ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    自衛隊横須賀病院を取材して下さい。

    ホトリコさん

    2017年12月から約半年クローズしていた県立川崎図書館が2018年5月15日に溝の口で再スタートするのですが、公式サイトによれば「日曜日休館」だそうです。社会人の方も学生さんも日曜日はお休みの方が多...

    ヤマダさん

    戸塚のヤギさんについて

    kodama_koさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

2015年開業予定の相鉄・JR直通線にて羽沢駅が新しく出来ますが、駅周辺の開発等、今後どのように発展していくのでしょうか?(ぷくぷくさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

駅周辺は地域住民が中心となった「まちづくり協議会」が地区プランを
完成させたところ。具体的な開発は今後検討されていきます。

ライター:ほしば あずみ (2012年03月01日)

新駅周辺のまちづくりとは?

新駅設置にともなう環境の変化は、利便性の向上や地域の活性化といった面もある一方、自然環境の減少や農地の扱い方などへの配慮も必要となってくる。
 


新駅が設置される羽沢付近。起伏に富んだ自然環境で農地も多い


そのため行政や鉄道事業者がコーディネーターやオブザーバーとなり、地域住民や近隣の横浜国立大学職員、農業従事者等30人あまりで「羽沢駅周辺まちづくり協議会」を平成20年10月に設立。

実際にまち歩きをしたり、ワークショップを繰り返し、道路や公園などの整備の規模や手法などの要望を計画としてまとめていったそうだ。

協議会は2か月に一度のペースであわせて10回開催され、第10回目の平成22年3月の協議会でこれまでの協議会案をまとめた「羽沢駅周辺地区プラン(協議会案)」が完成した。
 


羽沢駅周辺の航空写真。農地が広がっているのがわかる


プランではまちづくりの目標を「豊かな自然と身近に触れ合うことができ、生活の利便性に優れ、安心して暮らせるまち」と定め、さらにその方針に沿った土地利用や道路等に関する目標も設定された。

特徴はやはり周辺の自然環境と農地の保全を盛り込んでいる点だという。
土地利用に関する目標として、利便性の高い都市と豊かな自然がバランスよく共生するまちを目指しているのがポイントだ。

駅周辺は生活利便施設ゾーン、農業専用地区や風致地区に指定されている場所は農地保全ゾーンとする。住宅地も駅から一定の範囲で中高層の都市型住宅ゾーンと既存のまち並みを活かす低層住宅ゾーンにわけるなどの提案が盛り込まれている。
 


地区プラン(協議会案)に盛り込まれた土地利用構想図。
※あくまでプランなのでこのまま実現するわけではない


農地や緑地に関する目標はさらに独立したテーマとしてとりあげ、営農を支援し、農地や緑地などを保全するまちを構想している。

では実際のまちづくりの進捗状況はどのようになっているのだろうか?
まちづくり協議会のプランはどの程度反映されているのか気になるところだ。

が、実はまだ協議会案ができあがったという段階でしかなく、行政による都市計画はまだこれからという状態らしい。

まちづくりの基本方針である横浜市都市計画マスタープランが現在策定から10年を経過したため全体的な見直しを進めており、その改定を待ってから作業が開始されるとのこと。

改定は今年中にはまとまる事になっているので、相鉄・JR直通線の開通および羽沢駅の開業となる平成27(2015)年に向けた開発には十分間に合う見込みだという。



取材をおえて

駅周辺の開発および保全といった都市計画はまだあくまで計画段階。
とはいえ、横浜市都市計画マスタープランの改定があったとしても住民の意見を反映させながら方針を定めるという都市計画の基本的な姿勢に変更はないはずだ。
豊かな自然の残る丘陵地帯を活かしたまちづくりを期待したい。

一方、鉄道事業側はすでに工事が進められているところだ。
 


羽沢駅(仮称)の工事現場。幅約20メートル深さ約16メートルの穴が掘られている


現在どのような工事が行われているのか、今後どのように進められていくのか、現場である相鉄西谷駅周辺と羽沢駅周辺の2ヶ所をあらためてご紹介したい。


―終わり―
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

この記事どうだった?

面白かった 954 面白くなかった 43

おすすめ記事


狐猫さん2014年03月07日 00時12分
乗り入れ先ですが、相模鉄道側に、2014年3月現在「洗面所、トイレ、の清掃設備が、湘南台駅、海老名駅、および、かしわ台基地 などに無い」「西谷駅から海老名駅と二俣川駅から湘南台駅がグリーン車に対応していない。乗務員もグリーン車に対応ていない」さらに「西谷駅から海老名駅および二俣川駅から湘南台駅とかしわ台基地で15両編成が受け入れられない」事などから、乗り入れ先も「10両以下」「トイレ洗面所は無い」「グリーン車が無い」路線=「近距離」たとえば、埼京線、総武線各駅停車、中央線各駅停車。や、山手線の一部区間、などになると思います。   湘南新宿ライン、などを受け入れるためには、最低限「西谷駅が15両編成を受け入れられて、5両の切り離しと係留ができ、トイレと洗面所の清掃設備がある」「全駅グリーン車対応」の必要性が出てくると思います。
そう思う 43 そう思わなかった 76
狐猫さん2014年03月06日 23時44分
JR羽沢貨物ターミナル近辺での旅客駅製作が3年ほど遅れるとの発表【相鉄側の発表はコチラ http://www.sotetsu.co.jp/futureinto_tokyo/pdf/130423_02.pdf】よって町作り全体も遅れるらしいです。新横浜駅や、東急線乗り入れの完成が先行する可能性が高くなって来ました。
そう思う 41 そう思わなかった 34
MKさん2012年08月19日 20時56分
先の3名が言うような形で周辺が宅地として開発されるには、農地法による農用地指定を解除した上で、市街化区域に編入する等の多くの行政手続きを踏まなければなりません。反面、現在、羽沢・峰沢周辺で営農を続けているということは、彼らは比較的意欲の高い農家と判断できます。都市部における貴重な農地を、大きな手間をかけてまでいたずらに宅地化してしまうのはいかがなものかと。一方で、総合大学の最寄りであり新横浜とも近く、また環状2号線に接続しているという立地からは、交通や流通の要衝としての期待がかなり持てるのも事実。この辺りを踏まえたうえで、市街地と農業地域との線引きをどう処理していくのかが、今後のまちづくりの課題でしょう。近隣には閑静な住宅地も分布していることも踏まえると、既存のゾーンニングのセオリーに囚われない、農・住・業務機能が複合した、ミクストユース土地利用を考える面白いフィールドですね。
そう思う 142 そう思わなかった 27