ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年11月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜駅に崎陽軒が何件あるのか調べて欲しい。

    thaiさん

    小田急海老名駅にフクロウが住み着いているようです。作り物っぽいですが、いるときといないときがあり、置きっぱなしというわけではないようです。正体を突き止めてきてください。

    R.Hさん

    横浜と言えばジャズですが、オーナーが創業時からずっと現役のジャズバーと言えば、【横浜ジャズファースト】。その歴史は半世紀になります。その老舗ジャズバーに、凄い新人が現れたらしいので、一体どんな人なのか...

    ブラックグラウスさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたが好きなスポーツチームは?

横浜DeNAベイスターズ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
横浜FC
湘南ベルマーレ
Y.S.C.C.
SC相模原
横浜ビー・コルセアーズ
川崎ブレイブサンダース

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
2位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
3位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
4位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
7位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
8位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
9位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
10位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
11位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
12位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
13位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
14位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
15位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
16位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
17位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
18位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
19位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
20位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
21位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
22位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
23位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
24位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
25位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
26位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
27位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
28位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
29位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
30位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横須賀市民から「英雄」とされるデッカー。米海軍横須賀基地司令官として軍務そっちのけで市民救済に注力。学校や病院建設のために占領地を返還。目標は「日本一の都市・横須賀」(栄区かまくらさん)

はまれぽ調査結果

戦後、4代目米海軍横須賀基地司令官として辣腕をふるったデッカー司令官。病院、学校、養護施設など彼の足跡は今も残っている

ライター:やまだ ひさえ (2017年03月27日)

前編では横須賀の歴史に多大な影響を与えたデッカー司令官の功績を振り返った。

後半では、現代まで受け継がれ、守られているデッカー司令官の情熱をお届けする。
 


彼の残した功績とは?
 



親しまれる「ベース」

明治から戦前までは旧日本軍が駐留する軍都として、戦後からは米海軍が駐留する基地の街として、その名を知られている横須賀。

地元では親しみをこめ、基地を「ベース」と呼んでいる。
 


ベース内
 

現在、ベース内では横浜スタジアム約90個分に相当する広大な敷地に米軍基地が設置されており、地上・海上勤務合わせて約2万人が働いている。

今回は特別な許可をいただき、米海軍横須賀基地司令部など、ベースの内部を撮影させてもらった。
 


米海軍横須賀基地司令部
 

米海軍横須賀基地司令部の隣には、在日米海軍司令部。すなわち、現在、日本国内に駐留する米海軍基地を統轄する司令部がある。
 


在日米海軍司令部
 

建物は関東大震災後、耐震・耐火構造に配慮し建設された旧日本海軍の横須賀鎮守府庁舎を使用している。

1945(昭和20)年8月30日、連合国軍として横須賀に進駐した米海軍に接収された。
 


入口には在日米海軍のロゴ
 

2つ星は「少将」の階級を意味している。
 


通常は関係者以外立入禁止の建物内も特別に見せていただいた
 


1926(大正15)年に造られた内部はメンテナンスで当時の姿を維持
 


在日米海軍司令部の指揮系統が一目で分かる
 

アメリカ軍の最高司令官はトランプ米大統領
 

在日米海軍司令部は6つの米海軍基地を統轄・管理している
 

現在では、司令部が日本の米海軍を全て管理しているが、進駐当初の組織は異なっていた。

初代となるバジャー司令官、2代目のオリバー・O・ケッシング司令官、3代目のハロルド・M・ブリッグス司令官が考えていたのは、「基地を爆破し全員をアメリカに帰還させろ」という考えを持っていて、「ベース」をまったく重要視していなかった。

それに異を唱え、横須賀基地の重要性を説いたのが4代目司令官・ベントン・ウィーバー・デッカー大佐だ。
 


横須賀市再建の恩人と称えられている
 

アメリカの軍人として、日本人の手による初の胸像が作られるほどの功績を横須賀市に残したデッカー司令官。残念なことに現在では彼を知る市民はけして多くはない。

2011(平成23)年5月、翻訳・発売されたデッカー司令官と奥様のエドウィーナ・N・デッカー夫人の回想録『黒船の再来』を紐解きながら、今なお横須賀に残る彼の功績をたどってみた。
 


デッカー夫妻の功績の全てが詰まっている
 

翻訳を行った横須賀学の会の代表・大橋祥宏(おおはし・よしひろ)さんが市民の視点から見たデッカー司令官像を語ってくれた。
 


デッカー司令官の功績を記憶している貴重な世代
 


結核・性病の撲滅に尽力・・・キニナル続きは次のページ
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事