検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

ココがキニナル!

取材の打ち合わせで「メニューや佇まいがそっくりなお店があり、しかもその関係性がよく分からない」との情報が上がった。これは行かねば。ということで今回は、「ラーメン大桜」と「じれっ亭」をご紹介。

  • LINE
  • はてな

2017年04月25日

ライター:はまれぽ編集部

ラーメン大桜 十日市場本店

最初に伺ったのは、JR横浜線十日市場駅より徒歩5分ほどの大通り沿いに店舗を構える「ラーメン大桜 十日市場本店(以下:大桜)」。道路を挟んだ反対側には駐車場も完備している。
オープンしたのは1997(平成9)年7月27日。この地で20年近く営業を続ける老舗店だ。

 

「大桜」に到着


席数は33席。(カウンター13席)


豊富なメニューは、味のある文字で書かれている

 
店長の橋本繁男(はしもと・しげお)さんは、もともと寿司職人をしていたそうだが、おじさんとこの店のオーナーが知り合いということもあり、その紹介でこの店に入ったという。すでに20年近く働いており、今は2代目店長を務める。
 


物腰柔らかな橋本さん

 
橋本さんによると、「オーナーが当時、某家系ラーメン店で働いていた初代店長と始めた店が『大桜』です。オーナーが店のコンセプトを、初代店長が味を決めました」とのこと。

その味の特徴について伺うと、「スープの濃さが売りですが、決してインパクト重視ではありません。素材を吟味し、オープン当初から味は変わっていないと思います」と話す。
 


ラーメン談議に花が咲く

 
今でこそ多店舗展開でも知られる「大桜」だが、本店かつ1号店であるこの店のオープンにあたっては、経営が軌道に乗るまでオーナー自らがレジや配膳を行っていたこともあるそうだ。
「オーナーは個性的な人で、メニューや店内に飾られているパネルの文字もご自分で書かれているんです」と橋本さん。

 


オーナーの筆によるパネル。着丼までのひとときふと眺めてしまいそう

 
メニューについてお伺いすると、開店当初から提供しているのは「ラーメン(720円)」と「つけ麺(720円)」で、その後、徐々に増えていったそう。ラーメンが一番人気だが、そのラーメンに味噌を加えるトッピング「みそ味(100円)」や、ごはんに豚角煮をあしらった「ざく丼(360円)」も人気だ。

「あかねちゃん(ネギ+ピリ辛ダレ、300円)」、「あかもちゃん(もやし+ピリ辛ダレ、300円)」といったユニークなネーミングのメニューも楽しい。

 


カウンター前のメニュー。これもオーナー筆

 
客層は成人男性客に加えて、女性やファミリー客も多いとのことで、取材日も女性だけのグループや親子連れの姿が目立った。



実食レポート

実食するのは、この記事と同じ面々。今回は「ラーメン」と「ざく丼」、「つけ麺」を試食せていただくことにした。

 

麺は「大手ではなく独自の仕入先の麺」を使用しているとのこと

 
寸胴をかき混ぜる


注ぎ込むスープと立ち上がるゆげ


着丼


ラーメン


スープ


麺をリフトアップ


角煮が横たわる「ざく丼」


つけ麺

 
それではいただきます!

編・大日方:とてもガツンとくる味。スープは濃く、麺に絡みついて混然一体となっている感じです。でも、濃いけど後に残らない。個人的にすごく好みの味です。
 


スープを味わう

 
マーコ氏:「えっ、こんなに濃厚だったっけ!?」と思わず声を発してしまうほどのスープ。これは、家系ナンバーワンの「超ストロングスープ」と言ってしまってもいいかも。
 


麺をすする喜び

 
編・広瀬:スープにはしっかりとした濃厚さがありますが、味自体は濃すぎることなく優しいです。くさみもあまり感じません。チャーシューは歯で簡単にかみ切れるくらいのやわらかさ。ざく丼の角煮はとってもジューシーです!

編・大日方:つけ麺はゆで具合も好みで、スープとよく絡んでどんどん箸が進みます。スープ割用のスープが、薄めていない濃厚なスープなのには驚きました。これは今まで見たことがありません。
 


スープ割用のスープは、まったく薄めていないそうだ

 
編・広瀬:つけ麺のスープは、ラーメンとは異なりトロっと感はなく酸味がありさっぱり(店長によると酢が入っているとのこと)。ゴマとネギのアクセントがよいです。縮れた麺がよくスープにからみます。

マーコ氏:家系ラーメン店のつけ麺と言えばガッカリするモノも多いですが、これは絶品。割りスープが、ラーメンの濃厚スープなのもすごい。「大桜」さんは、どこまで濃厚パワーを与えてくれるのでしょうか(笑)
 


店長とスタッフのみなさんをパチリ!

 
実食を終え、店長に今後の夢について伺うと、「自分より若いスタッフの成長を望んでいます。これまでにも、独立して自分の店をもった者は多いんですよ」と話してくれた。

最後に店長に、「このあとこのお店と、佇まいやメニューがそっくりだという『じれっ亭』さんに取材に行くのですが、ご存じですか?」と伺ってみると、「長年の仲間同士ですよ。詳しくは直接聞いてみてください」と答えてくれた。

・鶏油(チーユ)の量 ★★
・しょうゆ感 ★
・豚骨感 ★★★★★
・麺 非公開
 (★=5つが最大)
・ライス 200円 半ライス 100円
 
 
2軒目のじれっ亭はラーメン大桜とそっくり・・・?≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

「せんだい」の新店が横浜駅西口にオープン! 初日の様子は?

上大岡駅前で“気軽な贅沢”。日本庭園と癒しの空間が自慢の「懐石 花里」はさまざまなシーンで利用できる

  • PR

「家系“直系風”の味を追求」する2店舗を徹底調査

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

赤レンガ倉庫「レモンサワーフェスティバル」で、100種類のレモンサワーが出現!?

手作りの優しさに包まれて、ゆっくりとティータイムを。気軽にチョークアートを体験できるのも魅力!

  • PR

横浜のふ頭に数軒ある「波止場食堂」。女性一人でも大丈夫?

野毛の歴史を知り、温かな想いが宿る居酒屋さん。お1人様のカウンター利用から80名対応のお座敷宴会まで

  • PR

新着記事

相模原の相模川沿いに点在する「ヤツボ」という水場の正体とは?

    • 面白かった90
    • 面白くなかった2
    • コメント1
  • 2019年05月24日

神奈川区神大寺にある「稲見鉄道模型製作所」ってどんな場所?

    • 面白かった72
    • 面白くなかった0
    • コメント0
  • 2019年05月25日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

価格、ボリューム、格式ばらない雰囲気・・・ 日本料理の“常識”を覆す名店「別亭空海」

  • PR

あなたと地域の橋渡しをしてくれる、地域愛あふれる「街の法律家」におまかせ! 「田近淳司法書士事務所」

  • PR

不器用でも完璧に作れるの!? 指輪が手作りできる「工房スミス」で結婚指輪作りに挑戦

  • PR

「通院」が「お出かけ」に! 「また来たい」と思える、地域のニーズをかなえた歯科医院「オリーブ歯科」

  • PR

財産を「負の遺産」にしないために! 相続税の相談・対策なら、関内駅徒歩2分の「北川孝税理士事務所」

  • PR

年中無休体制、本当に「手厚い」ケアができる「ベルジェ動物病院」

  • PR

予約不要で即日修理!「iPhone修理のクイック 横浜西口店」

  • PR

手作りの優しさに包まれて、ゆっくりとティータイムを。気軽にチョークアートを体験できるのも魅力!

  • PR

アンティークウォッチの世界、のぞいてみませんか? マニアだけでなく初心者にオススメする、その魅力とは

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • かつて浦島小学校に山下清画伯が訪れたことがあったそうです。その時に油性ペンで描いたスケッチ画三点が校...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

あなたはどう思う?

リニューアルしたトップページの感想は?

最近のコメント

アクセスランキング