦の皆さん注目! 気軽に頼める家事代行サービス「Copier」でたまには家事休業! 

  • PR

誰もが必ず経験する相続問題。相談するなら、真摯に依頼者と向き合う「本牧司法書士行政書士事務所」

  • PR

バイクを知り尽くした研究所? ネットや他店で購入した車両の整備も大歓迎! 「バイクラボラトリー」

  • PR

「通院」が「お出かけ」に! 「また来たい」と思える、地域のニーズをかなえた歯科医院「オリーブ歯科」

  • PR

歌とダンスと笑いで嫌なことを吹き飛ばそう! 明日の元気はここにある「横浜マリンロケット」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • マクドナルド・江の島店の駐車場横に変わった建物があります。5階建のようなのですが 3階部分はなく、上...

  • 横浜でも10代の女性のはしかの症状が確認されたようです。公共機関のバスや電車での移動があったようなの...

  • 横浜中華街の中華街パーキングの対面にある日本米穀検定協会っていう古いビルがあるのですが、ビルの屋上を...

あなたはどう思う?

そろそろ始まる花粉症シーズン。花粉症対策する?

最近のコメント

アクセスランキング