検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

横浜で、世界各国の料理を堪能したいです。お店を教えてください。(雷鳥さんのキニナル)/横浜には色んな国の料理屋がありますが、その中でも特に珍しい料理を出すお店を教えて下さい。(みうけんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

第四弾の今回は、ギリシア、アフガニスタン、スリランカの料理をご紹介!

  • LINE
  • はてな

2013年05月05日

ライター:山本 桂子

横浜で世界の料理を堪能するという、この企画。

その名の通り、横浜にある各国の専門料理店を紹介するものだが、はまれぽでは珍しい国の料理のみを取り扱う。つまり、中国や韓国、インド、イタリア、フランス料理など、既に数々のお店が点在している国は除いて、世界制覇を目指すのだ。

第一弾はアジア編、第二弾は北ヨーロッパ編、第三弾は中南米編を紹介したが、第四弾となる今回は、その中でも特に珍しい世界の料理を出すお店として、「ギリシア」「アフガニスタン」「スリランカ」の3ヶ国の料理を紹介したい。



ギリシアの港町を連想させる料理店へ

ギリシアと言えばまずパルテノン神殿を思い浮かべる方が多いだろう。だがギリシア料理と言われてすぐに「これ!」というものを連想できる方はそうはいないのではなかろうか。

JR石川町駅の北口を出て、中華街の白い門をくぐり3分も歩けば「アテネ」の看板が見えてくる。


パルテノン神殿を思わせるエントランス


店長の藤原さんとシェフの設楽さん、そしてギリシア人オーナーのジョージ・マルケジーニスさんが出迎えてくれた。

ジョージさんは元船乗りで、初めて日本に来たのは何と1960(昭和35)年のこと。


とても陽気なオーナーのジョージさん


そして1970(昭和45)年から横浜の地に住み、1985(昭和60)年に「アテネ」をオープン。今や姉妹店「ソルバ」「オリンピア」と計3店舗を経営するやり手オーナーだ。横浜が大好きで、この地に骨を埋めるつもりだという。藤原さん、設楽さんはそれぞれ勤続24年、18年の大ベテランだ。

店内はレトロで高級感があり、どことなくギリシアの港町を連想させる。カウンターの中には400種類近くあるというアルコールのびんが所狭しと陳列されていた。


これぞバー! という落ち着いた空間


まず、設楽さんが薦めてくれたのは「ウゾ」というぶどうの蒸留酒。


ロックでも飲みやすい「ウゾ(グラス/700円~)」


やや甘めだがくどい感じはなく、飲みやすい。日本ではあまりお目にかからない、珍しい味だがそれがやみつきになる方が多いようで、アルコールメニューの中では堂々の一番人気。
アルコール度数は40度と高めだが、いわく「これを食前酒として飲んで胃を動かすことで、食欲が増す」とのこと。

続いて食事をいただくことにした。


ギリシアの代表的な家庭料理「ムサカ(1200円)」。大満足の味とボリューム!


ジャガイモとトマト、ナス、ひき肉の上にホワイトソースを乗せて焼いたものだ。ジャガイモ、トマト、ナス、ひき肉の部分は、日本人に馴染みのあるところで言えばミートソースに近いのだろうか?ホワイトソースはチーズの味が程よく効いている。シンプルで素朴な料理だがしっかりとした味わいで、しかもボリュームも満点。

続いて、タラモサラダ。タラコとジャガイモをオリーブオイルで和えたものだ。


こちらの味、ボリュームともに文句なしの「タラモサラダ(900円)」


こちらは日本でも有名だが、なんと元々はギリシア料理で「タラモ」とは日本語で「魚卵」を意味するのだという。
どちらもとても美味しい。「日本人向けの味付けにしているんですか?」と尋ねてみたところ、すべて現地のレシピ通りだそうだ。ギリシア人シェフを呼んでの研修があり、またオリーブオイルなどの食材は極力ギリシア産のものにこだわって、直接輸入しているものが多数。系列全店でギリシアの味がそのまま味わえる。

最後にワインをいただいた。フルーティーでさっぱりしてとても飲みやすい。
今回いただいたのは白ワインだが、そのほかにはスパークリングワインや松ヤニのワインなど、品揃えはとても充実している。


見たことのないお酒がたくさん・・・


もちろんこれらもすべて、ジョージさんが直接輸入しているものだ。

ギリシア料理が珍しいということで、横浜だけでなく全国各地から客が訪れる。長くやっているお店ということもあり「10年ぶりに来たよ!」なんて方もいらっしゃるのだとか。「長い間が空いたとしても、お客様が再訪してくれるのは一番嬉しいことだね」とジョージさんは笑っていた。



続いてご紹介するのは、元フリージャーナリストが営む、あの国の料理が食べられるお店!≫

 

おすすめ記事

野毛のくじら横丁にある、くじらを使った料理ってどんなの?

町の記憶を今に伝える心地良い空間に今宵も常連客が集う。南区にあるにぎわいの名店「仙や」

  • PR

野毛の「珍獣屋」はどんな料理が出てくる?

「人をもてなす」基本中の基本に忠実だからこそ再訪を誓う。「焼肉おくう横浜本店」

  • PR

横浜でおいしいチャーハンが食べられるお店を教えて!

親子の物語が紡ぎ出す絶品料理の数々!およそ150品目のメニューをそろえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

辛すぎるのにうまい! 激辛ラーメンを提供する戸塚の2店舗に突撃!

肉の聖地から直送される高級和牛を富士山の溶岩石グリルで提供「和牛&Seafood Micio」

  • PR

新着記事

本郷台にある「だいちゃん広場」の地下には何がある?

    • 面白かった18
    • 面白くなかった0
    • コメント0
  • 2018年07月17日

“街の宝”を守るため、50年の歴史に幕。横浜中華街「重慶飯店別館」で最後のおもてなし

    • 面白かった196
    • 面白くなかった6
    • コメント3
  • 2018年07月16日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

和田の三本の矢で「ワダノミクス」!? 保土ケ谷区「工藤不動産株式会社」

  • PR

その味を知ったら絶対宮崎県に行きたくなる!曙町の名店「みやざき地頭鶏 てげてげ」

  • PR

天ぷらはもちろん、新鮮なお刺身や一品料理、そして日本酒も! 旬の味を気軽に楽しめる「天八」

  • PR

駅前なので通院に便利! 明るい雰囲気で小さな子どもからお年寄りまで、誰もが気軽に受診しやすい歯科医院

  • PR

不器用でも完璧に作れるの!? 指輪が手作りできる「ジュエリースミス」で結婚指輪作りに挑戦

  • PR

穏やかな語り口の中にある熱い思い!「子どものいない夫婦における遺言書作成の大切さ」を説く!

  • PR

良い家があるから人は育つ。パナソニック創業者の遺伝子が根付く「ビューノプラザ横浜」

  • PR

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

  • PR

ここが横浜の新特等席! 絶景レストランで「伝統」と「革新」の日本料理を味わえる「横浜 星のなる木」

  • PR

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 都筑区の勝田橋付近に『バ〜ニラ♪』の高収入で有名なバスやトラックが停まっている駐車場があるのですが、...

  • 藤沢市川名にラーメンビックというお店がありますが子供不可、両替不可、撮影不可だそうです。はまれぽなら...

  • 逗子海岸にある「キン肉マン海の家」の取材をお願いします。限定メニューが食べれたり、限定アイテムなどが...

あなたはどう思う?

横浜市内を通るよく利用する鉄道路線は?

最近のコメント