検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ!

ココがキニナル!

6周年を迎える「はまれぽ.com」。より人気を集めるサイトを目指すため、定食人気ナンバーワン「から揚げ定食」にあやかり、合計から揚げ600個を食べつくす旅を開始。第1回は関内周辺3軒を紹介。

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

祝・6周年でございます



10月某日、「来月、はまれぽ6周年だ」と、編集部・山岸が編集部内全員にギリギリ聞こえる声量でひとり言を呟いた。その呟きの真意を計りかねる編集部メンバー。


耳は傾けつつも目は合わせない


「今後はさ、もっと面白さに安定感がありつつ、掘れば掘るほど夢中になるような、横浜人気ナンバーワンのサイトにしていきたいよね」と山岸。皆が素直に「そうですね」と相槌を打つ。


しかし目は合わない


「じゃ、あやかれるものに全力であやかってきて」
「あ、はい」

条件反射で返事をしてしまうのは編集の性(さが)だろう。こうして本企画はスタートした。



人気ナンバーワンかつ安定感があり奥深いという難題



人気ナンバーワンのものを探せば星の数ほどあるが、安定感と奥深さを合わせ持ち、なおかつ横浜周辺で徹底調査ができるものは一体何なのか。

街を歩き、ネットで調べまわり、ふと目についたのは「から揚げ定食」だった。

Gooランキングやマイナビニュースによると、好きな定食ランキングにおいて「から揚げ定食」は堂々の1位を獲得している。


どっしり構えた安定感と味付けで雰囲気が変わるファニーさがある


しかし、皆さんはから揚げ定食にガッカリしたことはないだろうか。

筆者にとってのから揚げ定食は、メニューに迷ったときこそ「失敗しないだろう」という安定感から選んでしまう食べ物だ。だが、それでもまれに「こんなはずじゃなかった」と感じることがある。

なぜなら、から揚げ定食は「肉の部位・味付け・揚げ方・付け合わせ・ソースやレモンなどのトッピング」とさまざまな要因が絡み合う、とても奥が深い定食だからだ。


レモンをかける派・かけない派で苛烈な論争が起きることも


そこで今回はその人気と安定感、奥深さにあやかるために編集部が独自調査し、「それぞれの好みに合った満足できるから揚げ定食」を探す旅へ出る。また6周年という節目のタイミング、せっかくなので「600個のから揚げを食べつくす」まで、旅を続けていく。

また、はまれぽでも取材した横浜の有名から揚げ定食として、「あげ市(旧店名:えぞや)」のモモ肉しょうゆ味を基準の星3つにし、味の濃さやご飯と合う度を表でご紹介。


相鉄線天王町駅から徒歩8分


食欲をそそるフォルム


第1回となる今回は、関内駅徒歩5分以内でしっかり食べられるお店を探してみた。



いざいかん「から揚げの旅」



1軒目に訪れたのはJR関内駅南口から徒歩5分ほどにある「手作り居酒屋かっぽうぎ 関内店」。


横浜公園のすぐ近く


ランチの提供時間は午前11時30分から午後2時まで。同店は前払い制で、先に会計を済ませてからメインを1品、小鉢を2品選択することができ、その自由度の高さから人気を集めている。


おかずがズラリ! 高まりますな!


メイン料理は全11~15品あり、小鉢はなんと33~35品から選べる。しかもピークを越えた午後1時以降や雨の日はオープンから小鉢を1品増量し、3品選べるという。毎日通いたい・・・!


では早速から揚げをチョイス。定食は全品800円


サイズは1個4~5cmぐらいのものが5個


実食担当は編集部・広瀬。普段のから揚げの好みは「2口サイズぐらいで、肉は柔らかめで皮付き、サクッというよりパリッとした衣。よく食べるのは塩味」。

見た目はスタンダードなから揚げで、おかず選択制のお店のためアツアツの提供ではないが、衣はカリカリで味は濃いめ。肉の歯ごたえもしっかりしており、食べごたえは十分だ。


時間が経ってもしなっとならずカリカリなのはうれしい


小鉢も濃いめの味付けでご飯が進む進む! ご飯とみそ汁がお替わり自由なうえ、各テーブルの中央には漬物1品とふりかけが置いてあるため、大食いの人はエンドレスで食べ続けられてしまう魔のトラップ!


ご飯が進むから揚げ定食だった