ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    久里浜港近くの三富屋直売所が気になります。金土日月しか営業していなお店で可愛いおじいちゃん、おばあちゃんが笑顔で迎えてくれます。コロッケやメンチカツが安くて美味しいお店です。この店の正体を調査願います...

    Lewisさん

    山手カトリック教会の脇に住んでいます。毎晩、1時間に1回ほどの間隔で(何分かは不定期)、"プ~、ファ~"とラッパの音が聞こえてきます。そのうち、21~22時台には、ラッパの直後に鉄...

    たなやんさん

    夏のこの暑いシーズンに少しでも涼しくなるような心霊関係のネタを最低でも1回は取材をお願いしたいです。

    sho-shoさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
2位
横浜市長選立候補予定者が激論を交わした公開討論会の様子をレポート!
3位
スーパーオートバックスみなとみらい店の跡地はどうなる?
4位
みなとみらいに移転したケンタッキーフライドチキンの新本社と"横浜限定メニュー"をレポート!
5位
横浜市の住民税って高いの?
6位
相鉄線二俣川駅南口再開発の計画変更の詳細と今後は?
7位
リニア開通で相模原市はどう変わる? 橋本駅編!
8位
横浜市職員の給料は高いのか!?
9位
唐木田から上溝まで8.8km、小田急多摩線の延伸はいつ実現する?
10位
川崎市のJFE敷地内、不法占拠の家屋群の正体は?
11位
計画から30年! 再開発が本格スタートした金沢八景駅はどう変わる?
12位
京急線が三崎口駅から先の延伸を凍結した理由は?
13位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.1「日本で唯一のモペット・メーカー フキ・プランニング」
14位
相鉄線ゆめが丘駅周辺は大きく変わる?
15位
誰かが反対している? 陸の孤島・本牧に鉄道が延伸しない理由の真相は?
16位
2018年に大きく変わる瀬谷駅南口、再開発計画の内容は?
17位
再開発で綱島駅周辺はどう変わる?
18位
2015年に開業予定の羽沢駅周辺は今後どうなる?
19位
京急本社がみなとみらいに移転、詳細は?
20位
川崎市営地下鉄「川崎縦貫鉄道計画」が休止!? その理由は!?
21位
みなとみらいのアンパンマンミュージアムが閉鎖するって本当?
22位
本郷台駅の公務員住宅「南小菅ヶ谷住宅」跡地はどうなる?
23位
「ドンドン商店街」って今はどうなってるの?
24位
寿町のドヤ街はなぜ形成されたのか?
25位
業務停止を受けた「グリフィン」の営業手法とは!?
26位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.8「日本唯一のハイエンドオーディオ機器専門メーカー・アキュフェーズ株式会社」
27位
イトーヨーカドー本牧店跡地にオープンした「本牧フロント」の様子は?
28位
川崎と横浜とのイメージの違いとは?
29位
本牧に鉄道が開通するのはいつ?
30位
日吉に本社を構えるゲームメーカー「コーエーテクモゲームス」ってどんな会社!?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

「川崎縦貫鉄道」が、事業会計を閉鎖し、現時点では計画断念だそう。こうなると、横浜市の地下鉄に興味が両市の計画の取材をお願いします。(狐猫さん、GORIPON29さん)

はまれぽ調査結果

川崎市は予算の問題などから縦貫鉄道の休止を決定。補完案として南武線の輸送力増強と横浜市営地下鉄の延伸を中心に対応。横浜市は国の試算次第

ライター:はまれぽ編集部 (2015年07月25日)

重い財政負担

川崎市は新百合ヶ丘駅と川崎駅を結ぶ川崎市営地下鉄「川崎縦貫鉄道」の計画について、国土交通大臣の諮問に応じて国の交通政策の重要事項を調査・審議し、関係大臣に意見陳述する「交通政策審議会」への計画提案を見送った。
 


国への地下鉄計画提案を見送った川崎市
 

なぜこのような決断に至ったのか。川崎市まちづくり局交通政策室の中上一夫(なかがみ・かずお)交通計画担当課長に聞いた。
 


南武支線新駅の取材でも対応してくれた中上課長
 

まずは「川崎縦貫鉄道」の経緯から。

「川崎縦貫鉄道」は市民の交通利便性の確保や鉄道ネットワークの充実、市内鉄道路線の混雑緩和などを目的として1960年代に持ち上がった構想で、新百合ヶ丘―宮前平―元住吉―川崎を通過する計画だった。
 


新百合ヶ丘~川崎を結ぶ計画だった
 

2000(平成12)年1月には「運輸政策審議会答申第18号(以下、答申18号)」で「2015年までに開通すべき路線」に位置付けられたものの、2003(平成15)年には着工を5年程度延期することを決定。

その後、経由地を元住吉から武蔵小杉に変更するなどの変更があり、事業の長期化が予測されることから2013(平成25)年3月には、事業会計を閉鎖していた。
 


川崎縦貫鉄道の主な経緯
 

中上課長によると、休止を決断した主な要因は財政上の問題。

川崎縦貫鉄道は燃料電池などの新技術を用いて従来より小型の車両を導入することで、ランニングコストだけでなく、トンネル工事の費用を抑えながら4400億円強の総工費を見込んでいた。

しかし、2002(平成14)年に財政危機を宣言して以降、70~80%まで事業費を圧縮するよう取り組んできたが、新技術の実用化には長期間要する見込みであることが判明。開業を迎えるころには超高齢化・人口減少社会が到来していることが予測されることから、市民ニーズが変化することなども考慮し、計画休止に至ったという。
 


地下鉄開業には膨大な費用と時間を要する
 

中上課長は「川崎縦貫鉄道の必要性は認識しているが、現時点では事業着手にできる状態にないと判断した」と苦渋の決断だったことを明かした。


代替案は? 横浜市の反応は?・・・キニナル続きは次のページ≫ 
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

あざみ野―新百合ヶ丘の地下鉄延伸計画はどうなっている?

陸の孤島・本牧に鉄道が延伸しない理由の真相は?

はまれぽ厳選!プレゼント企画開始のお知らせ

【careco×家系】カレコのカーシェアで爆食ヒロインと巡る