ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年2月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    ヒアリのその後はどうなったのか?日本の寒さにはヒアリは耐えられないから大丈夫という説は当てはまらず、空調の室外機など温かいところで寒さをしのぐ可能性があるらしいです。

    ナチュラルマンさん

    上大岡の京急百貨店4階テラスには、なにやらどこかの地図のようなオブジェがあります。港南区や南区とも違うようですが何処の地図?

    westband2さん

    川崎区のディープな所に焦点を当てている「ルポ 川崎」が5刷になるほど売れているようです。川崎駅周辺はラゾーナの開業以来、先週末の北口改札やアトレ川崎のリニューアルに至るまで、かなりの開発で華やかになり...

    ハムエッグさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

どんなところでお酒を飲む?

おしゃれな「バー&レストラン」
リーズナブルに「居酒屋」
もっとリーズナブルに「角打ち」
カラオケとセットで「スナック」
1番くつろげる「自宅」
自然を味わいたいから「公園」
その他
お酒飲めない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
2位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
3位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
4位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
5位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
6位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【後編】
7位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
8位
本牧ふ頭で見つかった「ヒアリ」、その後は?
9位
栄区「田谷の洞窟」のVRデータ化が進んでいるって本当?
10位
元々の住みかを失った「三浦メダカ」、野生環境で順調に数を増やす!
11位
「神奈川県民の日」がないのはなぜ?
12位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
13位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
14位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
15位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
16位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
17位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
18位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
19位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
20位
一体誰が買うの? 相模原にある"銃砲火薬店"を徹底調査! 
21位
資源回収日に出した古着はどこへ!? 横浜の最新「古布」リサイクル事情を追う!
22位
渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?
23位
横浜に人工の島「八景島」ができたのはなぜ?
24位
JR菊名駅はリニューアル後どう変わる? 工事はいつ終わるの?
25位
10分間隔でくる横浜駅(YCAT)-羽田空港間のリムジンバス。採算は取れているの?
26位
横浜駅西口からダイヤモンド地下街に行くまでに「階段を上ってまた下りる」無駄な動線になっているのはなぜ?
27位
誰も使っていない? 中原区役所前にある受話器が2つある変な公衆電話 「デュエットフォン」の正体は?
28位
天然温泉が横浜市内に存在する!?
29位
横浜市営地下鉄ブルーラインが川崎市まで延伸する計画の現状は?
30位
桜木町駅で始発電車を待つ人々!空席があるのに次の電車を待つ理由は?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

グループサウンズのザ・ゴールデン・カップスが来年で50周年になるので、スタート地点の本牧のゴールデン-カップを取材してください。(tatsuyaさん、Ryo.ACさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

1964年にオープンしたレストランバー。刺激を求める日本人の若者と、米兵らであふれた。専属バンドが「ザ・ゴールデン・カップス」としてデビュー!

ライター:大和田 敏子 (2015年12月20日)

以前「本牧の夜のディープなスポットはどこ?」という記事を書いた。

その中に「本牧の深夜営業の酒場で、昔からあるゴールデンカップとブギーカフェを店舗情報で紹介して欲しい」というコメントが寄せられていたが、諸事情でブギーカフェの取材はNG。

でも2014(平成26)年、ゴールデンカップは開業から50年を迎えた。これまでの50年の歴史を振り返りながら、どうしてもお話を聞きたい! ということで、ゴールデンカップでゴールデンカップスのお話を伺うことに。
 


にぎわっていたころの本牧の様子をもっと知りたい!

 
1960年~70年代、本牧は欧米文化を発信する最先端の街。当時からある名店の今昔を、何度か記事にさせていただいている。

リキシャルーム」「イタリアンガーデン」「アロハカフェ」・・・。

そして、今回はついに「ゴールデンカップ」だ。ちなみに、当時と同じ場所で営業を続けているのはゴールデンカップのみのようだ。
 


は現存していない店舗、米軍住宅地区は1982(昭和57)年返還

 
緊張が半端ではない。何と言っても、あの北野武さんが「憧れていたけど、怖くて入れなかった」(音楽ドキュメンタリー『ザ・ゴールデン・カップス ワンモアタイム』で証言)という「ゴールデンカップ」なのだから。

本牧2丁目のバス停で降りて、ほんの少し元町方面に戻ると・・・
 


カラフルに点滅するライトに縁どられた「Golden Cup」の看板が見えた
 

昔の写真やライブスケジュールなどが貼ってある壁沿いに歩き・・・
 

入口へ
 

入るともう1つ、閉じられたドアが!

 
ちょっと無理、入れない・・・。取材でなかったら、きっとこのドアを開けることはなかっただろう。
勇気を出してドアを開けると、迎えてくれたのはオーナーの上西四郎(うえにし・しろう)さん。「お写真OKですか」と尋ねると・・・
 


「見合い写真に使うからきれいに撮ってよ!」と上西さん

 
気さくな方で良かった!
まずはオープンした経緯を伺うことに。

上西さんは京都の出身で、もともとは婦人服関係の仕事をしていた。1964(昭和39)年、知人の紹介で横浜に出てきた時は、そうした仕事をするつもりだったそうだ。

当時はベトナム戦争の最中、本牧には米兵があふれていた。
「米兵を相手にする商売をするのもいいかなと思うようになった」と上西さん。「イタリアンガーデン」に行く機会も度々あり、その雰囲気の良さを気に入り、こういう店をやるのがいいかなと思うようなったという。

そうして1964(昭和39)年12月7日、「GOLDEN CUP」をオープン!
 


オープン当初のゴールデンカップ(ゴールデンカップHPより)

 
店名の由来を伺うと「カップルでしか来られない店にしようと『カップル』とつけようと思った。それをもじって『カップ』に。頭にかっこよく『ゴールデン』ぐらいつけとけってことで『ゴールデンカップ』にした」と上西さん。
 


オープンから数年後(ゴールデンカップHPより)

 
開店当時はジュークボックスで音楽をかけていた。アメリカから直接レコードを買い付け、1週間前にアメリカで流れた音楽をすぐ店で流すことができたという。当時、洋楽の新曲が入ってくるのに半年ほどかかった日本の中で、ここには最先端の音楽があった。
 


当時からあるジュークボックス。今も音が出るそう

 
営業は午後6時から午前5時まで。1晩に140人から150人が来店する店だったという。 

ベトナム戦争の最中、客の多くは戦闘と戦闘の合間の休暇を本牧で過ごす、19~23歳くらいの米兵たち。
上西さんいわく「ケンカは大なり小なり毎日。ビール瓶や灰皿が飛び交って、まるで西部劇の中のようやった」とのこと。
 


当時の雰囲気の伝わる写真が店のいたるところに

 
そのころ、山下町には巨大なナイトクラブ「ゼブラクラブ」があり、ほかにも「シーメンズクラブ」や中華街には将校クラブ「チャイナクラブ」などがあった。

それら米軍が経営するクラブが午前0時に閉店すると、まだ飲み足りない米兵たちは中華街か本牧に行くしかない。午前0時前までは米兵と日本人客が半々くらいだが、その後はすっかり客が入れ替わり、店内の客のほとんどが米兵だったそうだ。
 
 
「ザ・ゴールデン・カップス」が誕生!≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事