検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

ココがキニナル!

環状4号沿い、六浦にあるスシローの駐車場から見える謎の穴。一体何なのでしょうか?通る度に気になります。調査をお願いします(らむねさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

穴の正体は横浜市の見解ではやぐらである。ただやぐらを調査してみないと確定はできないとのこと。

  • LINE
  • はてな

2015年06月27日

ライター:三輪 大輔

「あの穴は防空壕ではないと思うよ。この周辺にも、まだ防空壕が残されているけど、そこの穴は貫通してるじゃない? 近くの横浜市立大学周辺も戦時中は武器庫として使われていたし、そういう類の穴じゃないかな」

キニナル投稿にあったスシローの駐車場から見える大きな穴について、六浦周辺で調査をしているとき、近くで自転車店を営む岩澤(いわさわ)さんが、こんなエピソードを教えてくれた。年齢は60歳代半ばになる岩澤さんは、生まれてからずっと六浦に暮らしているという。
 


キニナル投稿にもあったスシロー駐車場の穴


「自分が生まれたころには、もうあったかな。昔は中に入れたんだよ。小さい方にはタイヤが4本積まれていたね。でも何の穴かは、聞いたことがないな」

いつどのようにできたか分からない大小2つの穴。大きい方の高さは4メートルほどで、幅も5~6メートルはあり、かなり大きい。しかし六浦の歴史をたどることで1つの手がかりを発見した。それが上行寺(じょうぎょうじ)裏遺跡だ。上行寺はスシローと目と鼻の先の距離である。
 


地図でみるとこのような位置関係


もしかしたらスシローの穴も遺跡なのかもしれない。そこで「かながわ考古学財団」で、六浦周辺に点在する遺跡について話を聞いてみることにした。
 


以前はまれぽでもレポートしたかながわ考古学財団




上行寺裏遺跡群とは?

「六浦周辺には、鎌倉時代に作られたやぐらの残されたエリアがあります」 と説明してくれたのは、かながわ考古学財団の阿部友寿(あべ・ゆうじ)さんである。
 


かながわ考古学財団の阿部さん(右)と植山さん


「鎌倉時代、鎌倉市周辺では傾斜地に穴を掘って、そこを墓とする風習が見られました。鎌倉市内では、およそ3000あまりのやぐらが発見されており、六浦でも上行寺裏周辺でやぐらが発見されています」

つまり六浦周辺には、鎌倉時代に墓として使用された穴が数多くある。 14世紀中盤から多く作られるようになったそうだ。六浦では上行寺の近くに、明治時代まで嶺松寺(れいしょうじ)という寺があったが、その周辺でもやぐらが多数発見されている。
 


六浦周辺でやぐらの発見されているエリアを示す資料


やぐらは高さ2~4メートル、奥行きも2~4メートルほどの真四角の穴である。その中に供養のための五輪塔を立てて死者を祀った。遺骨は土器に納められて、五輪塔の前に埋められたそうだ。
 


現存する上行寺にあるやぐら
 

やぐらの中の五輪塔。手前の穴に土器に納められた遺骨を埋めた
 

遺骨が納められた土器類


傾斜地に穴を掘って墓とするやぐら は、鎌倉時代に現在の鎌倉市周辺でのみ見られたものである。全国的には供養塔として五輪塔や宝篋印塔(ほうきょういんとう)、板碑(いたび)が一般的だ。それでは、なぜ鎌倉市周辺でだけ、やぐらは作られたのだろうか。「明確な理由は判明していませんが」という前置きの上、阿部さんが鎌倉にやぐらが作られた推察を話してくれた。

「鎌倉の中心地は南が相模湾、東・西・北が山に囲まれているため、活用できる土地が限られています。そこで崖に穴を掘ってやぐらを作ることで、土地を確保したのではないでしょうか」

六浦周辺は鎌倉時代、港として栄えた金沢に抜ける街道があり、幕府の影響力が強く及んでいたエリアであった。そのため、やぐらの遺跡群も多く見られるようになったそうだ。
 


全国的に広範囲で見られる「板碑(いたび)」


なお一つのやぐらには数体ほどの慰霊が葬られたが、そのほとんどが武士や僧侶である。その理由について阿部さんが説明してくれた。

「やぐらは寺の周囲にあります。墓を建てるのにはお金が必要となり 、やぐらの中に埋葬される階級も限られます。当時、庶民の埋葬先は由比ヶ浜などの海辺でした。鎌倉時代以前、寺に埋葬されたのは貴族階級が中心です。しかし、その風習が鎌倉時代になると、武士階級に浸透することになりました」

初めて武士階級が力を得て鎌倉幕府が成立したが、それは埋葬の文化にも影響を与えた。現在、寺に埋葬される風習は定着しているが、文化的な広がりを見せる契機 は鎌倉時代にあったのだ。そして江戸時代になると、寺への埋葬は庶民でも行われるようになる。
 


由比ヶ浜での埋葬は某新聞社でも報じられた


しかし鎌倉時代が終わり、政治の中心が再び京都へ移る。すると武士の影響力も落ちて、やぐらも別の用途で使用されることになっていく。そこにスシロー駐車場の穴に関する謎を解明する手がかりもあるかもしれない。
 
 

 

はまれぽ編集部のイチオシ

塗装業界ではレアなショールームを開設! 見て・触って・選べる外壁塗装の専門店「ダイレクトハウス」

  • PR

憧れの「マイドレス」が叶う、元町のウエディングドレスショップ「Jellish(ジェリッシュ)」

  • PR

臨床歴17年。延べ8万人以上の豊富な経験と口コミで評判の整体院

  • PR

神奈川県で2年連続解体工事件数ナンバーワン!ユニークなマスコットキャラも魅力の横浜総合建設株式会社

  • PR

家族や友だち、恋人と・・・誰と行ってもこんなに楽しい♪ 動物と過ごす“癒し”の休日「ズーラシア」

  • PR

マンガ読み放題!? 高速ドライカットがイチオシの“コミックカフェ” みたいに寛げる「re:mix」

  • PR

横浜でリーズナブルにマイホームを持つ1つの方法

  • PR

バイクを知り尽くした研究所? ネットや他店で購入した車両の整備も大歓迎! 「バイクラボラトリー」

  • PR

体が整うぅ~! 木でできた凄いヤツ。ドイツ製の木製ストレッチマシンが何気にキモチイイ

  • PR

老舗不動産店ならではの実績と信頼。相続した物件、管理に迷ったら、ぜひ相談したい「クローバーライフ」

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング