検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末
  • 3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
  • 魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
  • 横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜

ココがキニナル!

取材の打ち合わせで「メニューや佇まいがそっくりなお店があり、しかもその関係性がよく分からない」との情報が上がった。これは行かねば。ということで今回は、「ラーメン大桜」と「じれっ亭」をご紹介。

  • LINE
  • はてな

2017年04月25日

ライター:はまれぽ編集部

ラーメン大桜 十日市場本店

最初に伺ったのは、JR横浜線十日市場駅より徒歩5分ほどの大通り沿いに店舗を構える「ラーメン大桜 十日市場本店(以下:大桜)」。道路を挟んだ反対側には駐車場も完備している。
オープンしたのは1997(平成9)年7月27日。この地で20年近く営業を続ける老舗店だ。

 

「大桜」に到着


席数は33席。(カウンター13席)


豊富なメニューは、味のある文字で書かれている

 
店長の橋本繁男(はしもと・しげお)さんは、もともと寿司職人をしていたそうだが、おじさんとこの店のオーナーが知り合いということもあり、その紹介でこの店に入ったという。すでに20年近く働いており、今は2代目店長を務める。
 


物腰柔らかな橋本さん

 
橋本さんによると、「オーナーが当時、某家系ラーメン店で働いていた初代店長と始めた店が『大桜』です。オーナーが店のコンセプトを、初代店長が味を決めました」とのこと。

その味の特徴について伺うと、「スープの濃さが売りですが、決してインパクト重視ではありません。素材を吟味し、オープン当初から味は変わっていないと思います」と話す。
 


ラーメン談議に花が咲く

 
今でこそ多店舗展開でも知られる「大桜」だが、本店かつ1号店であるこの店のオープンにあたっては、経営が軌道に乗るまでオーナー自らがレジや配膳を行っていたこともあるそうだ。
「オーナーは個性的な人で、メニューや店内に飾られているパネルの文字もご自分で書かれているんです」と橋本さん。

 


オーナーの筆によるパネル。着丼までのひとときふと眺めてしまいそう

 
メニューについてお伺いすると、開店当初から提供しているのは「ラーメン(720円)」と「つけ麺(720円)」で、その後、徐々に増えていったそう。ラーメンが一番人気だが、そのラーメンに味噌を加えるトッピング「みそ味(100円)」や、ごはんに豚角煮をあしらった「ざく丼(360円)」も人気だ。

「あかねちゃん(ネギ+ピリ辛ダレ、300円)」、「あかもちゃん(もやし+ピリ辛ダレ、300円)」といったユニークなネーミングのメニューも楽しい。

 


カウンター前のメニュー。これもオーナー筆

 
客層は成人男性客に加えて、女性やファミリー客も多いとのことで、取材日も女性だけのグループや親子連れの姿が目立った。



実食レポート

実食するのは、この記事と同じ面々。今回は「ラーメン」と「ざく丼」、「つけ麺」を試食せていただくことにした。

 

麺は「大手ではなく独自の仕入先の麺」を使用しているとのこと

 
寸胴をかき混ぜる


注ぎ込むスープと立ち上がるゆげ


着丼


ラーメン


スープ


麺をリフトアップ


角煮が横たわる「ざく丼」


つけ麺

 
それではいただきます!

編・大日方:とてもガツンとくる味。スープは濃く、麺に絡みついて混然一体となっている感じです。でも、濃いけど後に残らない。個人的にすごく好みの味です。
 


スープを味わう

 
マーコ氏:「えっ、こんなに濃厚だったっけ!?」と思わず声を発してしまうほどのスープ。これは、家系ナンバーワンの「超ストロングスープ」と言ってしまってもいいかも。
 


麺をすする喜び

 
編・広瀬:スープにはしっかりとした濃厚さがありますが、味自体は濃すぎることなく優しいです。くさみもあまり感じません。チャーシューは歯で簡単にかみ切れるくらいのやわらかさ。ざく丼の角煮はとってもジューシーです!

編・大日方:つけ麺はゆで具合も好みで、スープとよく絡んでどんどん箸が進みます。スープ割用のスープが、薄めていない濃厚なスープなのには驚きました。これは今まで見たことがありません。
 


スープ割用のスープは、まったく薄めていないそうだ

 
編・広瀬:つけ麺のスープは、ラーメンとは異なりトロっと感はなく酸味がありさっぱり(店長によると酢が入っているとのこと)。ゴマとネギのアクセントがよいです。縮れた麺がよくスープにからみます。

マーコ氏:家系ラーメン店のつけ麺と言えばガッカリするモノも多いですが、これは絶品。割りスープが、ラーメンの濃厚スープなのもすごい。「大桜」さんは、どこまで濃厚パワーを与えてくれるのでしょうか(笑)
 


店長とスタッフのみなさんをパチリ!

 
実食を終え、店長に今後の夢について伺うと、「自分より若いスタッフの成長を望んでいます。これまでにも、独立して自分の店をもった者は多いんですよ」と話してくれた。

最後に店長に、「このあとこのお店と、佇まいやメニューがそっくりだという『じれっ亭』さんに取材に行くのですが、ご存じですか?」と伺ってみると、「長年の仲間同士ですよ。詳しくは直接聞いてみてください」と答えてくれた。

・鶏油(チーユ)の量 ★★
・しょうゆ感 ★
・豚骨感 ★★★★★
・麺 非公開
 (★=5つが最大)
・ライス 200円 半ライス 100円
 
 
2軒目のじれっ亭はラーメン大桜とそっくり・・・?≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

「せんだい」の新店が横浜駅西口にオープン! 初日の様子は?

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

「家系“直系風”の味を追求」する2店舗を徹底調査

職人の味を気軽に味わう! お祝いにも、いつもよりちょっと特別な時も、みんなで行きたい「松葉寿し」

  • PR

横浜周辺で、昼からお酒の飲める店を教えて!

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

JR関内駅の近くに、元国鉄マンが経営する鉄チャン居酒屋がある?

「人をもてなす」基本中の基本に忠実だからこそ再訪を誓う。「焼肉おくう横浜本店」

  • PR

新着記事

らぁ麺ランナーズ! 藤沢の「鴇(TOKI)」店主、第四走者・横山巧

    • 面白かった39
    • 面白くなかった1
    • コメント1
  • 2018年09月22日

【編集部厳選】昨日のアド街ック天国は「横浜」! はまれぽも横浜発祥の文化をご紹介!

    • 面白かった41
    • 面白くなかった2
    • コメント0
  • 2018年09月23日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜
横浜・神奈川のお出かけ情報

はまれぽ編集部のイチオシ

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

  • PR

結婚相談所って怪しくない?「マリッジクラブ ウィッシュ横浜」で結婚相談所の疑問を徹底解決してきた

  • PR

患者さんの痛みと向き合い、快方へと導く確かな腕。泉区「白百合治療院」

  • PR

野毛の歴史を知り、温かな想いが宿る居酒屋さん。お1人様のカウンター利用から80名対応のお座敷宴会まで

  • PR

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

中華の街横浜で人気の絶えない繁盛店の秘密を探る! 

  • PR

JAZZの生演奏を聴きながら、昔ながらの手作り南欧料理に舌鼓。横浜駅西口「エルスウェーニョ」

  • PR

思わず働きたくなる! 社員満足度ナンバーワンを目指し、業界の“当たり前”に挑戦し続ける横浜の運送会社

  • PR

看板犬も人気のお店!元町5丁目にあるヘアサロン「aimable aime(エマーブルエメ)」

  • PR

白楽の地にて24年。「信頼と信用、約束は必ず守る」を大切にする「株式会社ユナイト」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 二俣のジョイナステラスのエスカレーターが右側通行になっていることに何か違和感を感じるのですが、まあそ...

  • 着々と準備が進んでいる相鉄の都心直通プロジェクト、「京王ライナー」や「S-TRAIN」のような座席指...

  • LAやマンハッタンで大人気のウマミバーガー。日本での2号店が横浜の、それも最大競合のシェイクシャック...

あなたはどう思う?

横浜で紅葉を感じるならどこ?

最近のコメント