家を建てるなら20代! 〜ヨコタテで叶えた理想の一戸建てライフ〜
“家を建てるなら20代!

ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

ゴールデンウィーク(GW)マル秘大作戦〜2017年版・はまれぽ流〜 [はまれぽ.com]
イベントカレンダー2017年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    国道357号の本牧~磯子間の自動車専用道路がありますが本牧から杉田まで専用道路で行くのと下道で行くのでは何分違いますか?これからGWで休みがたくさんあると思うので是非車で両方の道路を実際に走って確かめ...

    横浜ものしり博士さん

    スーパーでお買い物するとカタリナクーポンをもらう時があります、あのクーポンの仕組みについて教えてください。お店は儲かってなさそうだし他店でも使えるし

    ななここさん

    横浜市戸塚区の戸塚芙蓉保育所が、市から支払われる委託費などで用意すべき土曜日の給食を提供せずに保護者からは弁当を持参させながら、市の調査へは提供していたように虚偽記載していた事が発覚しました。他自治体...

    よこはまいちばんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

もうすぐGW。期間中はどこで過ごす?

横浜市内で過ごす
神奈川県内で過ごす
関東圏内で過ごす
関東圏から脱出する
海外で過ごす
そのほか
休みなんかない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
磯子区の団地の近くにかつて「底なし沼」があったって本当?
3位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
4位
今はなき「ジェミニ」や「117クーペ」の展示も!? 働くクルマの殿堂、「いすゞプラザ」を訪問!
5位
かつて大流行した横浜限定ブランド「FREEWAY428」が2017年4月に復活!?
6位
【編集部厳選】4月からのハマっ子もこれで安心! 横浜駅徹底ガイド!
7位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
8位
アジア初上陸の驚愕アトラクションを体験! はまれぽ流「マッスルモンスター」のすゝめとは?
9位
【はまれぽ名作選】横浜初! みなとみらいと羽田空港を結ぶ水上のバスの定期航路が開通! そこから見える絶景とは?
10位
「幸福のチケット」付き? 崎陽軒の限定弁当も味わえた「シーサイドラインフェスタ」の様子は?
11位
【編集部厳選】これ知ってた? 鉄道のナゾ~京急編~
12位
新子安の境内の真ん中を電車が走る「遍照院」、なぜこんなことになってしまった?
13位
横浜赤レンガ倉庫が草花で埋め尽くされる「FLOWER GARDEN」の様子をレポート!
14位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
15位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
16位
【編集部厳選】あの人、何してるの? 横浜でキニナル謎のオジサンに突撃!
17位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(3月30日~4月5日)
18位
19年ぶりの日本一へ! 横浜DeNAベイスターズ本拠地開幕戦の様子をレポート!
19位
市民も誰も知らない? 横須賀を作り上げた英雄・デッカー司令官って何者? 後編
20位
19年ぶりの日本一へ! 日産自動車と横浜DeNAベイスターズが強力タッグを結成!
21位
春の風物詩! 第42回「野毛大道芸」の様子をレポート!
22位
住宅街に突如現れる「岩盤浴」と書かれたのぼりの正体は? 民家にある謎の浴場に突撃取材!
23位
栄区にある一見居住用マンションのようなラブホテルで大人の願望を解き放つ!? ホテル愛愛賓館でライター・山崎が××!
24位
【ニュース】タカナシ初の直営店がそごう横浜店にオープン!
25位
【ニュース】横浜赤レンガ倉庫で4月1日から「フラワーガーデン」開催!
26位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
27位
市民も誰も知らない? 横須賀を作り上げた英雄・デッカー司令官って何者? 前編
28位
港ヨコハマのミステリー!? 横浜スタジアムの住所が「横浜公園無番地」なのはなぜ?
29位
【ニュース】ランドマークタワーで「ゴールデンウィークフェスティバル」を開催!
30位
【編集部厳選】お前はいったい何者だ! 横浜の「不思議な像」を巡る旅!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

三浦大根は1980年を境に作付けが激減し、実は三浦ではあまり三浦大根をつくっていないらしいですね。三浦大根を取り巻く現状が気になる。(紀洲の哲ちゃんさん)

はまれぽ調査結果

三浦ダイコンの出荷量は三浦半島で生産するダイコンの1%。だが、正月用の食材として毎年、年末に首都圏に向け出荷し根強い人気を誇る

ライター:やまだ ひさえ (2017年01月04日)

三浦海岸の冬の風物詩といえば、これだ。
 


海岸を彩るダイコンのカーテン
 

毎年12月から翌年2月にかけて見られるダイコン干しの光景は、1992(平成4)年度に「かながわブランド」に登録された「三浦の浅づけたくあん・まいるど」を作るためのものだ。しかし、使われているのは、三浦ダイコンではないし青首ダイコンでもない。

どんな種類のダイコンなのか、生産している「松本農園」の松本幹夫(まつもと・みきお)さんに聞いてみた。
 


取材対応してくれた松本さん
 

松本さんによると、たくあんに使うダイコンは「白進(はくしん)」という種類で、首の部分まで白い白ダイコンの一種だ。
 


白進ダイコン
 

三浦市内では10軒の農家がたくあんを作っているが、全て白進ダイコンを使っている。糠漬けにしても、色がきれいで食感が良いダイコンだ。
 


風の具合によるが、4日ほど天日干しをする
 

海岸に干す理由は、常に風が吹いているために乾きが良く、また、気温が下がっても凍らないからだという。
 


糠漬けにして1日目。タルからはみ出している
 

この状態で10日間、漬け込む。
 


4日目になるとカサが減っている
 

完成品。発泡スチロールの箱に4本入りで2000円
 

味は甘め。べったら漬けに似ている
 

松本さんによると、「青首ダイコンは、糠漬けにするとクビの緑の部分の色が悪くなる」そうだ。また、「三浦ダイコンは繊維が柔らかいので、食感が悪く、浅づけのたくあんにはむかない」とのことだ。

浅づけたくあん「まいるど」は、12月から2月までの期間限定商品。松本さんの家では、この間に6万本のたくあんを出荷するが、全て、白進ダイコンで作ったものだ。

三浦ダイコンは作っていなのかという問いに、「自宅で食べる分だけです」という答えが返ってきた。



三浦ダイコンの現状を追う

三浦ダイコンの存在を確かめるために、京急線三浦海岸駅の前にある野菜の直売所をのぞいてみた。
 


地元農家が栽培している野菜を販売している
 


1本300円前後。青首ダイコンに比べると100円ほど割高
 

三浦ダイコンの現状について、三浦市農業協同組合営農部の澤村晃(さわむら・あきら)さんと冨田翔太(とみた・しょうた)さんが話を聞かせてくれた。
 


三浦市の農産物に精通している農協
 

澤村さん(右)と冨田さん
 

三浦半島におけるダイコン栽培の歴史は古く、同地域の郷土史である『相模風土記(さがみふどき)』には、江戸時代の寛永年間(かんえいねんかん:1624~1645年)から作られていたと記されている。

大正時代末期には、三浦半島の在来種である「高円坊(こうえんぼう)ダイコン」と「練馬(ねりま)ダイコン」を交配、三浦半島生まれのダイコンが誕生した。それが三浦ダイコンだ。
 


高円坊ダイコンは太くて小さい「ねずみ大根」の一種(JAながのHPより)
 

練馬ダイコン(練馬区役所HPより)
 

三浦ダイコンは2種類のダイコンの特徴が顕著にあらわれた、首の部分が細く、尻に向かって太くなる「中ぶくれ」という形の白ダイコンで、長さ約60cm、重さ約3kg、大きいものになるという8kgにもなる大きなものだ。
 


特徴的なフォルムの三浦ダイコン
 

1925(大正14)年に初めて東京市場に出荷され、「三浦ダイコン」の名前がつけられた。

繊維が柔らかく、色も美しい。煮ても、刺身のツマとしても重宝された三浦ダイコンは、長年にわたり冬ダイコンの王者として君臨してきた。
 


火を通すとダイコンの甘みが増す
 

しかし、予想もしない悲劇が三浦ダイコンを襲った。

1979(昭和54)年10月29日、大型台風20号が三浦半島を直撃。作付けが終わっていた三浦ダイコンも壊滅的な被害に見舞われた。
 


大型台風がダイコン畑を直撃した
 

三浦ダイコンは、種を植えてから収穫までに約100日かかる。

当時、年末の出荷に間に合わせるために、9月初旬に作付けが終わっていた。植え直すにしても年末商戦には間に合わない。さらに1月の後半になり寒さが厳しくなってくるとダイコンは成長が止まるため、特徴である大きなダイコンが収穫できなくなる。

打開策として農協が提案したのが、台風の後にまき直しをしても間に合う青首ダイコンだった。
 


三浦ダイコン(左3本)と青首ダイコン(神奈川県農業技術センターHPより)
 

三浦ダイコンに比べると、青首ダイコンは小ぶりで甘みが強い。

核家族化によるライフスタイルの変化によって、消費者のニーズが大きなダイコンよりも小さいものを、辛みのあるものより甘さを感じるものを好むようになったという背景もあり、ここ三浦でもわずか3年ほどで青首ダイコンが主流になっていった。

2010(平成22)年の統計を見ると、三浦市では779ヘクタール(779万平方メートル、横浜スタジアム約297個分)の畑でダイコンが栽培されているが、99%が青首ダイコンだ。
 


三浦市内でも「三浦ダイコン」の作付けは1%ほど
 

また、三浦ダイコンは青首ダイコンに比べ病気に弱い。澤村さんが、その実態を農協に隣接する神奈川県農業技術センターの畑で見せてくれた。
 


神奈川県農業技術センター三浦半島地区事務所
 

同センターでは三浦ダイコンも試験栽培されている。
 


三浦ダイコンは葉も大きい
 

葉と葉がこすれることでキズがつき、そこから病気になる。また、葉に寄生するアブラムシの被害も多い。
 


病気になり、葉が落ちてしまった三浦ダイコン
 

日照時間の不足も生育に支障をきたす。特に2016(平成28)年のように、作付後の9月に長雨が続くと、ダイコンにヒビが入る。
 


日照時間不足でヒビが入ったダイコン
 


大きくて重いので抜けずにわれることもある
 

病害虫に弱いことに加えて、重いこと。栽培の難しさと作業における重労働が、青首ダイコンへの移行に拍車をかけた要因だと澤村さんは話す。

三浦ダイコンの作付面積は約1%。7ヘクタールに満たないが、毎年、年末には三浦市農協と「JAよこすか葉山」が共同で横浜南部市場など首都圏に出荷している。2016(平成28)年は、12月24日、25日、26日の3日間だけ出荷する。
 


年末年始には三浦ダイコンが並ぶ
 

限定商品として予約が入るほど人気の高い三浦ダイコンだが、現状の生産量は横ばい状態だという。「今後、生産量が延びるかどうかは後継者次第です」とのことだ。


三浦ダイコンの将来は? キニナル続きは次のページ!≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

「横浜産」オンリーの食材で1日過ごせるのか?

おせち料理ならぬ「オケチ料理」はできるのか

隠れた名店とよばれる鴨居の小さなお弁当屋さん「台北」とは?