検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • はまれぽ.com無料掲載について
昭和レトロな雰囲気の「フジサワ名店ビル」の歴史と現在に迫る!

ココがキニナル!

藤沢駅近くの名店ビルの中庭に謎のボックスがあります/藤沢のレトロな駅隣接ビル、名店ビルが気になる。中に入ると昭和ぽいし広場には街頭テレビがあるし、本当に名店沿いかも(カープさん/そろそろ旅さん)

はまれぽ調査結果!

1965年創業の商業ビルで現在は34店が出店。「魚つる」「みのるうなぎや」「有隣堂」は創業以来営業している。中庭の謎のボックスはテレビだった!

  • LINE
  • はてな

2018年05月28日

ライター:大和田 敏子

藤沢駅に隣接したレトロな雰囲気の「名店ビル」があるらしい。さらに、「中庭に謎のボックスがある」 というキニナル情報も。
一体、どのようなビルなのだろう。そして、謎のボックスの正体は? その歴史と現在を知るべく、取材を開始した。
 


向かったのはJR藤沢駅

 
南口を出るとすぐに、フジサワ名店ビルが見える。
 


フジサワ名店ビルは南口から直結!

 
茶色いタイルの外壁に、懸垂幕に書かれた広告が並ぶ。たしかにレトロな雰囲気!
どのくらいの歴史があるのかキニナルところだが、まずは投稿にあった中庭を見に行くことに。
 


時刻は午後2時。ビルに囲まれた中庭には人々がくつろぐ姿が

 

謎のボックスはどこだろう?
 


あった! シャッターが閉まった箱のようなものが

 
これがきっと、投稿者が言う「謎のボックス」に違いない。一体、何なのだろう?
 
 
 
中庭にある謎のボックスの正体は?
 
株式会社フジサワ名店ビル、事務長の井下清(いした・きよし)さんに話を伺った。
 


井下さん、よろしくお願いします!

 
まずは、キニナル謎のボックスについて質問すると、井下さんは「ああ、あの鳥小屋のおばけみたいなのはテレビです。観覧できる時間を決めていて、その時間になるとシャッターが開く仕組みになっているんですよ」と教えてくれた。

なるほど、そういうことだったのか。テレビ画面がオープンになるのは、午後12時~午後1時と午後4時30分~午後7時30分の間とのこと。

「昼のひと時、夕方買い物帰りや仕事帰りのひと時に、広場を利用していただきたいと考えています。公共の場なのでCMなどが入らない環境にと、基本的にはNHKの番組(ニュース)を放映しています」と話してくれた。

午後4時30分少し前に中庭に行き、その様子を撮影した。
 


おお~! シャッターが自動で開き始めた

 


シャッターのオープンとともに映像が現れる
 

広場の人たちも、心なしかテレビ画面に目を向けている!?

 
 
 
フジサワ名店ビル誕生、名称に込められた想い
 
あらためて、歴史について伺う。
フジサワ名店ビルの創業は、1965(昭和40)年11月20日。1961(昭和36)年に公布施行された防災建築街区造成法に基づき、行政指導・協力によって建設された。
 


1962年の藤沢駅南口周辺。ピンクで囲んだのは藤沢391番地

 
商店が密集していて火災などが起きた場合、非常に危険だったため、再開発が計画され、地権者が組合を作ってビル建設に動いた。藤沢391番地には、フジサワ名店ビル、ダイヤモンドビル、CDビルが建設され、後に「391街区」を形成した。こちらについては後ほど詳しく説明する。
 


ビル建築以前の藤沢駅南口周辺(画像提供:フジサワ名店ビル)

 
話を「フジサワ名店ビル」に戻すと、当初は、オーナーらの名字(山岸、山口、山田)に共通する「山」にちなんで「みやまビル」と呼ばれていたようで、オープン時のシンボルマークは、「山」の形をイメージしたものだった。現在は四葉のクローバーのマークに変っている。
 


オープン時の様子。横断幕の中ほどにシンボルマークがある(同)

 
JR藤沢駅南口初の複合ビル建設で、「地元の名店はもとより、横浜や東京からも多くの名店を出してもらおうという想いから『フジサワ名店ビル』と名付けられたようです」と井下さん。

7階建てのビルで、地下フロアには生鮮三品、1階には東京名店街があった。書籍、レコード、模型、写真などと多岐にわたる60店舗以上が出店。横浜の老舗「不二家」も出店しており、1階にケーキ店、中2階にレストランがあったそうだ。
 


なんと、屋上には観覧車もあった!(同)

 


にぎわう「東京名店街」(同)

 
開店イベントの商品告知だろうか、「ボーイングジェットで京都泊ご招待」とある。そんな時代だったのかな~と、昭和40年代に思いを馳せた。
 
 

名店ビル建設後の藤沢駅周辺は・・・キニナル続きは次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

南太田のドンドン商店街のそばにあるレトロな雰囲気の漂う建物は

「海見え」「海近」物件多数! 通勤可能な海辺の住まいなら「湘南海辺不動産株式会社 湘南辻堂不動産店」

  • PR

横浜を代表する近代建築、山下町のレトロモダンな「インペリアル

プロフェッショナルがあなたを美しく演出し撮影。わくわくする体験と心に残る写真で、もっと元気な日々へ!

  • PR

川崎にある木造の超レトロ商店街「小向マーケット」って?

介護を軸に、新たなコミュニティ構築を模索する、中区石川町「ケアステーション・デイサービス ふれ愛」

  • PR

【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(6月2日~6月8日)

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

新着記事

横浜有数の歴史ある南区真金町の遊郭街のありし日の姿とは?

    • 面白かった158
    • 面白くなかった3
    • コメント3
  • 2018年12月10日

【編集部厳選】横浜名物の鍋料理はある? あったか~いお鍋を食べよう!

    • 面白かった10
    • 面白くなかった6
    • コメント0
  • 2018年12月09日
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

人に馴染み、家族に寄り添うオリジナル無垢材オーダー家具と空間演出なら「3rd 東戸塚店」

  • PR

野毛の歴史を知り、温かな想いが宿る居酒屋さん。お1人様のカウンター利用から80名対応のお座敷宴会まで

  • PR

ここはローマ下町のトラットリア!? 本格的なローマ料理を気軽に楽しめる「リオス ボングスタイオ」

  • PR

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

横浜市内に笑顔増殖中! 陽気な外国人スタッフが家の困りごとを一気に解消「アミーゴ家事サービス」

  • PR

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

環境を考えること=クリエイティブ!? 中高生がゴミを作品に生まれ変わらせる「かんきょう文化祭」

  • PR

タイヤ販売から車の修理、日本初? のタイヤプリントも。 タイヤのかかりつけ医「タイヤセンター戸塚」

  • PR

賃貸でもこだわりのマイホームを実現! 家族の健康を大切にしたお部屋探しなら「有限会社アーク・ケイ」

  • PR

走ることが自己表現だった、あの頃・・・当時のバイクをビンテージとして復刻する「スキャン」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 山元町の「フライ屋さかい」さんが12月11日(火)に閉店してしまうそうです。閉店前に最後の取材お願い...

  • 綱島街道沿いにあった綱島温泉の石碑、あやうく処分されそうになった所を間一髪で県会議員の事務所が一時的...

  • 僕んちの近所、浅間町3丁目に駒ケ獄不動尊という宗教施設?があります。ポケストップになるまでは名前すら...

あなたはどう思う?

年末年始はどこで過ごす?

最近のコメント

アクセスランキング