検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

北海道の消滅可能性都市5位の町で大人気のパン屋さんが、青葉区に進出したって本当?

ココがキニナル!

市が尾駅前にコッペパン専門店ができました。是非とも食レポお願いします。全種類のレポートを。(もまさん、パッチョさん)

はまれぽ調査結果!

みなみ北海道・木古内町が本店の「コッペん道土」の2号店。約30種類のコッペパンは具だくさんで大満足。ランチなら3個~4個で満腹になりそう

  • LINE
  • はてな

ライター:紀あさ

30個、重い・・・!



「全種類のレポートを」という、はまれぽらしいキニナルに応えるべく、全種類注文。同店のコッペパンは「おかずコッペ」と「お菓子コッペ」に分かれていて、10種類以上の注文をする人は多いそうだが、全種類という人はまれだそうだ。
 


いざ制覇!
 

コッペパンにジャムたっぷり、クリームもたっぷり
 

チョコレートコッペパンはチョコ2種類、北海道バタークッキー&チョコレートコッペパンは道南の観光スポットでもあり、バターなども有名な「トラピスト修道院」のクッキー!
 


チョコ好きにはたまらない、ミルク&ビターチョコの重ねあわせ
 

おかずコッペは閉じるのがもったいないほどのボリューム!
 

テキパキと、どんどんと、
 

できあがりっ
 

しあわせあふれるコッペパン
 

「ありがとうございましたー!」
 

全30種類のコッペパンを抱えて編集部に向ったのですが、重いのなんの・・・!!

この重さはパンの重さじゃありません。米袋か・・・という感じ。絶対に女性一人でマネしないでください。初乗り1キロタクシーが横浜にあったらゼッタイ乗ってた。
 


編集部に着いたらクタクタ
 



いよいよ実食


 


じゃじゃーんっ 迫力の30個7120円なり
 

パンの匂いにつられて、はまれぽの食ガール・広瀬現る
 

昔ながらのナポリタン(写真左)と、ひこま豚の焼きそばから、いただきまーす
 

この間、写真撮影担当の編集部・松山は、北海道メイプルかぼちゃを食し「パンプキンにナッツ入っていてメイプル、天才的な組み合わせ!」と感激。

最後に総評をそれぞれいうべく、シェアしてそれぞれ全種を味わう。
 


鶏ザンギ。ザンギが3つ入っているので、3人で仲良く分けた
 

次々に切り分ける
 

北海道バタークッキー&チョコレートは砕かれたクッキーが形ある部分とチョコに溶けた部分と相まって、クッキー&クリームの幸せ感。十勝あんはこしあんでなめらか、十勝あんマーガリンは文句なく美味しい。

大森町長いわく「津軽海峡冬景色の塩だね」という、みそぎの塩ミルククリームは、未知との遭遇のようでありながら、昔食べたシュガーマーガリンのように懐かしい。
 


お次はカニクリームコロッケ、二刀流な広瀬
 

カニクリームコロッケは、とろとろの舌触りでありつつ、かまぼこのようにしっかりとした歯ごたえ。キャベツメンチはメンチが肉厚。続いては北海道和牛コロッケ。キーコ食べちゃってごめんよ! と思いつつ最高級のおいしさ。
 


ラズベリードリーム(左)とラズベリーホイップの違いがキニナり、割ってみた
 

夢である「ドリーム(200円)」より、ホイップ(240円)の方が高価な現実が分かってしまった。
 


前列左から反時計回りに(以下同)、野菜、野菜ポテト、たまご、野菜たまご
 

ここから飛び入りした編集部・小島は、野菜ポテトを食べ、「見た目ではポテトサラダが入ってると思わなかった。おいしかった」と感動の表情。「ジャガイモの形がしっかりしている。野菜はシャキシャキ、たまごもおいしい」と大絶賛。

続いては「ザ・ベーシック・シリーズ」。
 


チョコレート、キャラメル、いちごジャム、粒ピーナッツ、たっぷりカスタード
 

チョコのミルクとビターが溶け合う。キャラメルはミルクキャラメルのような女子向きテイスト。いちご、なぜこれはストロベリードリームと呼ばないのか?広瀬はピーナッツの粒感を高評価。カスタードはなめらか。
 


ラムレーズン、黒豆きなこ、紅茶クリーム
 

ラムレーズンはラムしっかりの大人の味。きなこは和風で落着きのある味、日本茶にあいそう。紅茶だとおもって食べたらきなこで悶絶するキノアサ。紅茶はしっかりと紅茶味。
 


あと5個!
 

手前左から反時計回りに抹茶あん、抹茶、ジャムマーガリンと、コンビーフポテト
 

ジャムマーガリンが好きか、ジャムだけが好きかは好みが分かれた。抹茶はただ甘いだけでなく苦味もあり、あんとの相性も〇。

コンビーフポテトは香りも最高。デミグラスを思わせる味にポテトがマッチ。
 


いよいよラスト!フルーツホイップ
 


ん・・・
 

おいしい!!!
 

1時間以上かけて4人で食べたが、コッペパンとはいえ、ハンバーガー並みのボリュームがあるので、ランチなら3個で足りちゃうかも!

さて、振り返って、次回3個買うなら、どれにする?
 


改めて、悩む
 

松山は「みそぎの塩、ラムレーズン、十勝あんマーガリンがビールに合いそう」とのこと。それから「もしポテトだけのコッペパンがあったら食べてみたい!」という意見には一同、同意。

広瀬は「みそぎの塩、ザンギ、あとはその日の気分で」、キノアサは「ザンギ、メイプルかぼちゃ、和牛コロッケ」をチョイスした。

ここで、最後に、近藤社長から、市が尾店のベスト3を発表してもらった。
 


「みそぎの塩がダントツです」
 

続いて「はこだて和牛コロッケ」、「ひこま豚の焼きそば」の順だそう。

いろいろ選んでたのしい楽しい30種類のコッペパン。コッペん道土のキャラクターは、象で名前を「くるぞう」くん。木古内に人が「来(き)っこない」という音が当たるため、「来るぞう」の思いを込めた。
 


明日もきっと、お客さんが、くるぞう
 



取材を終えて



木古内生まれだが、昭和50年代は横浜駅前の銀行に勤めており、京急沿線に住んでいたという、実は元ハマっ子だった大森町長。

木古内に戻ってから家業の建設業に従事、青函トンネルの貫通にも立ち会った。そんな大森町長から、はまれぽ読者にひとこと!
 


「私の作った青函トンネルをくぐって、木古内に、来てください」
 

「トンネルなんかひとりじゃ作れない。みんなの力で作っているんだから、関わった人はみんな、自分が作ったって言っていいんだよ」と笑う。
 


木古内町長室にて、青函トンネル開通時の映像を鑑賞
 

トンネルをくぐればそこは木古内町。北の大地の始発駅。今はまだ雪国だが、5月の連休のころには春がくる。
 


木古内町内にある「薬師山」に芝桜が咲き
 

サラキ岬にチューリップが咲き誇る
 

木古内本店と市が尾店の塩パンは、まったく同じ材料なのに、なぜかすこし味が違うのだそうだ。暖かくなったら、市が尾店で塩パンを買ってから、新幹線に乗って、木古内で降りて、味比べしてみようかな。横浜からレールで、4時間すこしでそこに着く。


―終わり―
 
コッペん道土
住所/横浜市青葉区市ヶ尾町1054-1
電話/045-532-8443
HP/http://coppendot.com/

木古内町
HP/http://www.town.kikonai.hokkaido.jp/

木古内町観光協会
電話/01392-6-7357
HP/http://kikonai-kankou.net/

ジャパンベーカリーマーケティング株式会社
HP/http://japanbakery.jp/

参考文献
北海道新幹線の百夜一話物語(第61夜)
北海道放送『今日ドキッ!』(2016年3月28日OA)
テレビ東京『ゆうがたサテライト』(2017年1月18日OA)
テレビ画像の静止画は、著作権法32条1項の引用規定に沿うことを、同法管轄省である文科省に確認の上、引用させて頂きました
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • オープンしたての週末の大行列はこれだったんだな。
    パン屋で!?とか思ったが、そんなに美味いなら行ってみよかな

  • 一か月ほど前たまたま土日の昼間前の道を車で通りました。ものすごい行列に「なになに?何事?」と帰宅してググッて納得しました。でもなかなか足が向いてませんw

  • 全種類食べ比べ、持ち帰りはかなり大変そうでしたが楽しそうですね!コッペパンというと野毛のキムラヤベーカリーさんのが地元では有名ですよね。こちらのお店は北海道ならではのメニューも豊富なようなので今度行ってみます。

おすすめ記事

公園が見守る小さな町。はま旅Vol.65「市が尾編」

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

横浜市内のマニアックな「専門店」を探せ!

女子ウケ抜群♪ 串揚げ×ワインでオシャレにいただくのがハマのスタイル!「串揚げとワイン はち」

  • PR

2014年3月に火災があった「かもめパン」。火災の真相と現在

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

GWにおすすめの美味しい焼肉店を教えて!

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

こんな記事も読まれてます

激レア! W杯対戦国・コロンビア料理が食べられる店が横浜にあった!

野毛にある「大正ろまん」ってどんな店?

取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!

女性一人も大歓迎? 軍艦好きが集う戸部の「軍艦居酒屋 NAGATO」とは?

横浜駅西口・相鉄ジョイナスのフロアガイドにある「〇分待ち」の仕組みとは?

東神奈川の中華料理店「山海楼」、看板の似顔絵がオーナーに「激似」というのは本当か?

まだまだ夏真っ盛り! 2017年、横浜市内のおすすめビアガーデンは?

GWにおすすめの美味しい焼肉店を教えて!

新着記事