ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜西口駅ビルについてはJRが建設中ですが、どんな商業ビルになるのか、すごく興味があります。アトレでは今や沢山あり過ぎなので、出来れば もっと斬新で お洒落な感じにならないかと。絶対、調査してもらえ...

    たかし君さん

    二俣川駅南口の商業施設が「ジョイナステラス」と発表されましたが既存施設である「相鉄ライフ」との差別化が不明確。スーパーの「そうてつローゼン」と大規模ショッピングセンター「相鉄ジョイナス」、そして中小規...

    よこはまいちばんさん

    以前記事になった横浜市境を自転車で探索するやつを読みました。なかなか自分自身で回る事もないので面白かったです。隣の市境や市内の区境もやってみて欲しいです。出来たらTV番組「ぶらり●中下車」的に面白いお...

    でっちさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「9月21日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
横浜橋通商店街の名店「天ぷら豊野」がイセザキモールに移転! その理由とは?
5位
どうしてこうなの!? 東横線と直通するみなとみらい線が東急電鉄と別会社な深いワケ
6位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
7位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
8位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
9位
高さ1.2メートルのガードを発見! 低いガードがあるという噂の南武線に突撃!
10位
航空写真に写る米軍施設から伸びる謎の軌道とは?
11位
横浜市の東西南北それぞれの端っこってどこ?
12位
創業80年以上の戸塚区で唯一の銭湯「矢部の湯」が閉店するって本当?
13位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「瀬谷限定販売『鬼盛りすたみな唐揚げ』」編
14位
近未来型ニュータウン? 日々進化し続ける武蔵小杉の現状をレポート
15位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
16位
工事が始まった横浜市の新市庁舎の特徴は?
17位
身近にあるけど意外と知られていない!? テレビCMでも話題の「アマノ」ってどんな会社?
18位
横浜初で噂ゼロ? 横浜駅西口エリアにひっそりと存在する謎の「ハリネズミ専門店」でチクッと体験!?
19位
【フォトれぽ】横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017年」潜入レポート!
20位
三浦市に新バス停誕生! 京急油壺マリンパークバス停の出来た理由とは?
21位
【編集部厳選】実りの秋に米をかき込め! 横浜のおいしい「丼」特集!
22位
横浜でおいしいオムライスが食べられるお店はどこ?
23位
【編集部厳選】パラッパラのチャーハンが食べたい!
24位
何かと話題の『セシルのもくろみ』も! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.2
25位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
26位
工場見学もリニューアル! 崎陽軒の横浜工場内で新弁当製造ラインに潜入!
27位
何かと話題の横浜市のごみ分別案内チャットボット「イーオのごみ分別案内」。いったいどこまで教えてくれる?
28位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(関内・馬車道編)
29位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
30位
【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

破産した伊勢山皇大神宮が伊勢神宮から古い社殿をもらい受け再建。なぜ実現し、どう再建する?/伊勢山皇太神宮の「キティ守」のご利益や作られた経緯は?ほかの神社にもある?(miyukidさん、タッカーさん)

はまれぽ調査結果

宮司の「横浜市民のため社殿が欲しい」との想いを受け、伊勢神宮が社殿の譲渡を決定。キティ守は伊勢山皇大神宮限定で、健康祈願のご利益がある

ライター:藤井 涼子 (2015年06月26日)

「神社が破産」って、どういうこと!?

「神社が破産した」という大ニュースが報道されたのは、今から12年前の2003(平成15)年。いったい何が起きたのか、破産とはどういうことなのか。

そもそも伊勢山皇大神宮(いせやまこうたいじんぐう)とは、どんな神社なのだろうか。破産の詳細を確認する前に、まずは、伊勢山皇大神宮の歴史から調べてみた。
 


表紙には「横浜総鎮守 伊勢山皇大神宮」とある
 

『参拝のしおり』を抜粋して要約すると明治維新後、港町横浜には、たくさんの外国文化が流れ込み、大きな変化の時を迎える。そんな時に、横浜に住む日本人の心の拠りどころとなるような、守り神が欲しい、ということで1871(明治4)年に「関東のお伊勢さま」として親しまれている伊勢山皇大神宮が完成した、ということのようだ。
 


現在の伊勢山皇大神宮からは、横浜のシンボル・ランドマークタワーが見える
 

しおりには「横浜の総鎮守(そうちんじゅ)とされている」と書いてある。伊勢山皇大神宮には、横浜のまちや人を見守っている神様がまつられているということなのだ。

しかし、創建から132年後の2003(平成15)年に破産宣告となる。神社が破産するというのは、日本で初めての出来事だった。

破産の原因は、当時の宮司とその親族が、境内の一部を担保にしてホテル事業に乗り出したことにある。
 


現在の伊勢山皇大神宮の裏参道入り口
 

1991(平成3)年、神宮の裏参道隣接地に婚礼施設を兼ねた高級ホテル「横浜開洋亭」を建設した。しかし、バブル崩壊の景気低迷、横浜みなとみらい地区のホテル建設ラッシュと重なり集客競争が激化。また神前結婚式の減少なども影響し、経営は低迷する。

結局、借入金の返済ができなくなり2001(平成13)年3月、抵当権が設定されていた境内地の一部が金融機関より差し押さえられる。

2002(平成14)年、事態を重くみた神奈川県神社庁は銀行側との協議の上、同庁がホテル敷地部分を除く境内地を取得、神宮の運営を直轄することで競売を回避。その後、 ホテルを経営していた当時の宮司と親族が持つ宗教法人は、横浜地方裁判所に自己破産を申請、2003(平成15)年4月7日に破産宣告を受けた。負債額は約85億円だった。
現在は新しい宮司が就き、運営体制が変わっている。



三重県にある伊勢神宮から社殿をもらうって!?

伊勢山皇大神宮の歴史を勉強したところで、今回のキニナル「伊勢神宮から古い社殿を譲り受ける」と「キティ守について」を調べに、桜木町にある伊勢山皇大神宮へ向かった。
 


JR桜木町駅北改札から出ると右へ行って・・・
 

紅葉坂の信号を左に曲がる。あとはひたすら坂道を上って・・・
 

坂道を上って、上って・・・
 

「さすが横浜だな」と思いながら、汗をかきつつ坂道を上っていくと、伊勢山皇大神宮に到着。
 


周りには住宅があり、坂の途中に突如現れる伊勢山皇大神宮
 

名前は知ってたけど、初めて来ました
 

まずは「伊勢神宮の社殿を譲り受ける」というキニナルについてお話を伺った。どういう経緯で、伊勢神宮の社殿が伊勢山皇大神宮に来ることになったのか?
 


お話を伺ったのは宮司の池田正宏(いけだ・まさひろ)さん
 

池田さんは「最初は社殿をまるごと欲しいって言ったんですよ」と笑う。

伊勢神宮から部材を譲り受けることを「下げ渡し」というそうだ。もともと伊勢神宮は「式年遷宮」と呼ばれる儀式があり「20年に一度建て替える」という決まりがあるそう。20年しか使われていない社殿の部材は、周りを少し削れば、まだ十分に使えるものだという。

伊勢神宮の社殿の部材には、漆が塗られていない。漆を塗ると、防腐性や防水性に優れ長持ちする、というメリットがあるそうだが、伊勢神宮は20年しか使用しない前提で建設されるので、漆は必要ない。そのため、表面を削って、そのまま使用できるのだそう。
 


「欲しい人いますか?」(写真は伊勢神宮神楽殿。フリー画像より)
 

伊勢神宮は建て替える時期に、全国の神社に「部材が欲しい場合は連絡してください」というような書類を送るそう。そこで、希望があれば書類に記入して返送する、という流れだそうだ。

そこで、宮司の池田さんは、伊勢山皇大神宮の創建150周年の節目に、ぜひ由緒ある社殿を伊勢山皇大神宮に迎え入れたい、という思いで「社殿をまるごと全部ください」と連絡した。しかし、はじめは「無理です」という返事だったそう。
 


そりゃあ、そうですよね・・・(フリー画像より)
 

今までは「部材」として、伊勢神宮の一部をもらう、ということが定説で「社殿まるごと」というのは滅多になかったそうだ。加えて、現在は東日本大震災で破損した神社が多くある東北地方に優先的に下げ渡しを行う、という理由もあったそうだ。

なぜ「社殿まるごと」なのか? という質問に対しては「伊勢山皇大神宮が、横浜の人の誇りとなって欲しい、という思いから」と池田さん。伊勢山皇大神宮がまつっている神様は「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」であり、伊勢神宮の内宮と同じだ。伊勢神宮にゆかりが深いのだ。
 


伊勢山皇大神宮の本殿がまるごと入れ替わる
 

伊勢神宮は、言わずと知れた全国の神社の総親神(そうおやがみ)。神社の本宗(ほんそう)だ。

現在、伊勢神宮の社殿をそのまま譲り受けている神社は名古屋市にある熱田神宮(あつたじんぐう)。「名古屋の人々は、そのことをとても誇りに思っている。横浜市民にも、その誇りをください」と池田さんは伊勢神宮に伝えたそうだ。
 


熱田神宮も伊勢神宮の社殿を譲り受けている(フリー画像より)
 

伊勢山皇大神宮による熱心な交渉の結果、2014(平成26)年11月、伊勢神宮から社殿を丸ごともらえることが決定した。

そして、現在の伊勢山皇大神宮の社殿は、震災の被害を受けた宮城県石巻市にある鹿島御児神社(かしまみこじんじゃ)で再建されることが決まっている。


社殿はどうやって運ぶの?・・・キニナル続きは次のページ≫ 
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事