検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お年玉キャンペーン 投票ページ
  • はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

ホテルニューグランド×富士屋ホテルプレゼンツ! 母の日に感謝されちゃう親孝行な「ハイカラの旅」をプレゼントしよう!

  • LINE
  • はてな

2017年04月28日

ライター:カメイアコ

2017年に開業90周年を迎えるホテルニューグランドは、横浜とともに時代を歩み、マッカーサー元帥やチャプリンら、名だたる著名人も宿泊した日本を代表するクラシックホテルだ。

ナポリタンやドリア、プリン・ア・ラモードといった日本の洋食文化を昇華させたのは、ほかでもないホテルニューグランドなのである。

 

開業90周年を迎えるホテルニューグランド
 

2016(平成28)年10月4日には、改修工事を無事に終え、脈々と受け継がれる伝統を守りつつ、いつの世にも「ハイカラ」という言葉がふさわしい装いに生まれ変わった

そんなホテルニューグランドと並び、国内有数のクラシックホテルといえば、「宮ノ下 富士屋ホテル」である。
 

富士屋ホテルも2018年4月から改修工事
 
「宮ノ下 富士屋ホテル」は、1878(明治11)年に日本初のリゾートホテルとして開業した。

 

古き良き日本を残す数少ないホテル
 

1893(明治26)年から1912(大正元)年まで、外国人専用ホテルとして運営し、ヘレン・ケラーやチャプリンも宿泊した。第二次世界大戦後の昭和20年には進駐軍による接収を経験し、動乱の世を力強く生き抜き、今日の日本を代表するホテルとして、その輝きに陰りが差すことはない。

130年余の歴史を紡ぐ富士屋ホテルも、今年変革の時期に差し掛かっている。2018年4月より、耐震補強工事および客室の改修、温浴施設の増設が予定されているのだ。2020年春に完成予定で、今年は改修前に訪れることのできるラストイヤーだ。

この2つのホテルが共通するのは、互いに接収時代を経験しただけにとどまらない。実は、1919(大正8)年ごろに富士屋ホテルと横浜グランドホテルとを結ぶ、自動車直通運転が行われていた。

 


時代の先端を走り続けた矢先、関東大震災が起こる
 

しかし、1923(大正12)年に起こった関東大震災により壊滅的な被害を受け断念。その後継として1927(昭和2)年にニューグランドとして生まれ変わってすぐ、富士屋ホテルとを結ぶ日本で初めてのピストン運行を復活し話題を呼んだのだ。

 
誰もが憧れるクラシックホテル! いつかは泊まってみたい・・・
 
日本を牽引し、希望をもたらし続けた両ホテル。親や祖父母世代が「一度は泊まってみたい」と憧れるのも頷ける。いつか親孝行で連れて行ってあげたいと願う人も少なくないだろう。

筆者自身もいつか親へプレゼントしたいと考えているが、歳を重ねた親にはなるべく「快適な旅」を用意してあげたいと慎重になるものだ。

ただ、開業90周年を迎えるホテルニューグランド、そして、改修工事を来年に控えた富士屋ホテル。2017年の今年がプレゼントするにはベストだと感じている。そんな筆者の背中を押すような旅行プランが存在するというではないか。

 
2017年6月30日まで、「ハイカラの旅」がラグジュアリーすぎる!!
 
ホテルニューグランドが企画する「ハイカラの旅」は、同ホテルと富士屋ホテルの歴史や文化を楽しむ2泊3日の旅だ。2015(平成27)年にはまれぽでも参加させていただき、その魅力を存分に堪能してきた

 

今回のプランはひとあじ違う・・・!?
 

今回のプランは、朝夕の食事プランと30分のホテル見学ツアーに加え、ホテルニューグランドでは、ウエルカムティー&焼き菓子のサーブがあり、富士屋ホテルではメインバー「ヴィクトリア」で、クラシックカクテルがサービスされる。

 

富士山をイメージしたジンベースの「マウントフジ」がサービスされる
 

ニューグランドでの夕食は、このホテルが発祥とされるナポリタンやドリアなどを含んだカフェコースが提供される。

 

2016年にリニューアルした「ザ・カフェ」にて数々の有名料理を
 

富士屋ホテルでは、ハイカラプランのために特別に用意されたコース料理を堪能できる。

 

極上のフレンチに舌鼓
 

さらに、130年余の歴史のつまった富士屋ホテルの館内の装飾について解説した「知られざる図鑑」も1人1冊プレゼント予定と特典満載なのだ。

 
専用タクシーで、優雅な車窓旅も楽しめる
 
そして「ハイカラの旅」では、2つのホテルに宿泊するだけでなく、かつてホテル同士を結んでいた直通自動車のピストン運行も現代に復刻し、宿泊者を専用タクシーで送迎する。
どちらのホテルからも対応しているので、泊まる順番は宿泊者が選べるのだとか。大都市となった今もなお変わらず残り続ける風景を、車窓から一つ一つひろいながら、現代と過去とをつなぐ歴史的な姿を色濃く継承する両ホテルへと誘ってくれるのだ。

 

富士屋ホテルの花御殿
 

ホテルニューグランドのデラックスツイン
 

プランの料金は、2名1室利用で1人6万2000円(税・サービス料込)、1名1室利用で9万2000円(税・サービス込)だ。日本有数のクラシックホテルを余すことなく堪能し、計4回の食事がつき、次に宿泊するホテルまでの送迎もついている。日頃からお世話になっている親に人生の休息をプレゼントしてみてはいかがだろうか。



―終わり―
 

お問い合わせ
ホテルニューグランド
http://www.hotel-newgrand.co.jp/fujiyahotel_plan/
電話/045-681-1841(代)


  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 関西人の価値観は全て金銭的なもので、要は安ければいいってことだな。

おすすめ記事

関東大震災で焼失した山下町の「グランド・ホテル」の栄華

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

41年ぶりにホテルニューグランドのネオンサインが復活!

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

横浜が誇る歴史と伝統あるバー「シーガーディアン」の今と昔

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

今シーズン活躍する選手は? 2018年のDeNAベイスターズ春季キャンプをレポート

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

新着記事

桜木町駅からどこまでデッキが伸びる!? 「ウェスティンホテル横浜」がまもなく着工~みなとみらいレポート

    • 面白かった166
    • 面白くなかった2
    • コメント4
  • 2019年01月22日

横浜ストロベリーフェスティバル2019、ホテルのいちごブッフェを紹介!スパークリングワイン飲み放題も!

    • 面白かった17
    • 面白くなかった2
    • コメント0
  • 2019年01月23日
お年玉キャンペーン
はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

イヌやほかのペットとフロアが違うから、ちょっぴり神経質なネコも安心! 「新横浜動物医療センター」

  • PR

「Tシャツ1枚からプリントします」デザインから製作まで一貫して請け負う「オリジナルウエア ブラスト」

  • PR

朝市やカルチャースクールに買い物バスなど、コミュニティを影で支える「横浜セレモ株式会社」

  • PR

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

誰もが必ず経験する相続問題。相談するなら、真摯に依頼者と向き合う「本牧司法書士行政書士事務所」

  • PR

バイクのことならなんでもお任せ! 地域密着がコンセプトの「カスタムショップ サカイオート」

  • PR

【スタッフも募集中】「東宝タクシー」の新しい取り組みがすごすぎる!鶴見の名所巡りをしながら聞いてきた

  • PR

医療同様に地盤にもセカンドオピニオンを! 過剰な地盤改良を未然に防ぎ、住宅建築コストを削減!

  • PR

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

料理やお酒や会話に、家族で紡いだ思いを感じられる場所。野毛の本格的な和食「旬彩 濱おか」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜市港南区の市営バス停すずかけ通り近くの旧野庭高校の敷地に (神奈川県警野庭分支庁)?だったでしょ...

  • 相鉄線の星川と天王町の間の高架化が無事に完成されました。その区間の、天王町駅からルネサンスを経由して...

  • 絶景のデニーズが次々と閉店しているのが気になります。R134沿い、逗子の渚橋のデニーズが既に閉店し、...

あなたはどう思う?

節分の日は何をしますか?

最近のコメント

アクセスランキング