ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    10月22日の夜、台風の影響で増水する鶴見川を見ていたところ、緑色に光る小さな物体が上流からいくつも流れてきました。周りが真っ暗で、距離もあったので、ピンポン玉くらいの大きさの光しか見えませんでした。...

    くまやまさん

    ヨコハマ・トリエンナーレだけでなく、障害のある方をはじめとする市民と、アーティストとの協働で、新たな芸術表現を創造する、ヨコハマ・パラトリエンナーレについても記事にしてくださいませ。

    bausackさん

    新横浜に、インフルエンザ予防接種を1回2000円の低価格で行ってくれる整形外科があるのですが、なぜそんな価格で可能なのでしょうか? 調査お願いします。

    bausackさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
2位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
3位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
4位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
5位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
6位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
9位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
10位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
11位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
12位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
13位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
14位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
15位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
16位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
17位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
18位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
19位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
20位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
23位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
24位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
25位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
26位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
27位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
28位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
29位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
30位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

家系だけでなく、あっさりした鶏ガラ醤油ラーメンも魅力的な「ラーメン本舗」と超コッテリ家系ラーメンもある「戦極無双」の2店舗をご紹介

ライター:山崎 島 (2015年07月24日)

京急子安駅の戦極無双へ
 



2軒目は京急子安駅から徒歩約7分の「戦極無双」へ。
 


ここー!
 

店の前は通ったことあったなあ
 

店内はカウンターに8席


「ラーメン業界に入る前はフリーターだったんですよ」と伏し目がちにお話くださったのは・・・
 


ご店主の平田純一(ひらた・じゅんいち)さん
 

そしてかわいすぎる息子さん


かつてはフリーターだったという平田さん。「なんとかしないと」と思い、大好きだったラーメン店をやろうと心を決め、ラーメン業界に入った。

「天下一品が大好きで、ラーメン屋をやりたいと思いました」という、天下一品の大ファン。が、ラーメンの技術は現在は閉店してしまった豚骨ラーメン店の「ラーメン戦国」で学んだのだそう。

「戦国は家系ではないのですが、一緒に働いている人が家系の人が多かったため、いろいろ教えてもらいました。そうして自分で試行錯誤して家系ラーメン店をはじめたんです」とのこと。11年の修行の後「ラーメン戦国」から名前の一部をついだ「戦極無双」をオープンさせたのは3年前。
 


平田さんは伏し目がちに語る


この場所に来られたのは「別のラーメン屋がやっていたお店を居抜きで借りられた上に、家賃が安かったんで」という、現実的な理由から。客層は平日の昼は職人さん、夜はサラリーマン、土日はご家族連れが多いのだそう。

そんな、天使のような息子さんの父親である平田さん渾身のラーメンの数々、さっそく紹介していきましょう。
 


手際がよい


まず最初にいただいたのは、家系でない「煮干しとんこつラーメン(650円)」。
 


こちら
 

豚骨スープに煮干しの粉末を加えている


「お客さんが来にくい立地のため、メニューの種類を増やそうと思って」考案したそう。普通の豚骨が苦手な方や、変わった豚骨を求めている方にはうれしい。
 


トッピングはチャーシューと海苔、メンマ、ホウレンソウ


味はと言うと、煮干しがすごい煮干しが、こう、煮干しが・・・・煮干しの香りが強くて、豚骨と喧嘩してしまっている、というか、お互いの生臭さを助け合っている。これ好きな人は相当好きそうだし、癖になりそうだけど、山崎にはイマイチでした。でもチャーシューは美味しかった。
 


チャーシューはその都度あぶっている


次はメインメニューの醤油とんこつラーメン(650円)。


こちら
 

ん?
 

トッピングは海苔とチャーシュー、ネギ、ホウレンソウ、ウズラの卵


このウズラの卵は、平田さんがこの店を立ち上げる前にアルバイトをしていたお店でアイデアを得たのだとか。

味は、ラーメン本舗。よりも、醤油感が強い感じ。油っこくはあるが、臭みが少ないのに驚いた。「私自身、豚骨の癖が苦手なので、生骨を一度ボイルし血抜きしてから使っています。毎日来る常連さんもいらっしゃるので、飽きのこないラーメンを心掛けています」とのこと。

確かに、いただくほどに箸が進んで、これは癖になりそう。
 


マーコ氏もなんだか感心しているよう
 

豆板醤をちょこっと載せて
 

海苔でくるんで食べてもおいしかった


マーコ氏の醤油とんこつに対するコメントは「全体のバランス感はあるが、逆を言えば何か突出したものがなく中途半端感は否めない一杯。しかしながら全体的に潜在能力を感じさせるラーメンだったことも確かなため、振り切るところを振り切る勝負に出た一杯を望む」と、なんだかやんわりしていた。

それからこってりラーメンで有名な天下一品ファンの平田さんが編み出した、ドロ系こってりラーメン(700円)もいただいた。
 


白い
 

見るからにこってり


トッピングは醤油とんこつと同じ。臭みがなく食べやすくはあるのだが、とにかくこってり。ラーメンと言うよりはカルボナーラに近い食感。これにはマーコ氏も「確かに、天下一品の家系バージョンだ!」と驚いていた。
 


このドロっと感が


食べているとなんだかエロい気分になってくる一品。得意ではないけど、年に何回かは食べに来たくなりそう。ちなみに、どろっとぬらぬらさせる秘訣は「企業秘密」とのことだが「野菜とか、いろいろ使ってます」とちょっとだけ教えてくださった。平田さん良い方。
 


奥様が考案した焦がしニンニク胡麻ラーメン(700円)もいただいた
 

見た目から


黒々もたっとして、むんむんしてそうな変り種ラーメン。これは・・・ほんっとにセクシーなラーメンだった。「濃厚な豚骨だけでもちょっと悪い事してる気分なのに、その上焦げたニンニクもなんて・・・もう引き返せない、私も共犯!」って感じ。

ニンニクとゴマの風味がこうばしく、ひたすらギンギンになれるであろう焦がしにんにくゴマラーメン。これを考案したのが奥様、というのに、少し頬を赤らめてしまった次第であります。
 


チャラい宇都宮はやはり食いつく


セクシーかつ個性的なメニューが豊富な「戦極無双」。背徳感に恍惚としたいときは電車を乗り継いで行ってしまいそう。どうもありがとうございました。

初めてにして2軒も家系ラーメンをハシゴした今回の取材。途中で動けなくなるかなあ、と思っていたけど、意外といけた。豚骨はちょっと・・・と思っている女性も、一度食べてみたらまた行きたくなること間違いなし。これを書いている山崎も、今夜は家系ラーメン食べようと決めている。



取材を終えて

いずれ回ってくると思っていたこの企画。マーコ氏とは「丸鶏醤油ラーメンが本当においしい」という話で意気投合し、最後の方少し打ち解けられ、仕事について「あきらめずに頑張っていれば、いつかうまくいく」というアドバイスをもらったりした。

―全店制覇まで残り35店舗―

※上記軒数は現段階で調査できた店舗数となります。開店・閉店・発見により軒数が変動する場合があります。
 


2015(平成27)年7月24日時点の家系家系図<クリックして拡大>
 

 ―続く―
 


ラーメン本舗。
所在地/横浜市港南区下永谷5-1-32
電話/045-827-1715
営業時間/11:00~24:00
定休日/水曜日


戦極無双
所在地/横浜市神奈川区七島町127
電話/045-439-7891
営業時間/11:30~22:00(15:00~17:00は営業外)
定休日/水曜日
 
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


この記事どうだった?

面白かった 180 面白くなかった 168

おすすめ記事


shinobu0614さん2016年11月30日 06時05分
ラーメン本舗ってこないだ近く通ったらなくなってたな。休日なんか行列がみられるほどだったんだけどね。あと、土足の人間を厨房に入れるような店は俺もどうかと思う
そう思う 6 そう思わなかった 0
たろちんさん2015年07月29日 16時20分
マーコってラーメン評論家なの?その襟足なんとかせなあかんな
そう思う 108 そう思わなかった 5
たかたかたかださん2015年07月28日 00時50分
演出とはいえ、衛生面に配慮のない格好で厨房に入り、ましてや脇にはチャーシューがあるなんて食を扱う者として失格ですよ。戦極無双という店には行きたくないですね。記事に関してもますます迷走してますよ。今回の記事はライターの悪乗りも含め今までで最低。家系を辿らないのであれば止めた方がいい。
そう思う 129 そう思わなかった 14