ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年11月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    鶴見は沖縄関係のお店が多いことで有名ですが、大船も沖縄料理店が多いんです。その理由がキニナル。それ以上に鎌倉街道沿いにひっそりとたたずむ沖縄料理店の『アンダンスー』がとってもキニナル

    丼さん

    冬になるとイルミネーションが華やかになりますが、今シーズンのお勧めスポットを紹介してください。 意外に知られていない穴場も調査お願いします。

    けーたりんぐさん

    今まで野球には全く興味が無かったのですが、子供と初めて横浜スタジアムにDeNAの試合を観て以来すっかり家族でDeNAベイスターズのファンになりました。来シーズンもスタジアムへ行くのが楽しみですが、20...

    micさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたが好きなスポーツチームは?

横浜DeNAベイスターズ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
横浜FC
湘南ベルマーレ
Y.S.C.C.
SC相模原
横浜ビー・コルセアーズ
川崎ブレイブサンダース

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
"神奈川のサグラダ・ファミリア"と名高い横浜駅はいつ完成するのか?
2位
【衆院選2017】神奈川県選挙区候補者の投開票結果!
3位
【衆院選2017】神奈川県選挙区候補者60名ってどんな人たち?
4位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.1「日本で唯一のモペット・メーカー フキ・プランニング」
5位
唐木田から上溝まで8.8km、小田急多摩線の延伸はいつ実現する?
6位
横浜市の住民税って高いの?
7位
2018年に大きく変わる瀬谷駅南口、再開発計画の内容は?
8位
相鉄線二俣川駅南口再開発の計画変更の詳細と今後は?
9位
京急線が三崎口駅から先の延伸を凍結した理由は?
10位
横浜市職員の給料は高いのか!?
11位
リニア開通で相模原市はどう変わる? 橋本駅編!
12位
横浜刑務所ってどんなところ? 矯正展の様子は?
13位
計画から30年! 再開発が本格スタートした金沢八景駅はどう変わる?
14位
川崎市のJFE敷地内、不法占拠の家屋群の正体は?
15位
寿町のドヤ街はなぜ形成されたのか?
16位
スーパーオートバックスみなとみらい店の跡地はどうなる?
17位
相鉄線ゆめが丘駅周辺は大きく変わる?
18位
あの"お好み焼きバーガー"が復活!? 新生「ドムドムハンバーガー」をレポート
19位
横浜にあるもう一つの「サグラダ・ファミリア」!? 上大岡の再開発はいつ終わるの?
20位
JR根岸線、幻の「栗木駅」建設計画はあった?
21位
再開発で綱島駅周辺はどう変わる?
22位
誰かが反対している? 陸の孤島・本牧に鉄道が延伸しない理由の真相は?
23位
横浜発祥のコンビニ「スリーエフ」がなくなってしまうって本当?
24位
川崎市営地下鉄「川崎縦貫鉄道計画」が休止!? その理由は!?
25位
「ぴあ」がみなとみらいに1万人規模のアリーナを建設するって本当?
26位
2015年に開業予定の羽沢駅周辺は今後どうなる?
27位
近未来型ニュータウン? 日々進化し続ける武蔵小杉の現状をレポート
28位
業務停止を受けた「グリフィン」の営業手法とは!?
29位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(関内・馬車道編)
30位
横浜駅発! 乗り入れ終着駅への旅! 京成・青砥駅編
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜市にある文化財の宝庫三溪園、その三溪園を作った原三溪さんってどんな方だったんですか?キニナルので取材お願いします。(にゃんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

本名、原富太郎。生糸の製糸業,・輸出業で財を成した実業家だが、その私財を、文化・芸術の保護や震災復興などに充てた文化人でもある。

ライター:河野 哲弥 (2012年12月23日)

何はともあれ、三溪園へ

横浜市中区にある国指定名勝の三溪園は、JR根岸線の根岸駅からバスに乗り、本牧下車・徒歩約7分の位置にある。
日本庭園としての造形もさることながら、園内にある17棟のうち10棟が国の重要文化財に指定されていることでも有名な、「和」の空間である。
 


同園のランドマークともいえる、「旧燈明寺三重塔」


そんな同園の敷地は、もともと原家の私有地で、それを1906(明治39)年に一般開放したのが、原三溪という人物であったらしい。
一体どのような人物だったのだろうか、三溪園を訪ねてみることにした。



青木富太郎が原三渓を名乗るまでの経緯

お話を伺ったのは、財団法人三溪園保勝会広報担当の吉川さんと、学芸員の清水さん。
以前、別の記事でもお世話になったことがあり、「はまれぽ」についてもよくご存じとのことで、取材を受けてくださることになった。
 


保勝会の吉川さん(左)と清水さん(右)


まずは原三溪の生い立ちから説明していただくことにしよう。
同氏の生まれは岐阜県で、生まれたときの名前は青木富太郎とのこと。聡明であった富太郎青年は、18歳のときに上京し、東京専門学校(現・早稲田大学)で学ぶことになるが、同時に学生でありながら、跡見学校(現・跡見学園)の助教師を務めるほどであったという。
 


原三溪のポートレート(画像提供・三溪園保勝会)


そのころ、跡見学校に通っていたのが、後に原三溪の妻となる原屋寿(やす)である。屋寿の祖父、原善三郎氏は当時、横浜で屈指の生糸売込み業を営んでいたそうだ。

一説によると、鼻緒が切れて困っていた屋寿を偶然富太郎氏が助けたことが、二人のなれ初めと伝わっているらしい。しかし、「才覚のあった富太郎氏を、同校の創始者である跡見花蹊が見込み、原家との縁を取り持ったのではないか」と、吉川さんはいう。いずれにしても、富太郎氏が23歳のときに原家の婿養子となり、原富太郎を名乗ることになった。
 


取材当日の三溪園にはこんな姿も(ご両家承諾済み)


さて、善三郎氏は当時、本牧三之谷の地に広大な別荘の土地を所有していた。こういった場所に一種のサロンを作り、政治家や文化人と交流するのが、その時代のステータスとなっていたのである。

やがて富太郎氏が31歳になると、善三郎氏は死去し、この土地とともに原家の家業を継ぐことになった。富太郎氏が近代的な事業経営に乗り出すのは、このとき以降である。日本の伝統的な商習慣からの脱却を目指し、当時としては破格の退職金をもって番頭たちに退職を請い、1900(明治33)年には同店を原合名会社に改組した。

吉川さんによれば、「それまでの婿養子としての肩身の狭さもあって、新たな時代の事業を興したいという思いが強かったのでしょう」とのこと。

その一方、1902(明治35)年頃から、三之谷の別荘の地を本宅として造園を手がけていった。はっきりとした年代は分かっていないそうだが、この土地を三之谷の地名から「三溪園」と名付け、自らも原三溪を名乗ることになったそうだ。
 


1902(明治35)年、本宅として建てられた「鶴翔閣」
 

建物内には、かつての居住空間の雰囲気が残されている


では、どうしてこの三溪園に、重要文化財クラスの建築物が移築されるようになったのだろう。
引き続き、保勝会に話を伺ってみることにしよう。



原三溪氏の過去をひも解いていると、あの大物著名人の出会いがあった!次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事