検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

久良岐公園にあったとされるランプ村は空襲で野毛や関内あたりから人が移り住んだと聞きました。本牧・寿町とともに3大アンタッチャブル地区の歴史が気になる(みなと広告さん)

はまれぽ調査結果!

「ランプ村」は戦前からあった。住民は「戦災で焼け出された人」とは限らないが、戦後にそのような人たちが加わった可能性はある。

  • LINE
  • はてな

2016年08月11日

ライター:小方 サダオ

港南区の山中にあった「ランプ村」

横浜市のホームページによると、「久良岐(くらき)公園は1973(昭和48)年に開園された、運動広場や池、能舞台なども整備された、23万平方メートルの広さを持つ、港南区と磯子区にまたがる総合公園」とある。

投稿によると、この公園が整備される前にあった、という「ランプ村」。一体どのような集落だったのだろうか。その名残を求めて、早速現場を訪れた。

 

港南区にある久良岐公園
 

住宅や団地に囲まれた、谷戸の地形を生かした緑豊かな空間だ。

 

住宅や団地に囲まれた久良岐公園
 

久良岐公園入口
 

広大な土地に池や棚田が整備されている
 

園内の森の中に整備された散策路を歩いていると、都会の喧騒から隔離された静かな緑地に気持ちがなごむ。

 

自然に囲まれた散策路
 

自然を身近に感じさせるこの公園に「ランプ村」という集落はあったのだろうか。

まずは文献に記述はないかと、いくつかの図書館に資料に関して問い合わせてみたが、「ランプ村」に関する資料は見つからなかった。



地元住民の語る「ランプ村の姿」とは

そこで地元の住民に話を伺うことにした。

 

園内に広がる「大池」
 

まずはあるお寺の関係者に伺うと「昭和30年代くらいまで、現在の久良岐公園の入り口付近に、『ランプ村』と呼ばれる電気のない集落がありました。しかし在日外国人が住んでいたのかもしれず、『ランプ村』というのは差別的な言い方とも思えるので、表現には気をつけてください」とのことだった。

次に公園の近くに住む、古くからの住人の男性Sさんに伺うと「以前久良岐公園のあたりは、松林と田んぼしかない場所でした。園内にも再現されていますが、池もあのあたりにあり、自然に恵まれた山でした」という。

 

公園になる前にも近い場所に池があった
 

園内にある公園整備前と整備後の航空写真
 

「そんな山の谷戸に、公園が整備されるまで、戦前からポツンと4~5軒の家がかたまった集落がありました。住人の一人、Tさんは方々で木を切りだす木こりをやっていました」

 

赤枠が久良岐公園。「ランプ村(青矢印)」があった辺り。2007(平成19)年の写真
 

1964(昭和39)年写真では、青矢印あたりに「ランプ村」があったと思われる
 

「その息子さんは体が大きく立派なひげを生やした人で、当時井土ヶ谷にあった港南警察署で警察官に剣道を教えていました。また庭で畑を耕して野菜を作っている住人もいました」

 

谷戸の地形に作られていた集落だった
 

「集落にあった家はホッタテ小屋のようなものでしたが、一時期は住人の家族が頼って住むようになり、10~20人ほどが住んでいたこともありました。戦前から戦後の混乱した時代に住みはじめた人が多かったですから、正式な賃貸契約はなかったかもしれません。公園ができる時に集落の人たちは立ち退きでいなくなりました」と答えてくれた。

前出で外国人と差別の話が出たので、「ランプ村」の人たちに対する周辺住民の態度に関して伺うと「私の知っている住人には外国人はいませんでした。また差別などはないですよ。あのころはみんな貧しかったですからね」とのことだった。

 

「ランプ村」と思われる集落(青矢印)。昭和30年代の航空写真
 

次にある旧家の中年男性に伺うと「あの土地は、十王堂免(じゅうおうどうめん)という呼び名でした」と教えてくれた。

 

赤線が十王堂免、青円は「ランプ村」の辺り(1957〈昭和32〉年 南区詳細地図)
 

そしてこの男性が事情に詳しい人を紹介してくれた。


「ランプ村」について、どんな話が聞ける?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

池下橋と久良岐橋は2つで1つのデザインになっている?

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

「上大岡」があって「下大岡」がないのはなぜ?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

伝染病から日本を守る! JR根岸線電車内から見える! 磯子区の「動物検疫所」ってどんなとこ?

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

京浜急行線の車窓から見える、ビルの屋上にあるワシの置物の正体は?

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

新着記事

西洋歯科医学発祥の地「横浜」に、歯科医師の復職をサポートする取り組みがあるって本当?

    • PR
  • 2018年12月14日

東横線廃線跡に現れた謎の「R16」!これは一体なに?

    • 面白かった54
    • 面白くなかった7
    • コメント0
  • 2018年12月15日
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

ギター専門の整体師!?音楽の街横浜でギターやベースの修理・メンテナンスを行う、リペアマン常駐の楽器店

  • PR

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

看板犬も人気のお店!元町5丁目にあるヘアサロン「aimable aime(エマーブルエメ)」

  • PR

気軽な雰囲気でテニスクラブに入会経験のない人も安心。業界きっての理論派コーチの指導でスキルアップも

  • PR

誰もが必ず経験する相続問題。相談するなら、真摯に依頼者と向き合う「本牧司法書士行政書士事務所」

  • PR

お菓子を通して感動を届ける!横浜とともに進化を続け、新たな魅力を発信する老舗の旗艦店「ありあけ本館」

  • PR

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

肌が健康的に美しくなれば生き方が変わる! 医療をベースに肌の悩みを解決する「テティス横濱美容皮膚科」

  • PR

あなたと地域の橋渡しをしてくれる、地域愛あふれる「街の法律家」におまかせ! 「田近淳司法書士事務所」

  • PR

印刷会社が取り組む「社会変革」って一体何!? 130年以上も続く総合印刷業の老舗「大川印刷」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 12月15日の正午頃、上大岡駅前商店街のアーケード中間付近にある飲食店で火事がありました。この火事で...

  • 平成31年3月3日、京急大師線の東門前〜小島新田が地下化されますが、産業道路駅に3番線があった頃、駅...

  • 神奈川東部方面線の正式名が 新横浜駅を境に「東急新横浜線」「相鉄新横浜線」に決定したそうです。短い区...

あなたはどう思う?

年末年始はどこで過ごす?

最近のコメント

アクセスランキング