検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お得な【特典】付き♪お店特集!期間限定特典を今すぐGET!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

川崎にある中華料理店「天下一まずい店」の料理は本当にまずいのか?

ココがキニナル!

川崎にある世界一まずい店って本当にまずいんでしょうか?編集長、検証をお願いします!(みやっきさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

川崎で70年! 「天下一いずま」な店・天龍は看板に偽りなく「まずい」の反対「いずま」で美味い店だった!

  • LINE
  • はてな

ライター:細野 誠治

編集長かんさつ日記・番外編!



我らが「はまれぽ.com」の編集長・吉田ご指名のキニナル案件。
ちょっとポッチャリさんで食いしん坊な吉田を「川崎にある世界一まずい店」に突っ込んだら一体、どうなるのか? そして本当に味は・・・まずいんだろーか?

今回は、そんなお話。
 


今回の主役・吉田  


不安もある。編集長・吉田は現在、ダイエット中。そして何より、近く某テレビ局の人気番組の『鋼鉄の魔城』に挑む予定なのだ。

吉田、少しは痩せてきているんだろうか? 某日、川崎にて待ち合わせ。
 


検証の舞台、最寄りは京急川崎またはJR川崎駅


すると・・・
 


ピッチピチのパッツパツで登場


体重は86kgをオーバー。「かんさつ日記」を始めて最も重いウェート(痩せてよ!)。

大丈夫だろうか・・・。



看板に“まずい”を掲げる店に直撃!



さて、そんな吉田が今回検証する店はこちら。天龍(てんりゅう)・銀座街店。
 


駅近の銀座街の角にあります
 

中華料理、天龍!
 

看板にばっちり「いずま」
 

暖簾にもしっかり「いずま」


かなり主張してます、いずま。読む方向が逆だったり、逆さまに表記されていたりするんですね(投稿では「世界一まずい」でしたが、「天下一」でしたね)。

店主の方に聞いてみよう。
 


代表の谷口嘉隆(よしたか)さん、41歳


お店の三代目主人だという谷口さん。川崎の地で70年営業をしてきた老舗の中華料理店だという。
「元々は銀座で祖父がみそ汁屋をしてたんですよ。で、当時銀座に『天龍』という中華料理屋があって、まかない飯の交換とかをしていたそうなんですよ」

終戦直後の話だそうだ。当時、焼け野原だった日本。そんななか、食べるものを提供していた谷口さんの祖父。

付き合いのあったお店の名前を付け、みそ汁屋さんからタンメンの店へ鞍替えをし、ここ川崎の地で商売を始めたそうだ。そして月日とともにメニューも増え、現在のような中華料理の店になった。
 


創業から70年。盛況な川崎の老舗だった


では、そろそろ本題を・・・。
どうして看板に「まずい」(正確には、いずま)と書いてあるんでしょう?

「何で、というか・・・。祖父のころに付けたもので。聞いても答えを、はぐらかされてて。「まずい」の逆、だから「うまい」ということじゃない?」
 


祖父の代から続く「いずま」。当時、斬新だったんじゃないかな


実際、味の方はどうなんだろうか。まずい? それとも、まずいの逆?
食べて確かめるのが一番だが、川崎に5店舗、横浜に1店舗という数字を聞けば言わずもがな・・・ではないかな。
 


お邪魔した銀座街店。ここがも最も古いお店
 

銀座街店の隣には「天龍三世」。こぢんまりとした店内


天龍三世の「三世」とは三代目の谷口さんが作ったお店だから。
 


天龍三世も「いずま」
 

天龍三世の隣には「持ち帰り専門」の「天龍・餃子店」
 

餃子店にもしっかりと「いずま」
 

こちらはゆっくり食事が楽しめる天龍・本館。ここにも「いずま」
 

天龍・仲見世店 やっぱり「いずま」


そして、はまれぽ編集部のすぐ近く、関内駅のマリナード地下街にも天龍はある。
 


マリナード店にもばっちり「いずま」


すべての天龍は「いずま」だ。

オススメのメニューはなんだろう? この質問に指折り数えて答えてくれる谷口さん。と、ここで編集長・吉田、ついに喋る。
吉田:「実際に食べてみましょう!」

では、ということで店内に案内されるオレたち(何かオレ、編集長にインタビュー切り上げられてねーか?)。
吉田:「よぉし! 食べるぞぉッ!!」
 


食欲爆発で荒ぶる編集長・吉田。すげー怖い・・・