検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

やっぱり今年も現れた! ただ、少し様子が違う「ギブミーチョコ男子」を徹底追跡!

ココがキニナル!

バレンタインデーといえば、横浜駅で毎年恒例になっている「ギブミーチョコ男子」。今年も現れるのか?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

昨年は5人だったが、今年はリーダーが一人だけ。しかも、チョコレートをもらうことが主目的でなく、パフォーマンスが中心になっていた!

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

「チョコ」なんです!



 


え? チョコ?
 

茶色いから、そう言われればチョコに見えなくもない。よくよく見ると、ひげこそ生やしているが、はまれぽ3年連続登場中の雲雀風太(ひばり・ふうた)さんだ。

聞くと「みんなに声をかけたけど、今年は一人なんです」とのこと。なぜサル・・・、ではなく「自称・チョコ」の恰好なのかと聞くと「今年はチョコをいただくのではなく、自分がチョコになろうと思って」と何ともつかみどころのない返事。

その真意をたずねると、今年で大学4年の雲雀さんだが「就職も決まっていなくて、卒業すら危うい状況なんです。3年続けて『ギブミーチョコ』をやったけど、結局一度も彼女ができなくて・・・」というビターチョコのように苦い言葉が返ってきた。
 


もらってほしいんだそうです・・・
 

なので、今年は道行く人からチョコをもらうのではなく、自分がチョコになりきってアピールすることを選んだという。ということで、早速アピール開始!
 


さげすんだ目で見られてますが、チョコです!
 

チョコ・・・なんだよ?
 

だれかもらってください・・・
 

すると、アピールの甲斐あってか、徐々に人だかりが。
 


「写真いいですか?」「どうぞ、どうぞ」
 


「私もチョコになりたい」
 

チョコ見学の人だかり
 

ここで、チョコを見ている人に話を聞いてみた。
「めっちゃアグレッシブ! この行動力ハンパじゃない」とリスペクトする20代男性がいる反面「かりんとうにしか見えない・・・」「中途半端。手とか肌色の部分が見えてるし・・・」という辛口10代男性のコメントも。

しかし、雲雀さんの本懐は「チョコとしてもらってもらうこと」なので、女性にも聞いた。
多くの女性は「なんか、かわいそう・・・」「売れるといいですね」と冷ややかな感じ。しかし高校生のモアナさんは「売ってるなら20円ぐらいだったら考えてもいいかも」と、30人近く聞いた中で唯一「自称・チョコ」が溶けるような温かい言葉をくれた。
 


「でも、やっぱいいや(笑)」
 

最後に、雲雀さんに「君は今後なにをしたいの?」と聞いてみた。
すると「『ギブミーチョコ』は今年で区切りにするかもしれません。将来的には芸人さんとかという意味でないんですけど、みんなを笑わすことができる『堅苦しくない大人』になりたいです」と意外に(?)真面目な答えだった。



取材を終えて



雲雀さんは「まあ、みんなに言われたら来年もまた『ギブミーチョコ』やるかもしれませんけどね」と話してくれた。
「でも、はまれぽさんの過去記事に寄せられてる意見がもっともだと思うので、人に迷惑をかけるようなやりかたはしないですよ」と屈託ない笑顔だった。

みなさん、来年以降「迷惑になっていないギブミーチョコ男子」のグループで雲雀さんを見かけたら、チョコはあげなくていいし、ましてや本人をもらってあげなくてもいいので、ほんの少しの笑顔を投げかけてやってください。


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • その行動力と肝の座った根性で、就職できるといいですね。

おすすめ記事

【バレンタイン特集】女性のホンネと男性のホンネをリアル調査

人間力を重視し将来に役立つ力を育てる年中~小学生のサッカースクール。仲間と楽しみながら基礎技術向上!

  • PR

横浜の今ドキの中高生、初デートはどこでする?

「通院」が「お出かけ」に! 「また来たい」と思える、地域のニーズをかなえた歯科医院「オリーブ歯科」

  • PR

横浜環状北線って、今どうなっているの?

普通の人が輝ける職場を! チームで最高のサービスを提供する社会保険労務士法人「D・プロデュース」

  • PR

被害総額500万円超!? 横浜中華街で中国人を狙った「催眠術のような詐欺」が発生!

賃貸でもこだわりのマイホームを実現! 家族の健康を大切にしたお部屋探しなら「有限会社アーク・ケイ」

  • PR

こんな記事も読まれてます

歴史ある弘明寺商店街の店が相次いで閉店している理由は?

横浜のエステティシャンが通うエステを探れ! 美肌には、やっぱり秘密あり

横浜に人工の島「八景島」ができたのはなぜ?

上大岡駅バスターミナルにある水が流れない男性用「無水トイレ」って一体何?

鶴見区の「環境エネルギー館」が15年の歴史に幕。これまでの感謝を込めたイベントも!

【編集部厳選】70回目の終戦記念日。今、忘れてはいけない戦争の記憶

全国初、鶴見区役所で住民のマイナンバーが流出したって本当?

横浜環状北線って、今どうなっているの?

新着記事