検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 建築系・物流(ドライバー)系の企業さまを大募集!
  • イチオシ「住む」バナー
  • はまれぽに無料でお店・会社が掲載できます!

ココがキニナル!

市営バス浅間町車庫の隣の公園に石碑があります。ある学校の先生を偲んで建てられたそうで、「TVの金八先生より教育熱心な人だった」と聞きました。どんな人物だったのでしょうか。(濱のホタルさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

先生の名は木村坦乎氏。困窮児童の救済に勤しみ、私費で学校を設立。関東大震災で命を落とすまで、子供達の未来の為に奔走し続けた教育者だった。

  • LINE
  • はてな

2012年01月03日

ライター:クドー・シュンサク

木村坦乎氏と地域教育の歴史について聞く

西区区役所近くで、木村先生の話を伺った。

 


横浜市シニア大学講師・横浜西区郷土史研究会会長の田村泰治さん


まず、石碑の綺麗さに驚いた話を切りだすと、田村さんは「木村先生を偲ぶ有志の方々が建てられた石碑で、歴史は90年近く。この地域の教育功労者であり救世主のようであった木村先生の功績は、誰もが敬意を表すもので、現在にまで脈々と受け継がれています。よって、現住の地域住民の方々が有志で綺麗に手入れして、お供えをし、石碑を守っているからではないでしょうか」と話始めてくれた。
 


報酬のある仕事ではなく、有志で守られている石碑。木村先生の温情が受け継がれている表れではないだろうか


自身も学校の教師をされていたという田村さん。地域の郷土史の趣が深く、古き良き教育と現在に至るまでの歴史に木村先生は最重要な人物とのこと。

大正3年から開校した隣徳小学校は、木村先生の尽力と、学校にいきたくても行けない貧困家庭の子供達と親の思いから児童は瞬く間に急増した。さらに、当時は昼間に働く子供達もいる実態を知ると、木村先生は夜間部の開設までして、子供達に教育の場を提供した。

その熱意に児童は増え、地域の教育は発展していったのだが、無償での運営だった為に退職金と私財の蓄えが底をついた。しかし、熱意の基に熱意は集まるもので、友人の方が「横浜貿易新報」(今の神奈川新聞)に学校の紹介と窮状を訴えた。そして、市民からの寄付金を得ることができ、存続とさらなる発展へと向かった。

 

浅間コミュニティハウスで地域の歴史講座を開いていた田村さんの話は続く


その熱意ある行動力から木村先生は、現在の民生委員にあたる横浜市の方面委員に任命され活動もしていた。
主に困窮者救済事務や相談、困窮者実態調査など広範囲にわたり地域の発展のために活動していた。

木村先生に家族はいたのかという問いに対し田村さんは、資料や書物のどれを確認してもそういった内容は残されていないという。ただ、仙台藩士のご子息だったということだけは確認できた。

そして木村先生の尽力により、地域の教育や困窮な状況が次第に上向きとなり始めた大正12年(1923年)の9月1日、2学期の始業式が終わり児童が学校から帰った昼前に、関東大震災が襲いかかった。
木村先生は、学校近くの自宅で休息をとっていたところ、倒壊した家屋の下敷きになり、命を落とした。享年71歳だった。
 


隣徳小学校の校舎が写る写真(「木村担乎先生を偲んで」のコピーより)


既存の資料では、倒壊した学校の下敷きになってお亡くなりになったとされているが、実際は校舎隣の自宅の部屋だったのが事実のよう。


取材を終え

最後に、木村先生の生前の言葉「人間は生きている間がしごとなんだ」。
命を落とすその時まで、教育者としての情熱とともに奔走しつづけた木村先生のその精神は、その後も受け継がれ、私塾であった小学校は県からの認可がおり正式な小学校として継続されていった。
のちに、横浜市立宮谷小学校の分校となり、そして合併されて、昭和16年(1941年)に廃校になった。

石碑を見てもわかる通り、再来年に没後90年を迎える現在も、木村先生の情熱は脈々と受け継がれている。
そして、木村先生の情熱や活動を模範として教育に奔走する、そういう先生はいつの時代にも必要だと感じた。


− 終わり −
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • で、隣は鄰なの?

  • 石碑を見かけたことがあって、どういう人なのか興味を持っていました。こういういい話は語り伝えていきたいですね!

おすすめ記事

横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”

受験対策はテスト対策にあらず。点数より、知ることへの興味を伸ばす「啓進塾 金沢文庫校」

  • PR

大口に駄菓子屋って今でもあるの?

目標を持って自ら中学受験へ!オリジナルテキストと徹底した過去問対策で必要な力を効果的に伸ばす

  • PR

横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?

独自メソッドで楽しく習字! 幼児でも汚さず書ける“水の毛筆”で字がきれいに!「ふでともかきかた教室」

  • PR

ラミレス監督らが小学校をサプライズ訪問! 選手寮のカレーのお味は?

ゲーム作りでやりきる力を養う。子ども向けプログラミング教室「Builder Kids Garage」

  • PR

新着記事

横浜市内ではしか患者が発生! 移動経路や麻しん予防のためにできることは?

    • 面白かった44
    • 面白くなかった1
    • コメント1
  • 2019年02月19日

横浜赤レンガ倉庫で「パンのフェス2019春」が開催! 市内の参加店舗は?

    • 面白かった34
    • 面白くなかった1
    • コメント1
  • 2019年02月20日
建築系・物流(ドライバー)系の企業さまを大募集!
イチオシ「住む」バナー
2月イベントカレンダー
--無料掲載案内--

はまれぽ編集部のイチオシ

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

想像力をかき立てるカーディーラー、港南区「スズキ上永谷オートマン」

  • PR

“世界に一着”が3万5000円から! 隠れ家サロン「EVERS SUIT」でオーダースーツデビュー!

  • PR

横浜市内に笑顔増殖中! 陽気な外国人スタッフが家の困りごとを一気に解消「アミーゴ家事サービス」

  • PR

横須賀の米軍施設を影で支える企業があった!? 日本の安全をメンテナンスする「ニッカイ」

  • PR

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

企業のヒトにまつわる問題解決を担い、企業の長期発展とともに笑顔をもたらす「横山社会保険労務士事務所」

  • PR

独自メソッドで楽しく習字! 幼児でも汚さず書ける“水の毛筆”で字がきれいに!「ふでともかきかた教室」

  • PR

型破りな教育スタイルで やる気と自信を育む「マツハシゼミナール」

  • PR

リフォームも、新築も。良い家をつくり、まもり続けて40周年、進化を続ける横浜市栄区の地域密着型工務店

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 鶴見駅東口からさとうのふるさと行きのバスが出ています。ネットでホームページを見てもかなり古く、なんと...

  • 金沢区にある富岡総合公園のすぐ近くに富岡住宅という4棟だけの団地がありますが、誰も住んでおらずなんだ...

  • 新東名が3/17に部分開通するそうです。東名と圏央道との乗り換えが伊勢原に移るので、渋滞もましになる...

あなたはどう思う?

そろそろ始まる花粉症シーズン。花粉症対策する?

最近のコメント

アクセスランキング