検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ちょっと凝ったつくりの元町・中華街駅ホームは誰が作った? そして高すぎる天井の電球はどうやって交換しているのか、徹底調査

ココがキニナル!

元町・中華街駅のホームのほぼ中央はかなり天井が高くなっていますが、あの上の照明の交換はどのように行っているのか、行くたびにキニナルので横浜高速鉄道に取材してください。(ロイヤルさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

高さ13.5メートルの天井に設けられた照明には電動昇降機が付いており、電球交換やメンテナンス時には手が届く高さまで下ろして作業している

  • LINE
  • はてな

ライター:菱沼 真理奈

いよいよ電球交換の現場見学へ!?



そしてこの日の取材から十数日後、電球交換の見学を待つ筆者に糸口さんから電話がかかってきた(以下、電話の会話)。

-糸口さん「すみませんが、急きょ吉見がメンテナンスに立ち会えなくなり、現場見学はムリになってしまいました」
-筆者「ええっっ~!!??」
-糸口さん「本当に申し訳ないです。でも、一人で線路に落ちたりして事故になると大変ですから」
-筆者「絶対にホームから落っこちたりしませんから、そこを何とかお願いできませんか?」
-糸口さん「難しいですね」
-筆者「絶対にダメですか?」
-糸口さん「(キッパリ) はい」

あきらめきれず食い下がってお願いしつつも、やはりこちらの勝手なワガママというものだろう。非常に残念・無念ではあるが、仕方なく電球交換の見学はあきらめることに(泣)。
しかし、これで話は終わりではなかった。糸口さんのご厚意で、当日現場の方が撮影した作業の様子の写真を多数(100枚以上!)ご提供くださったのだ。

ではさっそく、その一部をハイライトで一挙にご紹介させていただこう。

 

天井の照明が消え、暗闇に包まれたプラットホーム
 

照明器具を昇降させる操作パネル
 

操作パネルのスイッチ。レバーを左に倒すと降下するようだ
 

おおっ~、照明器具がユニットごと降りてきた
 

エスカレーターの上から見た降下の様子
 

どんどん降りてくる
 

手の届く高さで停止
 

降りてきた照明器具。かなり大きそう
 

照明器具は天井から細いワイヤーで吊り下げられている
 

午前2時10分、いよいよ作業スタート
 

始発までの時間はわずか。迅速かつ正確に作業しなければいけない
 

電球交換の様子
 

一つひとつ手作業で交換していく
 

作業終了後、再び元の位置に向かって上昇
 

どんどん昇っていく
 

何だか宇宙的でカッコいい
 

電球の交換とメンテナンスを終えて点灯チェック
 

午前2時58分、無事に作業完了。お疲れさまでした!
 

提供いただいた写真をすべてご紹介できないのが残念ではあるが、筆者&はまれぽ編集部がイチオシの写真を厳選(選ぶのにかなり苦労しました)。臨場感あふれる現場の雰囲気と、普段見ることのできない貴重な光景をお楽しみいただけたのではないかと思う。
忙しい作業中、たくさんの写真を撮ってくださった現場スタッフの方に感謝するばかりである。本当にありがとうございました!

でも、やっぱり実際に見学してみたかった・・・(泣)



取材を終えて



今回、電球交換の様子を見学できなかったのは大変残念ではあるが、キニナル疑問の解明をきっかけに、さまざまな人たちによって同駅の保全や魅力ある空間づくりが行われているのを実感することができた。

そして、駅としての実用性とともに、この地を訪れる人たちを迎えるおもてなしの空間として、その個性を発揮しているのは大変興味深いと感じた。
横浜港開港時からの歴史博物に囲まれたタイムトンネルの空間を抜けて、地上の現代の街へと向かっていく・・・そんな時空を超えた体験ができる「元町・中華街駅」。これほど魅力的で楽しい駅は滅多にないだろう。


―終わり―


取材協力
横浜高速鉄道ホームページ
http://www.mm21railway.co.jp/index.html
 
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • みなとみらい線の全ての駅は世界的にも屈指の機能性と建築美があると思う。ほんとうに誇りに思っていい駅ばかりでしょう。元町中華街駅もアメリカ山公園口はほんとうに素晴らしい。出口を出れば関内が一望でき、すぐ傍に庭園が拡がり、山手につながる回廊は、港の見える丘公園にいくもよし、山手を散策し洋館を巡ってもよし、レストランで日常を忘れた一時を味わってもよし、おそらく横浜らしさそのものでしょう。横浜以外では味わえない空間だと思う。

  • みなとみらい線の駅ってホームに限らずコンコースも吹き抜けていたりして空間が大きいですが、何か理由があるのでしょうか。開放的なのはいいですがムダに広い駅もあったりして、エネルギー効率のうえでどうなんでしょう。それが高い運賃につながっているとか?キニナル

  • 最寄駅なので興味深く読みました。実は、数年前に仕事で糸口さんと名刺交換させていただいたこともあり(^v^)。素敵な駅でありがたいです。

もっと見る

おすすめ記事

みなとみらい線の馬車道駅の表示は、なぜ明朝体なの?

相続を“争続”としないために「民事信託」ができること。横浜・二俣川の田近淳司法書士事務所に聞いてきた

  • PR

人々の心のゆとりを感じることができる街。「元町・中華街編」

賃貸でもこだわりのマイホームを実現! 家族の健康を大切にしたお部屋探しなら「有限会社アーク・ケイ」

  • PR

横浜駅の変な名称の出口はどんな経緯で決まった?

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

  • PR

ガラガラなのに、10年待ち!? 横浜駅東口駐輪場の謎に迫る!

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

こんな記事も読まれてます

【震災れぽ2】横浜でわたしたちができることは?

横浜市営バスのマスタードライバー制度ってどんなもの?

平沼一丁目交差点にある「豆腐会館」ってなに?

【はまれぽアワード2016】今年もっとも「面白かった」キニナルを発表!

横浜市営地下鉄グリーンラインに落書き! 被害状況の詳細は?

火葬場の灰から金銀が!? 「残骨灰」を売却する横浜市の苦悩とは

横浜市のふるさと納税、「地味」な返礼品とは?

ガラガラなのに、10年待ち!? 横浜駅東口駐輪場の謎に迫る!

新着記事