ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    今では外資や新規進出の方が目立つ横浜市内ホテル事情ですが、横浜で一番有名な地元老舗ホテルである「ホテルニューグランド」が19年4月から隣接複合ビルでパンの自社製造を始めると。確かに多くのホテルがホテル...

    よこはまいちばんさん

    実質は活動の中心が東京となっている地元横浜/神奈川の放送局「アール・エフ・ラジオ日本」。既に多くのAM放送局が導入しているFM補完放送(ワイドFM)は周波数割り当てされているにもかかわらず未だに開始さ...

    よこはまいちばんさん

    大黒ふ頭の路上にナンバーのハズされた車が多数駐車しているのですが、あれはどんな事情なんでしょうか?意外とキレイな車が多いです。一度調査してみて下さい。

    もんがさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜の旧日本軍の軍事施設跡残っているの?東京湾にはいっぱい要塞があった様ですが。(nagatoshiさん/浅田真央子さんのキニナル)

はまれぽ調査結果

横浜市にも旧日本軍の施設がいくつか残っていた。戦争遺跡は地域の歴史や平和について考えるきっかけとなることから、保護活動が行われている。

ライター:吉澤 由美子 (2012年04月25日)

あまり多くはないが、旧日本軍の軍事施設は、地域住民や土地管理者による保存活動、立地条件などによりいくつかが横浜市に残っている。

横浜市に現存する旧日本軍の施設にはどんなものがあるのだろう。



第二次世界大戦の飛行機格納トンネル 掩体(えんたい)壕

金沢区にある野島公園は、横浜市唯一の自然海岸が残る場所。
 


野島公園マップ。展望台の真下にトンネルがある


中心には小さな山があって、そのふもとにフェンスで囲まれた不思議なトンネルがある。
 


公園の中心にある山をつらぬいて掘られている


これは、第二次世界大戦中、横須賀市夏島町にあった旧横須賀海軍航空隊基地の戦闘機を空襲から守るために建設された掩体(えんたい)壕。
 


野島掩体壕について記された解説の案内板


通常の掩体壕は、戦闘機1機を格納する程度の大きさが一般的。同時に掘削されていた夏島掩体壕とあわせて、海軍の小型機約100機を格納可能な野島掩体壕は、現存する中でも国内最大規模。
 


海側の出入口は上部がアーチを描いている


標高約55メートルの野島山の東西をトンネル状に貫通し、長さは約260メートル。壁や天井にコンクリートが打たれた出入り口に比べ、内部は幅が狭く素掘りの状態。
 


建設中の掩体壕内部 ※画像:防衛研究所図書館所蔵


作業に当たった横須賀海軍の「第三〇〇設営隊戦時日誌」には、第二次世界大戦末期の1945(昭和20)年3月15日から6月30日まで掘削工事が進められていたと記録されている。
 


トロッコなどが見える ※画像:防衛研究所図書館所蔵


日誌には、「体力保持上時々嗜好品(酒、煙草、菓子)等ノ増配希望ス」といった記載もみつかり、当時の状況が具体的に伝わってくる。
 


天井を支えるアーチ状の木材。その下で作業を行っている ※画像:防衛研究所図書館所蔵


この掩体壕は、完成後すぐ終戦となり実際に使用されることはなかった。
 


陸側の出入口は四角い形状


詳しいお話を教えてくださった横浜市環境創造局公園緑地部公園緑地整備課の仁井泰之(にいやすゆき)さんによると、昔は中に入れたそうだが、現在は痛みが激しく、中央部は崩落した土砂で埋まっているとのこと。

とても危険なため入口はしっかり閉鎖されている。
 


出入口付近は天井もコンクリートだが、奥は土がむき出し


ここを作った部隊は日吉台(横浜市港北区)の旧日本海軍連合艦隊総司令部地下壕や松代大本営地下壕(長野市松代町)などの建設にも加わっていたことがわかっている。


日吉の慶應義塾大学キャンパスに残る軍事施設跡とは?次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事