ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

年末年始に食べるべき極上の一皿
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    近くのスーパーにマリノスのポイントカードが販売されています将来プレミアがつく可能性あったりするかもしれませんがこうしたカードで一番高かったカードぱいくらぐらいですかまた マリノスでぱ どれだけの広告収...

    ほっとさん

    横浜に いろんな広告のバスが走ってますよねどんなものあるのか知りたいし 珍広告載せていたりしていたら それも゜見てみたい調査お願いします

    ほっとさん

    横浜は日本の中でもっとも物価が高い地です去年も今年も 食べ物の価格が急激な変動で高くて 手が届かないもの多くなりました横浜のそうした野菜 魚 ほか 高くなっている価格のもの 安くなっている価格のもの ...

    ほっとさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
2位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
3位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
4位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
5位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
6位
【編集部厳選】あんあんあん! やっぱり大好き! 焼き鳥ちゃん!
7位
1ヶ月間しか食べられない!? 上海蟹の美味しさを中華街で検証!
8位
早朝6時から反町に漂うコーヒーの香りの正体は?
9位
【はまれぽ名作選】店名に横浜とつくのに他県の方が店舗が多い?横浜西口五番街のたいやき屋さん「横浜くりこ庵」に突撃!
10位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
11位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.6』~「ウイスキートディ」と常連さん~
12位
【はまれぽ名作選】テレ東の「大食い王決定戦」のニューヒロインVSライター・クドー、3kgの唐揚げを完食できるのか?
13位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
14位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
15位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
16位
超個性派横須賀B級グルメパン「ポテチパン」とは?
17位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
18位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
19位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
20位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
21位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
22位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
23位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
24位
横浜生まれのバナナってどんな味!?
25位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
26位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
27位
鎌倉・小町通り、盛りがすごいと噂の老舗カレー店「キャラウェイ」に突撃!
28位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
29位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
30位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

取材の打ち合わせで「メニューや佇まいがそっくりなお店があり、しかもその関係性がよく分からない」との情報が上がった。これは行かねば。ということで今回は、「ラーメン大桜」と「じれっ亭」をご紹介。

ライター:はまれぽ編集部 (2017年04月25日)

じれっ亭

東急田園都市線の鷺沼駅から徒歩13分ほど、東急バス三田橋バス停より2分ほどの場所に店舗を構えるのが「じれっ亭」だ。店舗裏には駐車場も完備。オープンしたのは1998(平成10)年。こちらもまもなく開店20年を迎える老舗店だ。

 

「じれっ亭」に到着


「辛麺(からめん)」がキニナル


席数は16席。(カウンター11席)


・・・あれ? このメニューどこかで見たような?

 
店長の日高巧(ひだか・さとし)さんと、森田祐介(もりた・ゆうすけ)さんにお話を伺った。

日高さんは宮崎県出身の30歳で9年前から、森田さんは大阪府出身の25歳で8年前からこのお店で働いているそうだ。お二人とも、上京してから家系ラーメンの存在を知ったそうだが、すぐにそのとりこになった。
 


日高さん(店長・右)と森田さんをパチリ

 
修行時のエピソードをお伺いすると、「思ったよりも力仕事だし、『こんなにお客さんで混雑するのか?』と驚きの連続でした。メニューもいろいろあるので、バラバラのタイミングで注文が入ると、最初はオーダー裁くだけでも大変でした」と日高さん。

「意識が変わってきたのはスープづくりを任されたころから。スープは3日かけて作るのですが、最初はダメ出しばかりされていました。ようやくまともに仕込みができるようになって、改めてお客さんがおいしそうに食べているのを見たとき、すごくテンションが上がったことを覚えています」とニコニコしながら語ってくれた。
 


3日間かけてつくるスープ

 
ここでキニナル“メニューや佇まいがそっくりな”「大桜」との関係について聞いてみた。

「実は『じれっ亭』の親会社が『緑製麺所』という製麺業を営んでおり、『大桜』さんには開店当初から麺を卸しています。それで、うちでもラーメン店を出店したいという話が持ち上がった時に、『大桜』さんにお願いして職人さんに来ていただき、手ほどきを受けたと聞いています。いわば“親戚”みたいな関係なんです。ちなみに開店当初はまったく同じレシピのラーメンを提供していました」とのこと。
 


緑製麺の麺箱

 
「メニューの文字は、いまだに『大桜』のオーナーさんに書いてもらっています」とのことで、両店の友好的な関係は現在でも続いているそうだ。
 


左が「大桜」、右が「じれっ亭」のメニュー。そっくり!

 
日高さんに現在の「じれっ亭」の味にについてお伺いしてみると、「開店当初の味からは変化してきています。というか、積極的に変えてきました。お店の所在地が住宅地ということもあり、ファミリー客が多いんです。お客さんのニーズに合わせた、あっさりとした味を追求してきました」。チャーハンやお子様ラーメンなどは、お客さんからの要望でメニューに加えたとのこと。
 


近所の小学生からの感謝状

 
辛麺は日高さんと森田さんが中心となり、考案したメニューなのだが、実は日高さんは辛いものが苦手なため、試食はおもに森田さんにお願いして作り上げたそう。
しかし、これまで提供してきた“家系ラーメン”というカテゴリーから異なったラーメンであっても、積極的に新しいメニューを作り出していくところが、同店の最大の特徴なのかもしれない。



実食レポート

「ラーメン(685円)」と、非常にキニナル存在の「辛麺(800円)」をいただくことにした。

 

タレをどんぶりに


麺をゆで・・・


スープを注ぎ込む


ノリをセット!


ラーメンが完成! 着丼


スープ


麺をリフトアップ


辛麺も着丼

 
それではいただきます!

編・大日方:ラーメンは、優しく澄んだスープですね。個人的に今まで食べた家系ラーメンの中で、もっともすっきりとした味わいだと思います。

マーコ氏:ライトな味わいで、「大桜」のスープとは180度異なります。もともと同じ味だったとは信じられないくらい。でも、食べやすい反面、正直インパクト不足感はあります。
 


「すごくさっぱりしています」

 
編・広瀬:メニューを見ると「大桜」と同じ? とも思えるのですが、ラーメンはまったくの別物ですね。ベースのとんこつの味は似ていましたが、さっぱりとした印象のスープで「大桜」のようにトロっとしてません。でも、麺にスープがよく絡みます。

編・広瀬:辛麺はピリッとした辛さがあとを引きます。具材の“そぼろ”を余すことなく食べることができる金属製のレンゲが付いてくるのは、とっても親切。
 


「辛ウマ」です

 
編・大日方:あくまでもピリ辛で、“激辛ラーメン”ではないです。これはもう家系ラーメンとは関係のない「じれっ亭」のオリジナルメニューですね。

実食を終え、今後の夢について伺うと日高さんは、「社長に認められて独立したい」ときっぱり。森田さんは「さらにがんばって店長を目指したい。この店から独立した先輩たちも、この店に食べに来るので、引き継いだ味を守りつつも新しいことにもチャレンジしたい」と意気込みを語ってくださった。
 


店頭で2人をパチリ

 
・鶏油(チーユ)の量 ★★
・しょうゆ感 ★★
・豚骨感 ★★
・麺 緑製麺(特注品)
・ライス 235円、半ライス125円
 (★=5つが最大)



取材を終えて

同じ味からスタートしたお店でも、立地やお客さんのニーズによって「味は変化(適応)していく」ということを感じた取材だった。でも原点は忘れないことが継続していくことができる秘密なのかもしれない。次回は、「新規開店! 最新の家系ラーメン事情」を掲載する予定だ。


―終わり―
 


取材協力

ラーメン大桜 十日市場本店
住所/横浜市緑区十日市場町838-1
電話/045-981-8545
営業時間/11:00~翌2:00
定休日/なし

じれっ亭
住所/川崎市宮前区有馬5-18-22
電話/044-888-0093
営業時間/11:00~翌2:00
定休日/なし
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


この記事どうだった?

面白かった 140 面白くなかった 213

おすすめ記事


ピルたかさん2017年05月01日 16時45分
家系甲子園的なやつどうなったん?www
そう思う 28 そう思わなかった 0
馬面さん2017年04月28日 20時01分
またマーコか。
そう思う 49 そう思わなかった 2
Tinさん2017年04月28日 13時35分
以前から関係が気になってたので、なぞが解けてスッキリとしました。というか、キニナル投稿すればいい良かった。
そう思う 10 そう思わなかった 4