ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    戸塚駅周辺では。多数のマンションが建設中です。タワーマンションが林立する武蔵小杉駅周辺でも開発が継続しています。次に建設ラッシュが起きそうなのは何駅でしょうか?

    ほわりんさん

    瀬谷にある田園釣り堀が気になります!ドラマ、映画とかにも出ていて芸能人もたくさん来ているようです!取材してきてください!

    はまっこさん

    市営バスが大型二種免許の取得から支援する養成バス乗務員の採用を始めたそうです!どういう研修があったりするのか気になります!

    はまっこさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

関内の真ん中辺りにビルの屋上をバーにしている店があると聞きました。屋根は無いので冬は営業していないようですが暖かくなってきたので営業しているはず。どんなお店?(bjさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

たばこ屋の屋上を改装して作った屋根のないバー「The bar tenmar」は、元教員のオーナーとその生徒たちが作った温かなお店!

ライター:コハル (2015年04月07日)

屋上でお酒を飲むといえばビアガーデンが代表的だが、夏以外に営業しているバーが屋上にあるとは珍しい。いったい、雨が降ったらどうなるんだろうか?

お店のHP見たところあまり詳しい情報は掲載されていないが、冬季休業を経て今年は3月21日(土)から営業を再開しているようだ。

いったいどんなお店で、どんな人がやっているのか。お酒好きのライター・中原が、心躍らせながら取材に向かう。



屋上にあるバー!

3月21日の再オープン初日はさすがに忙しいかと思い、翌日の3月22日(日)にお邪魔することに。お店は関内駅・馬車道駅のどちらからも徒歩3分程度なので、今回は馬車道駅から歩いて向かうことにする。
 


駅の7番出口をでて・・・
 

交差点を越えると・・・・
 

早速「The bar tenmar(テンマール)」の看板発見!
 

看板に「たばこ屋の屋上」と記載があるので、それらしき建物を探すと・・・。
 


あった! 中の様子は見えないが、あれに違いない
 

見たところ、本当に屋根のない完全オープンスペースなので、確かにあれでは冬は寒いし営業できないだろう。
 


入り口も発見。けっこう分かりやすい場所でした
 

看板がライトアップされています
 

この階段を上るらしい
 

入り口の奥へ進むと、けっこう急な階段が登場。酔っ払った人が転げ落ちたりしないのだろうかって・・・なんて思いながら上っていく中原。この上にはいったいどんな空間が広がっているのか。
 


階段を上りきるといきなり目の前にバー出現!
 

壁はあるけど
 

天井はない! 布があるだけ
 

でも、ちゃんとしたバーです
 

ウッディでお洒落な店内は、カウンター席に加えて窓際のテーブル席もあり、全部で20名くらいは着席できそう。

正直なところ、ビルの屋上というともう少し簡易的な作りを想像していたが、まさかこんな本格的なバーがあるとは。

興奮しながらもオーナーさんに取材趣旨を伝えてインタビューをお願いすると、お気に入りのテンガロンハットをかぶって快く取材に応じてくれた。
 


オーナーの斉藤さん。ポーズまでとってくれました
 

まずは、なぜこの場所でお店をやっているのかを聞いてみる。

「この建物は私の親戚の持ち物なのですが、いろいろ事情があって私が継ぐことになったんです。1階は昔からタバコ屋をやっていて、2階は現在ほかの会社に貸しているので、バーをやるなら屋上しかないということになりまして」

バーをオープンさせることを決意したのが2009(平成21)年3月。それから約半年の構想・施工期間を経て、同年10月に無事オープンにこぎつけた。

この小部屋は「塔屋(とうや)」といって、階段室に利用されていたスペース。

飲食店を営業する場合は屋根の付いたスペースに調理器具を設置して調理する必要があるため、現在はこの搭屋内で調理を行っている。この塔屋があったおかげで、保健所の営業許可を無事取得できたという。

さすがに屋上にトイレを作ることは難しかったため1階にお客様用のトイレを増設。調理や洗い物などは1畳ほどの小部屋で行っているそうだ。
 


窓からはばっちり外の景色が見えます
 


お酒を眺めながらお酒を堪能!・・・キニナル続きは次のページ
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事