検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末
  • 3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
  • 魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
  • 横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜

ココがキニナル!

横浜で、世界各国の料理を堪能したいです。お店を教えてください。(雷鳥さんのキニナル)/横浜には色んな国の料理屋がありますが、その中でも特に珍しい料理を出すお店を教えて下さい。(みうけんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

第四弾の今回は、ギリシア、アフガニスタン、スリランカの料理をご紹介!

  • LINE
  • はてな

2013年05月05日

ライター:山本 桂子

横浜で世界の料理を堪能するという、この企画。

その名の通り、横浜にある各国の専門料理店を紹介するものだが、はまれぽでは珍しい国の料理のみを取り扱う。つまり、中国や韓国、インド、イタリア、フランス料理など、既に数々のお店が点在している国は除いて、世界制覇を目指すのだ。

第一弾はアジア編、第二弾は北ヨーロッパ編、第三弾は中南米編を紹介したが、第四弾となる今回は、その中でも特に珍しい世界の料理を出すお店として、「ギリシア」「アフガニスタン」「スリランカ」の3ヶ国の料理を紹介したい。



ギリシアの港町を連想させる料理店へ

ギリシアと言えばまずパルテノン神殿を思い浮かべる方が多いだろう。だがギリシア料理と言われてすぐに「これ!」というものを連想できる方はそうはいないのではなかろうか。

JR石川町駅の北口を出て、中華街の白い門をくぐり3分も歩けば「アテネ」の看板が見えてくる。


パルテノン神殿を思わせるエントランス


店長の藤原さんとシェフの設楽さん、そしてギリシア人オーナーのジョージ・マルケジーニスさんが出迎えてくれた。

ジョージさんは元船乗りで、初めて日本に来たのは何と1960(昭和35)年のこと。


とても陽気なオーナーのジョージさん


そして1970(昭和45)年から横浜の地に住み、1985(昭和60)年に「アテネ」をオープン。今や姉妹店「ソルバ」「オリンピア」と計3店舗を経営するやり手オーナーだ。横浜が大好きで、この地に骨を埋めるつもりだという。藤原さん、設楽さんはそれぞれ勤続24年、18年の大ベテランだ。

店内はレトロで高級感があり、どことなくギリシアの港町を連想させる。カウンターの中には400種類近くあるというアルコールのびんが所狭しと陳列されていた。


これぞバー! という落ち着いた空間


まず、設楽さんが薦めてくれたのは「ウゾ」というぶどうの蒸留酒。


ロックでも飲みやすい「ウゾ(グラス/700円~)」


やや甘めだがくどい感じはなく、飲みやすい。日本ではあまりお目にかからない、珍しい味だがそれがやみつきになる方が多いようで、アルコールメニューの中では堂々の一番人気。
アルコール度数は40度と高めだが、いわく「これを食前酒として飲んで胃を動かすことで、食欲が増す」とのこと。

続いて食事をいただくことにした。


ギリシアの代表的な家庭料理「ムサカ(1200円)」。大満足の味とボリューム!


ジャガイモとトマト、ナス、ひき肉の上にホワイトソースを乗せて焼いたものだ。ジャガイモ、トマト、ナス、ひき肉の部分は、日本人に馴染みのあるところで言えばミートソースに近いのだろうか?ホワイトソースはチーズの味が程よく効いている。シンプルで素朴な料理だがしっかりとした味わいで、しかもボリュームも満点。

続いて、タラモサラダ。タラコとジャガイモをオリーブオイルで和えたものだ。


こちらの味、ボリュームともに文句なしの「タラモサラダ(900円)」


こちらは日本でも有名だが、なんと元々はギリシア料理で「タラモ」とは日本語で「魚卵」を意味するのだという。
どちらもとても美味しい。「日本人向けの味付けにしているんですか?」と尋ねてみたところ、すべて現地のレシピ通りだそうだ。ギリシア人シェフを呼んでの研修があり、またオリーブオイルなどの食材は極力ギリシア産のものにこだわって、直接輸入しているものが多数。系列全店でギリシアの味がそのまま味わえる。

最後にワインをいただいた。フルーティーでさっぱりしてとても飲みやすい。
今回いただいたのは白ワインだが、そのほかにはスパークリングワインや松ヤニのワインなど、品揃えはとても充実している。


見たことのないお酒がたくさん・・・


もちろんこれらもすべて、ジョージさんが直接輸入しているものだ。

ギリシア料理が珍しいということで、横浜だけでなく全国各地から客が訪れる。長くやっているお店ということもあり「10年ぶりに来たよ!」なんて方もいらっしゃるのだとか。「長い間が空いたとしても、お客様が再訪してくれるのは一番嬉しいことだね」とジョージさんは笑っていた。



続いてご紹介するのは、元フリージャーナリストが営む、あの国の料理が食べられるお店!≫

 
  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

野毛のくじら横丁にある、くじらを使った料理ってどんなの?

野毛の歴史を知り、温かな想いが宿る居酒屋さん。お1人様のカウンター利用から80名対応のお座敷宴会まで

  • PR

野毛の「珍獣屋」はどんな料理が出てくる?

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

風の子はリニューアルして美味しくなったの?

料理やお酒や会話に、家族で紡いだ思いを感じられる場所。野毛の本格的な和食「旬彩 濱おか」

  • PR

蒔田の「へんな洋食屋カフェ」ってどんな店?

「宮崎」を召し上がれ!宮崎生まれのオーナーと料理長が送る、横浜駅西口にある絶品鶏料理「いっちゃが」

  • PR

新着記事

らぁ麺ランナーズ! 藤沢の「鴇(TOKI)」店主、第四走者・横山巧

    • 面白かった20
    • 面白くなかった1
    • コメント1
  • 2018年09月22日

磯子区杉田を自販機から見守る! 「ウメニー」っていったいなに?

    • 面白かった91
    • 面白くなかった7
    • コメント1
  • 2018年09月21日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜

はまれぽ編集部のイチオシ

財産を「負の遺産」にしないために! 相続税の相談・対策なら、関内駅徒歩2分の「北川孝税理士事務所」

  • PR

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

中華の街横浜で人気の絶えない繁盛店の秘密を探る! 

  • PR

横浜愛あふれる店でリーズナブルに横浜の味を! 屋台のように気楽な雰囲気で、楽しくわいわい飲める居酒屋

  • PR

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

自分が暮らす空間だから自分が暮らしやすい、暮らしたい部屋をつくりたい。そんな思いを実現する「3rd」

  • PR

憧れの湘南ライフの総合プロデューサー 「湘南海辺不動産株式会社」

  • PR

マンガ読み放題!? 高速ドライカットがイチオシの“コミックカフェ” みたいに寛げる「re:mix」

  • PR

JAZZの生演奏を聴きながら、昔ながらの手作り南欧料理に舌鼓。横浜駅西口「エルスウェーニョ」

  • PR

さまざまなスポーツができる子どもを育てるにはテニスが最適!? 習い事におすすめのテニススクール

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • LAやマンハッタンで大人気のウマミバーガー。日本での2号店が横浜の、それも最大競合のシェイクシャック...

  • 横浜市と川崎市の市境を挟んで整然と区画された二つの町があります。平安町(横浜)と京町(川崎)。両町の...

  • 京急が創業120周年を記念して、駅名変更を検討しているそうです。ひとまず、川崎市の産業道路駅の変更は...

あなたはどう思う?

横浜で紅葉を感じるならどこ?

最近のコメント