ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜市内、もしくははまれぽエリア内に釣り堀はどのくらいあるのか?また、ニジマスなどお持ち帰りして食べられる魚が釣れる釣り堀がないか?取材して下さい!

    ナチュラルマンさん

    菊名駅に駅ナカのお店ができるという計画を以前耳にしましたが、現時点でその気配が感じられません。東急は駅コンビニと渋そばを、JRはいろり庵きらく、崎陽軒売店、横浜土産店、ミニスーパー(生鮮品販売) 、書...

    ナチュラルマンさん

    「日本ポールウォーキング協会」の事務局が馬車道駅近くにありました。本部は鎌倉市にあるようです。はまれぽエリア内なので、活動内容について実際に参加してのレポートをお願いいたします。

    羽後人さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

腰越の朝市の情報求む!(たか☆さん)

はまれぽ調査結果

その日に水揚げされた魚が、大量に安く買えるイベント! 地元の人たちを中心に、誰でも参加できるお得な朝市だった

ライター:酒井 明子 (2016年05月25日)

神奈川県内で開催されている「朝市」を調べてみたところ、横須賀や三崎、葉山などの各所でも月に数回行われていた。


神奈川県ホームページを見ると漁港は13ヶ所


朝市が行われる腰越漁港


腰越の朝市については、ウェブサイトなど見てもどのくらいの規模なのか、詳しい様子がいまいち分からない。一体どんな人が利用しているのか・・・いきなり参加してもいいものなのか・・・そこでとりあえず突撃してみることにした!

毎月第1、第3木曜に開催、朝市に潜入!

神奈川県ホームページによると、腰越の朝市が開催されるのは4月~12月の間の第1、第3木曜日の午前10時から。開始ギリギリに行けば余裕か・・・と思いつつも、念のため午前9時30分に腰越駅に到着! 徒歩3分のところにある漁港に向かった。

すると・・・
 


海岸沿いに出たら、この看板が目印


テントの前にはすでに列が!

 
開始30分前にもかかわらず、すでに列ができているではないか! 並んでいる方にどこから来たのか聞いてみると、地元の人だけでなく、東京・下北沢からわざわざ来たという人もいた。

これは期待が膨らむ・・・。テントの中を見てみるが、この時点では台があるだけで特に魚などの姿はなかった。ちなみにテントの近くでは、地元の野菜を買えるこんなコーナーも。
 


地元で採れた新鮮な野菜を販売

 
販売者の奥様によると、朝市の日はこちらの野菜直売所も設けられるとのこと。どれもスーパーで買うよりも安くて新鮮なものであった。

開始10分前、漁業市場のほうはさらに列が伸びていた。
 


20人以上が並ぶ行列になっていた。これでもいつもより少ないらしい

 
そのころからテントの中の台の上には、徐々に魚介たちが運びこまれてきた。漁師さんに話を聞くと時期によりラインアップや量は異なるものの、この日はなかなか豊作とのこと。ざっと数えたが15種類以上の魚介たちが並んでいた。
 


開始目前に台の上に置かれはじめた魚介の数々


すごい魚の量にみんなソワソワ・・・

 
商品は午前10時前に台に置かれたものの、お金を払って購入できるのは午前10時ジャストからという決まりらしい。テントの中に並んでいる先頭の人たちは、お金を手に握りしめながらすでに目星をつけている様子。テント外に並んでいるためラインアップがよく見えないライター・酒井は、買い逃したらどうしようとドキドキしていた。



いよいよ朝市スタート!
 


午前10時になった瞬間から購入スタート!

 
みなさまがちゅうちょなく大量買いしていく姿に圧倒されつつも、なにか買わなければと焦る・・・。列にそって前に進んでいくと、ようやくテントの中へ。まだまだ魚たちはたくさん残っていた。
 


この日の目玉であるメダイはこの大きさで3000円!


サバがこのサイズで300円は信じがたい!


カマス、豆アジ、イシモチなどもこの安さ!

 
魚介はすべてこの日の早朝の漁で水揚げされたものなので、とにかく新鮮! 1匹単位ではなく数匹や1皿単位で売っているものが多く、値段を2度見することもしばしば・・・。「シロムツ1匹ください」と言ったところ「5匹で1000円」とのことで迷わず購入決定!
 


イカも一皿単位で大量に売られていた


タコやサザエも大量!


テントの奥のほうには干物やメザシもあった

 
最初は整列していた行列も、後半はなしくずし的に・・・。すでに売り切れのものもあったが、特別お目当ての魚があるわけでなければ、どれを買っても間違いはなさそうだった。「迷ったときはどんな風に調理するのがおすすめか」を聞くと、どの漁師さんもやさしく教えてくれるのがうれしい。

 

煮つけにするならどれがいいのか真剣に相談

 
ほとんどのものが1000円を超えないので、ここに来る際は1万円や5000円はくずしてくるのがベスト。販売スタート当初、みんなが手に握りしめていたのは確かに1000円札だった。テントを抜けるとそこにもまた行列を発見!
 
 
行列の先には・・・キニナル続きは次のページ!≫
  

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事