ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

年末年始に食べるべき極上の一皿
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    先日、京急・屛風浦駅の改札横にあるコンビニに立ち寄った所、レジ打ちをしてくれた方が駅員さんでした。良く見るとコンビニのレジと駅員室が一緒になっているんです。駅員さんがレジ打ちするなんて見たことありませ...

    黒くてもシロッコさん

    横浜から国道16号を下って横須賀に向かうとやたらトンネルが増えます。そんな横須賀で近々、横須賀トンネルカードが発行されるそうです。どんなトンネルがカードになるのか興味あります。ダムカードのようにコレク...

    inemugiさん

    また横浜市営バスで乗客車内取り残し事故が発生。対策として車両最後部に「車内点検〇〇」とかプレートをぶら下げてますよね。周囲からも乗客からも丸見えでハッキリ言ってみっともないけど。たぶん入庫時にプレート...

    よこはまいちばんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
2位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
3位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
4位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
5位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
6位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【後編】
7位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
8位
本牧ふ頭で見つかった「ヒアリ」、その後は?
9位
栄区「田谷の洞窟」のVRデータ化が進んでいるって本当?
10位
元々の住みかを失った「三浦メダカ」、野生環境で順調に数を増やす!
11位
「神奈川県民の日」がないのはなぜ?
12位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
13位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
14位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
15位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
16位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
17位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
18位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
19位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
20位
一体誰が買うの? 相模原にある"銃砲火薬店"を徹底調査! 
21位
資源回収日に出した古着はどこへ!? 横浜の最新「古布」リサイクル事情を追う!
22位
渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?
23位
横浜に人工の島「八景島」ができたのはなぜ?
24位
JR菊名駅はリニューアル後どう変わる? 工事はいつ終わるの?
25位
10分間隔でくる横浜駅(YCAT)-羽田空港間のリムジンバス。採算は取れているの?
26位
横浜駅西口からダイヤモンド地下街に行くまでに「階段を上ってまた下りる」無駄な動線になっているのはなぜ?
27位
誰も使っていない? 中原区役所前にある受話器が2つある変な公衆電話 「デュエットフォン」の正体は?
28位
天然温泉が横浜市内に存在する!?
29位
横浜市営地下鉄ブルーラインが川崎市まで延伸する計画の現状は?
30位
桜木町駅で始発電車を待つ人々!空席があるのに次の電車を待つ理由は?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜最古の酒場はどこでしょうか。わかったら一度飲みに行きたいなぁ。(hirozoさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

立ち飲みができる酒屋、浅見本店の創業は明治時代にさかのぼる。最古の酒場の証明はできないが、消えゆく最も古い酒場の風景のひとつといえる。

ライター:ほしば あずみ (2013年01月15日)

最古の酒場。もちろん現存し今も営業しているところとすれば、いったいどれほどさかのぼれるものなのだろうか。横浜に現存する最古のバーは、「パリ」。1920(大正9)年 、伊勢佐木町に「カフェ・ド・パリ」としてオープンし現在でも中区常盤町で営業を続けている(横浜の古き良きバーを調査して欲しい!)。

以前、はまれぽでとりあげた「市民酒場」では、戦時下にはじまり今も続く酒場を紹介したが、横浜に現存する酒場の多くは戦後に創業したもの。大正時代の関東大震災、昭和の横浜大空襲などで壊滅的な被害を受けた横浜は、歴史をさかのぼりにくい一面がある。

だがそんな中、明治時代創業を掲げる酒場が南区万世町にあるという。
店の名前は「浅見本店」。いったいどんな店なのか、さっそく訪ねてみた。
 
 
 
趣ある町の趣ある酒場
 


店があるのは横浜橋商店街の近く

 
市営地下鉄「阪東橋駅」から横浜橋商店街を抜け、10分くらい歩くと、歴史を感じさせる重厚な看板が見えてくる。
 


信号を渡った先に見える浅見本店

 
同時に、決して夜遅い時間でもないのにすでに出来上がっている人々の姿も見えてくる。
どの人も実に楽しそうだ。
  


浅見本店の店内

 
浅見本店は、本来は酒屋。店舗の右側が立ち飲みスペースになっていて、酒や酒肴を頼むたびに代金を払う、いわゆるキャッシュオンデリバリーの角打ちスタイルである。
酒肴はシジミの佃煮や豆腐などがプラスチックの容器に入っていて50円から。缶詰等もある。
 


酒肴はほかに、チーズやさきいか、漬物等。まさに「つまみ」

 
にごり酒(200円)を頼んで飲んでいると、すぐ近くで交通事故があったみたいだからちょっと見てくる、と出かけていく人がいる。かと思えば、すでに一軒寄った足で入ってくる人もいる。人の出入りはあるものの店内の客は常に10人前後。皆、常連客らしく挨拶を交わし、思い思いに楽しんでいる。

通い始めて1年ほどという男性、石井さんに話を伺ってみた。
「通勤バスの車窓から見える店構えがずっと気になっていた」という石井さん。
「外の看板見た? かっこいいよね。店の雰囲気もほかにないものだし、あと今日はないんだけどつまみに刺身があるんだよね。これがありがたい」
 


店に掲げられている立派な熊手
 

よく見るとお札がびっしり。中には一万円札もある

 
巨大な熊手は近所にある金毘羅大鷲神社の酉(とり)の市で「福をかき寄せる」商売繁盛の縁起物。びっしり挟まっているお札は、お客さんたちからのご祝儀なのだという。「ツキのおすそわけ」で奉納され、翌年の熊手を購入する際に使われるとの事。一万円札は競馬が当たったときのものらしい。店が常連客から愛されている様子がよくわかる。
 
 

常連から愛されている浅見本店。当代限りで立ち飲みは終わり!?・・・詳細は次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事