検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

上星川駅前のマンション「ルネ上星川」がかっこよすぎます。エスカレーターや渡り廊下など、内部がどうなっているか見てみたいです。(ときさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

迷いそうなほど複雑でした!斜めに上がるのは、エスカレーターではなくエレベーターでした。

  • LINE
  • はてな

2012年01月26日

ライター:吉岡 まちこ

どうやって動いているのだろう?

エレベーターが動くと、壁沿いのワイヤーみたいな物がスルスル伸びるのに目が行く。
 

エレベーターの動きと一緒に、カーテンのように伸び、降りると縮む


別の日にエレベーターのメンテナンスの方に聞いたところ、これは最上階の機械室とつながっている電気のケーブルだそうだ。

引っぱり上げるワイヤーじゃないとすると、どうやって動いているの?
「縦に動く普通のエレベーターは箱の裏側に“釣り合いおもり”が上下しているんですが、斜行エレベーターでは、おもりはレールの下を通っているんです」という解説。エレベーターのしくみがなかなか理解できない筆者に、管理室の方も加わりみんなでわぃわぃ説明してくださる。

下の写真に見える青いタイヤで走る木の板がおもりというわけ。箱根のケーブルカーがちょうど真ん中で、上行きと下行きがすれ違うことでバランスをとっているのと同じだと聞いて、納得。
 


レールの下を通るおもりと、ちょうど真ん中ですれ違う瞬間!




エレベーターを降り、ここからがさらに驚き

最上階に着いた。とりあえず出る方向は一つしかないので、ついて行ってみることに。
するとなんと! ふつうに外に出てしまったでは。
 

最上階は自然がいっぱい。舗装された小路や桜の並木もあって、まるで町の中


下の国道から、エレベーターで直行だと1分45秒。そこは鳥のさえずる別世界だった。
マンションの提供公園がすぐ横に2つもあるが、防犯上の理由で今は行き来できなくなっている。つまりここで行き止まり。
 


それにしてもこの贅沢な眺め…! ここで見る花火大会は住民だけの特権だ


最上階から見おろす建物の美しさも、すごい。日本じゃないみたい。
 


ちょっと視線を上に向けるとエーゲ海が見えそう…
 

ぁぁ違うやっぱり日本だった。でもすごい眺望だ


トルコのカッパドキアにある洞窟ホテルみたいに、横穴のアーチの奥に玄関扉がある。

質問にもあったように、上の写真で階段上を横切っているものが“渡り廊下”みたいに横断して見えるが、実は部屋が飛び出しているデザインだった。
広いベランダを持つ部屋も多そうだが、こんなに広いらしい。
 


ここに家を建てちゃいけないのかな。もちろんいけません
(写真提供/「横浜空間」の過去物件より)


各階でパブリックの部分を歩いてみると、いろんな表情を見せ、同じ光景がない。
素敵な一角がいっぱいあるがプライバシーの問題上、このくらいが限界なのが残念。
 

まるで迷路。本当にエキゾチックだ。エレベーターの下をくぐるトンネルだ
 

よく見ると部屋のデザインが何通りもある。設計者には本当に感服してしまう




取材を終えて

ルネ上星川ができたのは約25年前。この凝りに凝ったデザインは、まさにバブルの申し子だ。
完成当時、建築雑誌『新建築』でも採り上げられ、建築学会でも随分評判になったそうだ。

丸24年たってもポピュラーなタイプで2,500万円はなかなか下らず、今でも「ルネ上星川はあいていませんか?」という問い合わせが不動産会社にあるくらい。年に数回、売りが出るようなので興味ある方は不動産会社に聞いてみるといいだろう。

こうした丘の傾斜をそのまま利用した建築物は、今では緑地保全の観点から横浜市は推奨していない。
斜行のエレベーターも今は製造されていないそうだ。
平地にすれば膨大な戸数になる所をあえて斜めにし、しかも入り組んだ複雑なデザインを完成させた。こんな贅沢なマンションはもう建つことはないだろうなと感じた。


― 終わり ―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 私はこのような階段状マンションが大好きで間取り図が大好きな間取りストです。間取りストから見てもとても興味の尽きないマンションです。時々この前の道の16号を通りますがその都度ちらちら横眼で見ては『美しい~』と感動しています。そしてこの記事!!仕事柄いろんなマンションにお邪魔しますがここに行くことはないだろうとあきらめていましたが・・!すごいですね~、ほんと美しい。でも・・よく見ると近所の窓がすぐ目の前だったり・・してますね。でも、すばらしい!いいもの見せていただきました。ありがとうございます。

  • 「ちょっと視線を上に向けるとエーゲ海が見えそう…」まさに!そう思う。

  • 横浜ではよく見かける、山の斜面をうねうねと覆うコンクリの擁壁は怖いと思うけど、こういうはいいな。自分も住みたいと思った。

もっと見る

こんな記事も読まれてます

全くふれあえない南区「ふれあいの樹林」とは?

8月から始まる横浜の水陸両用バスの詳細は?

ちょっとマニアックな横浜クイズ vol.16

「ハマスタ」に座間市のマンホールがポツンとある理由は?

開創145年の歴史を持つ「野毛のお不動さん」こと、成田山横浜別院に完成した新本堂の内部と法要の様子をレポート!

日ノ出町駅近く、大岡川沿いの「川の駅」は一体何に使われているのか?

根岸に残る「疎開道路」、名付けられたその理由は?

横浜で初の市民参加型フルマラソンが開催決定!その詳細は?

おすすめ記事

親しみやすさが良いところ。はま旅Vol.14「星川編」

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

  • PR

星川にある激渋の床屋さんに行くと、どんな髪型になる?

ペットを飼う前から相談できる!? 一生つきあっていきたい「三ツ池動物病院」

  • PR

横浜で初の市民参加型フルマラソンが開催決定!その詳細は?

老舗不動産店ならではの実績と信頼。相続した物件、管理に迷ったら、ぜひ相談したい「クローバーライフ」

  • PR

六角橋商店街で起きた火事の被害状況は?

杉田駅直結! ジム&スタジオで体を動かし、岩盤浴で至福のリラックスタイムを「ロコスポーツ杉田」

  • PR

新着記事

元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

日本「シウマイ」販売の元祖「博雅亭」の味を引き継ぐ「博雅のシウマイ」に密着! アレンジレシピは必見!

  • PR

屋形船って2人でも乗れるの? 「屋形船すずよし」で横浜みなとみらいの夜景を満喫してきた

  • PR

【スタッフも募集中】「東宝タクシー」の新しい取り組みがすごすぎる!鶴見の名所巡りをしながら聞いてきた

  • PR

残業後でも間に合う! お手入れしやすいヘアスタイルをトップレベルの技術で実現する「TAKASHI」

  • PR

横浜でリーズナブルにマイホームを持つ1つの方法

  • PR

親子の物語が紡ぎ出す絶品料理の数々!およそ150品目のメニューをそろえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

子どもの放課後をもっと楽しく、もっと有意義に!保土ケ谷区の民間学童保育「マックス・キッズ・プラザ」

  • PR

気功で痛みを和らげる!? 「横浜元気整体院」のイタキモチイイ悶絶級の施術を徹底レポート!

  • PR

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

  • PR

腰痛で悩んでいる人は必読! 腰の痛みを改善するには生活習慣や体質も変えなきゃいけないって知ってた?

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 以前、鎌倉小町通りの「食べ歩き禁止条例」についてレポートされていました。今日、小町通りの少し脇道に入...

  • 綱島に、オールハンドで頭を揉みほぐしてくれる完全予約制の個室プライベートサロンが出来たそうです。水色...

  • 相鉄線、星川駅が高架され令和3年度にかけて星川駅南口の整備の計画があるようです。バス路線の検討も行わ...

あなたはどう思う?

横浜市内で遊びに行くならどこが多い?

最近のコメント

アクセスランキング