ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    磯子区上中里町にある杉田バッティングセンターがネットを下ろし解体するような感じになっていました。1ゲーム200円で安く昔よく通ってました。ついに閉業してしまうのか、それとも改装して復活するのか?気にな...

    ねこみくさん

    宮城出身の祖母は「神奈川はヤブ医者が多い。横浜市大の先生しか信用しない」といいます。神奈川県は東海大聖マリアンナ大北里大の先生が多いですが、この3医大は今でこそ優秀な高校生が入っていますが祖母が若い頃...

    はなつきづきさん

    先日発表されたYahoo!検索大賞2017ですが、ローカルカテゴリーの神奈川県部門は「神奈中バス時刻表」でした。他の地域では、スポーツや特産品、アミューズメント施設などが受賞していて、これが普通かなと...

    かにゃさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

トップページをリニューアルしたスマホサイトの感想は?

非常に使いやすくなった
使いやすくなった
使いづらくなった
非常に使いづらくなった
どう変わったのか分からない
スマホサイトを使ってない
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
【はまれぽ名作選】本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

関内の真ん中辺りにビルの屋上をバーにしている店があると聞きました。屋根は無いので冬は営業していないようですが暖かくなってきたので営業しているはず。どんなお店?(bjさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

たばこ屋の屋上を改装して作った屋根のないバー「The bar tenmar」は、元教員のオーナーとその生徒たちが作った温かなお店!

ライター:コハル (2015年04月07日)

屋上でお酒を飲むといえばビアガーデンが代表的だが、夏以外に営業しているバーが屋上にあるとは珍しい。いったい、雨が降ったらどうなるんだろうか?

お店のHP見たところあまり詳しい情報は掲載されていないが、冬季休業を経て今年は3月21日(土)から営業を再開しているようだ。

いったいどんなお店で、どんな人がやっているのか。お酒好きのライター・中原が、心躍らせながら取材に向かう。



屋上にあるバー!

3月21日の再オープン初日はさすがに忙しいかと思い、翌日の3月22日(日)にお邪魔することに。お店は関内駅・馬車道駅のどちらからも徒歩3分程度なので、今回は馬車道駅から歩いて向かうことにする。
 


駅の7番出口をでて・・・
 

交差点を越えると・・・・
 

早速「The bar tenmar(テンマール)」の看板発見!
 

看板に「たばこ屋の屋上」と記載があるので、それらしき建物を探すと・・・。
 


あった! 中の様子は見えないが、あれに違いない
 

見たところ、本当に屋根のない完全オープンスペースなので、確かにあれでは冬は寒いし営業できないだろう。
 


入り口も発見。けっこう分かりやすい場所でした
 

看板がライトアップされています
 

この階段を上るらしい
 

入り口の奥へ進むと、けっこう急な階段が登場。酔っ払った人が転げ落ちたりしないのだろうかって・・・なんて思いながら上っていく中原。この上にはいったいどんな空間が広がっているのか。
 


階段を上りきるといきなり目の前にバー出現!
 

壁はあるけど
 

天井はない! 布があるだけ
 

でも、ちゃんとしたバーです
 

ウッディでお洒落な店内は、カウンター席に加えて窓際のテーブル席もあり、全部で20名くらいは着席できそう。

正直なところ、ビルの屋上というともう少し簡易的な作りを想像していたが、まさかこんな本格的なバーがあるとは。

興奮しながらもオーナーさんに取材趣旨を伝えてインタビューをお願いすると、お気に入りのテンガロンハットをかぶって快く取材に応じてくれた。
 


オーナーの斉藤さん。ポーズまでとってくれました
 

まずは、なぜこの場所でお店をやっているのかを聞いてみる。

「この建物は私の親戚の持ち物なのですが、いろいろ事情があって私が継ぐことになったんです。1階は昔からタバコ屋をやっていて、2階は現在ほかの会社に貸しているので、バーをやるなら屋上しかないということになりまして」

バーをオープンさせることを決意したのが2009(平成21)年3月。それから約半年の構想・施工期間を経て、同年10月に無事オープンにこぎつけた。

この小部屋は「塔屋(とうや)」といって、階段室に利用されていたスペース。

飲食店を営業する場合は屋根の付いたスペースに調理器具を設置して調理する必要があるため、現在はこの搭屋内で調理を行っている。この塔屋があったおかげで、保健所の営業許可を無事取得できたという。

さすがに屋上にトイレを作ることは難しかったため1階にお客様用のトイレを増設。調理や洗い物などは1畳ほどの小部屋で行っているそうだ。
 


窓からはばっちり外の景色が見えます
 


お酒を眺めながらお酒を堪能!・・・キニナル続きは次のページ
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事