ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜に自転車で登りごたえのある峠はありますか?既に旧道化していてもいいです。横浜であまり聞いたことがないと思いました。調査の方お願いします。

    ピロリンさん

    八景島マリーナは大学ヨット部が集まって練習していますが、最近ヨット部にかわいい女性が増量中です!ビーチの水着も結構ですが、是非かわいいヨット女子を取材してください!

    tontonさん

    トレッサ横浜にオープンするディーナゲッツのバスケットコートが気になります。常勤スタッフ付き常設バスケットコートは日本初のようです。

    ハムエッグさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

シーズン到来!今年の夏はどこの海水浴場に遊びに行きますか?

海の公園
三浦海岸海水浴場
一色・森戸海水浴場
逗子海水浴場
由比ガ浜・材木座海水浴場
片瀬東浜・片瀬西浜海水浴場
鵠沼海水浴場
サザンビーチちがさき
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
【ニュース】3連休は花火大会が目白押し!
3位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
4位
民家or旅館!? それともラブホテル!? 戸塚にあるナゾの建物に突撃!
5位
『フランケンシュタイン』も『釣りバカ』も! 横浜のロケ地巡り2017年春ドラマ編vol.2
6位
スタイル抜群!スポーツ系スマート美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【大磯ロングビーチ編】
7位
目的別に選択が可能! 中華街にある穴場の駐車場を徹底レポート!
8位
【編集部厳選】こんなところが海水浴場だったって、知ってた?
9位
【編集部厳選】海開き記念! 今年もやりますあの企画!
10位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
11位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
12位
【編集部厳選】「横浜の目印」のナゾ、いくつ知ってる?
13位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(7月13日~7月19日)
14位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
15位
ベイの扇の要、黒羽根選手がトレードって本当?
16位
ビール屋の厨房から世界王者へ! 東洋太平洋王者防衛戦に挑む大竹秀典選手に直撃インタビュー!
17位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
18位
「MMがFFに」という、みなとみらいがファイナルファンタジーに染まったイベントはなんだったの?
19位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
20位
祝60周年! 大磯プリンスホテルに温泉・スパ施設が開業。 湘南セレブ時間を初体験!
21位
キリンビール横浜工場の「ビールづくり体験教室」のビールは本当においしくできるの? ~ビール試飲編~
22位
【ニュース】横浜赤レンガ倉庫、今年の夏は「アフリカ」?
23位
さよなら二階建てバス! ラストラン&廃車ツアーを密着レポート!
24位
横浜西口の南国セクシー居酒屋「なつこ」ってどんなところ?
25位
鎌倉市北西部「島ノ神」、内陸なのに島ってなぜ? 地名の謎を追う
26位
横浜イチのナンパスポットはどこ?
27位
野毛に大増殖中の「高級アロマエステ」は風俗店か? 突撃取材!
28位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
29位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」にライター・山崎が突撃!
30位
女子校生やハーフ美女も一挙出演! キニナル水着女子2016【総集編】
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

中区福富町にシューティングバーができたらしいのですが、いったいどんなところなのかわかりません。バーはまだわかりますがシューティングバーってなんなのですかね?(ハマの黄龍さん)

はまれぽ調査結果

中区福富町にオープンした「Shooting Bar GET@City」は、横浜初のシューティングバー。スタイリッシュな雰囲気だが気軽にお酒を飲みながらエアガンのシューティングを楽しめる店!

ライター:大和田 敏子 (2016年10月03日)

シューティングバーって、どんなところ?

学生時代、アーチェリー部に所属していた筆者、的を狙う「シューティング」にはちょっとうるさい。とはいえ、「シューティングバー」の「シューティング」はアーチェリーのはずもないし、きっと何の役にも立たないだろうなとぼんやり思いながら向かったのは、横浜市中区福富町にある「Shooting Bar GET@City(シューティングバー ゲットアットシティ、以下ゲットアットシティ)」。
京急日ノ出町駅から歩いて3分ほどだ。
 


おっ、なんかかっこいい看板!


アニソンカフェすた~ず@City」と同じビル

 
地下に降りていくと、店の入り口のドアが・・・
 


あっ、ここだ! いかついドアがしっかり閉まっている

 
取材でなかったら、きっと、このドアを開ける勇気はない。びくびくしながらドアを開けると、中は思いのほか明るい。
 


一見したところ、普通のバー!?

 
対応してくれたのは、スタッフの北原暉夫(きたはら・あきお)さん。
 


北原さんはサバイバルゲーム(サバゲー)やエアガンの知識豊富。トーク力抜群で頼りになる方!

 
「ゲットアットシティ」がオープンしたのは、2016(平成28)年1月22日。
「シューティングバーって初めて聞いたのですが・・・」と話を向けると、「お酒を飲みながら、エアガン(エアソフトガン)のシューティングを楽しめるバーで、東京には何軒か有名なところがあるんですよ」と北原さんは言い、開店の経緯を話してくれた。
 


よく見ると、あちこちに雰囲気を盛り上げるディスプレーが

 
2~3年前からサバゲ―の人口が増加し、エアガン需要も高まってきたという。ファッションでも迷彩柄が流行したり、「サバゲー女子」も増えてくるなか、「飲みながら、シューティングを楽しむ」というスタイルの店が、横浜でも受け入れられるのではと開店を決めたそうで、横浜では初の出店だ。
 


エアガンは50種類近くある

 
当初は40種類ほどだったが、次第に増やし、最近は射撃技術などを競い合う競技「シューティング」用のエアガンも導入したという。初心者から本格的に楽しみたい人にも満足してもらえるラインアップになっている。
 


シューティングレンジ(射撃場)は店内に併設されていて


左手、ガラス扉で仕切られたシューティングレンジがバー側から見える

 
お客さんの年齢層は20~50代と幅広く、サバイバルゲームやエアガンが好きな人はもちろん、お酒が好きで雰囲気だけ楽しむ人もいるという。新規のお客さんが3割くらいで、カップルで来るお客さんも多いそうだ。



ドキドキのエアガン初体験!

初めてでも気軽にできるものなのか不安だったが、北原さんから初心者も大歓迎と言われ、体験させてもらうことに。
 


まずは、注意事項、禁止事項などを読んで、誓約書に記入

 
同店では、安全に楽しんでもらうために、規則をきちんと理解してもらって、誓約書に署名することになっている。初来店時には身分証の提示も必要だ。
 


ホームページにも説明がある。スタッフの注意を厳守!(ゲットアットシティHPより)

 
飲酒してのシューティングはOKだが、泥酔しているような人のエアガンの使用は危険なので当然禁止だ。

誓約書の記入が終わったら、エアガンを選択。全ての銃について説明が書かれたファイルがあるので、そちらを見ながら選ぶ。
 


写真とともに開発の歴史や機能説明がある

 
うーん、エアガンの性能とか、開発の歴史を読んでも、なかなかピンとこない。そんな人にもうれしいのが・・・
 


その銃が登場する、映画やドラマ、マンガなどの作品名が載っていること

 
これなら、エアガンにあまり関心がない人でも、好きな作品をきっかけに興味を持ったり、使うエアガンを決めたりできそう。これはおもしろい!
 


スタッフがアドバイスしてくれるので選びやすい

 
初めての人にお勧めの小型のエアガンのなかから、「M1911」に決めた。『あぶない刑事』のタカが使っていた銃だ!
ちなみに、「M1911」は北原さんが特に好きな銃だそう。その名の通り1911(明治44)年に作られ、つい最近まで使われていた威力がある銃で、シンプルできれいなフォルムが魅力だという。
 


1回のシューティングは1マガジン単位

 
1マガジンは筒に入る弾の数で、銃によって数は異なるが、「M1911」は1マガジン26発で500円。追加1マガジンは100円で、シューティングレンジに入る際に2回分まで追加ができる。

エアガンが決まったら、スタッフがシューティングレンジに入りエアガンの準備をするが、準備が終わるまでお客さんはシューティングレンジに入ることはできず、シューティング中もスタッフが常に見守っている。万が一、弾が当たったら、大ケガを負いかねないことを理解した上で、スタッフに従って楽しむのが大切なルールだ。
 


いよいよシューティングレンジへ。初めての体験でドキドキ
 

レンジ内では、必ずゴーグルを着用!


銃の持ち方や的の狙い方を教えてもらう

 
 
ドキドキ初体験! 命中なるか!?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

横浜の街並みを作ろう!!

20歳以下は来店できないオトナの「ASOBIBA」に突撃!

西区藤棚町にある「今村銃砲店」ってどんなお店?