ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    10月22日の夜、台風の影響で増水する鶴見川を見ていたところ、緑色に光る小さな物体が上流からいくつも流れてきました。周りが真っ暗で、距離もあったので、ピンポン玉くらいの大きさの光しか見えませんでした。...

    くまやまさん

    ヨコハマ・トリエンナーレだけでなく、障害のある方をはじめとする市民と、アーティストとの協働で、新たな芸術表現を創造する、ヨコハマ・パラトリエンナーレについても記事にしてくださいませ。

    bausackさん

    新横浜に、インフルエンザ予防接種を1回2000円の低価格で行ってくれる整形外科があるのですが、なぜそんな価格で可能なのでしょうか? 調査お願いします。

    bausackさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
2位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
3位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
4位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
5位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
6位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
9位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
10位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
11位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
12位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
13位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
14位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
15位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
16位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
17位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
18位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
19位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
20位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
23位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
24位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
25位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
26位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
27位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
28位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
29位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
30位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

家系だけでなく、あっさりした鶏ガラ醤油ラーメンも魅力的な「ラーメン本舗」と超コッテリ家系ラーメンもある「戦極無双」の2店舗をご紹介

ライター:山崎 島 (2015年07月24日)

「家系ラーメンをレポートしてくれませんかねえ」と編集部・宇都宮から依頼が来た時、断ろうと思った。

家系ラーメンは未だかつて食したことがなく、興味があるのだけど、編集部・宇都宮がチャラい感じだったし、それ以上にマーコさんって誰? ラーメンコンサルタントって・・・うさん臭すぎる。

「よーし、こうなったら煙に巻こう、沈黙で」と決めたその夜、なぜか突然高熱が出て、怖くなったので行くことにした。



横浜市営地下鉄上永谷駅のラーメン街道から
 


ここです
 

環状2号線・通称ラーメン街道をゆく
 

編集部・宇都宮はズボンを腰で履いてる


横浜市営地下鉄上永谷駅より徒歩約20分。地図上で見ると下永谷駅の方が近いが、この日はなぜか上永谷駅から歩いた。台風接近に伴う強風で、そろそろ飛ばされるんじゃないかと思えてきたころに1軒目のお店「ラーメン本舗。」が見えてきた。
 


じゃん


何故こちらのお店に伺うことになったかと言いますと・・・
 


宇都宮が、ラーメンコンサルタント・マーコ氏とおぼしき天の声を聞いたから


とのこと。なんだそれ。

そんな安い設定はさておき、今回は家系ラーメンと、それ以外の看板ラーメンを推している2店へ伺うことにしたんだそう。「家系を食べたことない山崎さんにはあ、味が比較できていいかと思ってえ」と宇都宮、ちゃらちゃら。
 


で、不信感


宇都宮がチャラくてマーコ氏がアレでも、きっと素敵なラーメンに出会えるはず。期待を胸に、暖簾をくぐってお邪魔しますー。
 


おおう


長細い店内には、ぐるっとL字型のカウンター席が約18席。暗めの赤がかっこよい。

「ラーメン本舗。」についてのお話を伺ったのは、代表の
 


鈴木夫妻


とっても仲良しでうらやましくなるご夫婦だった。では早速同店の歴史について。

「ラーメン本舗。」がこちらにオープンしたのは15年前の2000(平成12)年11月。

「その前は戸塚区平戸で味道楽って名前で奥さんと二人でやってたんだよ。でも、いろいろあって場所を移すことになっちゃって。元々渋谷で中華料理屋をやってたんで都内で場所を探してたんだけど、知り合いのツテでこの場所を借りられたからさ。名前もラーメン本舗。に変えて始めた。味道楽だとお客さんたちはラーメン屋って感じがしないみたいで、回鍋肉とか頼まれちゃったから、ちょうどよかったよ」とのこと。
 


ふむふむ


焼けた肌と金のネックレスがダンディなご主人は、お話にもあった通り、20年前は渋谷で中華料理店をやられていたそう。ラーメンの道に入ったきっかけは、中華料理店の従業員に「ラーメンは儲かりますよ」と誘われたこと。その方に作り方を教わり、ご自分のラーメン店を出した。

家系ラーメンにした理由は「最初は家系ラーメンっていう認識はなかった。たまたま豚骨しょうゆのスープが出来てたから」とのこと。その後、別の家系ラーメン店で実食し、ノリやホウレンソウといった家系ならではのトッピングを知り、ご自分のラーメンに取り入れた。

「でも現実は甘くなかったね」と笑う鈴木さん。ご自分の思うラーメンを作るために、いろいろ試行錯誤を重ね、精神的に追い詰められたこともあったそう。昔を語られるご主人と、そばで聞いている奥様を見ていると、苦しい時を二人で乗り越えられたのだなあとしみじみ感じた。

そんな鈴木さんご夫婦の、丹精込めたラーメンを、謹んでいただきました。
 


メニュー豊富


豚骨スープベースのメニューは、醤油や塩、みそ、坦々と、かなりバリエーションがある。いろいろキニナったが、やはり基本の熟成醤油を選んだ。
 


丸鶏のほうも


いただく。醤油と塩の2種類から選べる。今回はあっさり醤油(680円)をいただくことに。奥様的におすすめなのは「うら塩(680円)」で、なんでも元々裏メニューだったが口コミで人気が広がり、今では定番メニューに君臨したのだとか。
 


熱々のスープに冷やした麺を入れた、麺クールなるものも


こちらはお子様や熱いものが苦手な方、汗をかきたくない方におススメで、とっても食べやすいラーメンなんですって。
 


お!!


取り立てて話すこともなく、宇都宮宅の家電は電気ケトルしかないという話をぼんやりしていると、冷め切った空気を暖めてくれそうなあっさり醤油ラーメンがきた。
 


こういう感じ大好きだ


透き通ったスープに、チャーシュー、メンマ、モヤシ、海苔、ホウレンソウ、ネギが添えられた、とってもシンプルな一品。
 


ん!!


最初のスープを飲む直前に、醤油と鶏ダシのよい香りを感じた。一口いただいて、笑っちゃった。おいしい。鶏の臭みが全くないのに、きちんとダシが出ていて、醤油は少しだけ強め、というか、味がはっきりしている。山崎の好きな醤油味だった。今まで醤油ラーメンは「スーパーのフードコートのやつが一番おいしい」という感想を持っていたのだが、この日考え方が変わった。

マーコ氏も宇都宮もこのラーメンには夢中になっており「こっちをメインメニューにした方が良いのでは」と言っていた。
 


大変おいしゅうございました


完食後もマーコ氏はスープだけ飲み続けていたとさ。
 


そしていよいよ熟成醤油ラーメン(680円)とご対面
 

ほほわあ
 

先ほどのあっさり醤油と並べてみた。「違いが分かるかい?」とマーコ氏


はあ、普通に分かりますけど・・・


見るからにこってりしてそうな豚骨醤油(画像右)。普段めったに豚骨ラーメンを食べない山崎は、この出で立ちで結構躊躇(ちゅうちょ)してしまう。トッピングは海苔2枚とチャーシュー、ネギ、それから「家系には珍しい」モヤシ。
 


いただきます


ん!! すごく濃厚だけど、全然脂っこくない。豚の臭みもあまり感じないし、普段食べ慣れていなくてもおいしくいただける。

この臭みがなく、脂っこくないところが、社長の鈴木さんのこだわりなんだとか。「俺自身、豚骨の臭みと油ってあんまり好きじゃないのよ。俺は中華料理出身だから、臭みを消して美味しい部分だけ残す、っていうやり方を学んできたからさ。余計な脂も一切使ってないしね」とのこと。

また、豚骨と鶏ガラをブレンドするラーメン店もあるそうだが、こちらでは豚骨のみ使用している。
 


マーコ氏はこの顔。「骨髄の感じがすごい!!」


一口食べるなり「濃厚! すごい(骨)髄(ずい)感!!」と叫んだマーコ氏。「油を使っていないのに濃厚なドスンっとくる濃度は、もはや家系の枠を超えまくった超ド豚骨レベルで、言ってみれば家系の無鉄砲(※編集部注:京都に本店のある超濃厚な豚骨ラーメン店)バージョンと言えよう」と後ほどコメントしてくれました。割と短くてびっくり。
 


セットでしか頼めないという、人気のチャーハン(ランチ時100円)もおいしかった


初家系、どんなものかと緊張したが「ラーメン本舗。」でなんかがんばれそうな気持になった。どうもありがとうございました。
 
 
セクシーなラーメンを追求!? いざ京急子安へ!!
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事