検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

【ニュース】京急百貨店にシチリア島のイタリア料理店の姉妹店がオープン!

ココがキニナル!

神奈川県産の豚肉や地魚、地野菜を使って地産地消にこだわったリストランテ「グランドゥーカ」が6月16日にオープン

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

シチリア島に本店



横浜市港南区上大岡の京急百貨店に6月16日、イタリア・シチリア島に本店を構える「グランドゥーカ」の姉妹店がオープンします。
 


本場・イタリアの味が食べられる!(写真はイメージ)
 

「グランドゥーカ」は2005(平成17)年にシチリア島にオープンした、郷土料理とワインを中心に楽しめるリストランテ。横浜には伊勢佐木町店、上大岡駅前店があり、京急百貨店は3店舗目となります。

三浦半島とイタリア半島は地形や経度、それる野菜や魚も似ていることから、沿線企業や飲食店はイタリア料理を通して食の宝庫・三浦半島の魅力をPRする地域飲食店の取り組み「三浦半島はイタリア半島」プロジェクトを実施。その一環として、同店ではイタリア国旗の緑・白・赤に加え、店のフラッグポール(旗)である黒をテーマにした数量限定のプレートも提供します。
 


メニューの一例
 

ランチでは季節野菜を使用したサラダが付いたパスタやピッツァのセット、ディナーでは「神奈川県産ブランドポーク肉のグリル(1296円、税込み。以下同)」や三崎港でとれた鮮魚のマリネ、「プカティーニ イワシのパスタ サルデ(1458円)」など、魅力がつまった地産地消メニューを楽しむことができます。
 


 

いずれも県産食材を使用したメニュー
 

オープニング特典として、6月30日までディナータイムの先着50人に「シチリアンレモンソーダ」を1杯サービスします。

本場のイタリアンを、コース料理が堪能できるちょっと高級な「リストランテ」としても、軽食中心の気軽な「ピッツェリア」としても利用できるので、買い物途中によってみてはいかがでしょうか?


―終わり―
 
「グランドゥーカ」京急百貨店上大岡店
住所/横浜市港南区上大岡西1-1-1
営業時間/ランチ・・・11:00~15:00(平日)、11:00~17:00(土日祝)、カフェタイム・・・14:00~17:00、ディナー・・・17:00~22:00
電話/045-848-1111(代表)
 

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • ここ行きました。値段の割に味は極普通。同じ10Fにセットメニューがあり、コスパ最高なイタリアンが既にあるから、この店の存在意義が分からない(笑)飲みがメインの割高設定なのだろうが、京急百貨店のレストランエリアは夜10時閉店なので、立地とスタイルが噛み合っていない。まあ、すぐ潰れると思うよ。

おすすめ記事

関内駅近くにオープンした1杯1000円の「青汁」を出すという謎のバーを調査!

「人をもてなす」基本中の基本に忠実だからこそ再訪を誓う。「焼肉おくう横浜本店」

  • PR

黄金町の路地にある入りづらい、元プロボクサーの焼き鳥屋さん「てっちゃん」ってどんなとこ?

野毛で希少な大人数で宴会できる「叶家(かのうや)」が、お1人様のカウンター利用も大歓迎って知ってた?

  • PR

『今夜、ハマのバーにて。 vol.1』〜「マティーニ」とバー初心者〜

具がおいしいと、粉モンはここまで昇華する。ハマリ度間違いなしの「鉄板 俣野也」

  • PR

中区吉田町の路上イベント「吉田まちじゅうビアガーデン」の楽しみ方を教えて!

特典あり

食わず嫌いじゃもったいない。「丼丸反町店」の500円海鮮丼が想像以上のコスパ!

  • PR

こんな記事も読まれてます

西横浜駅で見かける「キムチ売りのおばさん」に直撃!

お酒は200種類以上! 超穴場の戸塚に夜な夜な現れる「トラックで営業するバー」があるって本当?

中華街から姿を消したヤシの実ジュース、今も買えるってホント?

野毛にある「大正ろまん」ってどんな店?

中華4000年の文化が味わえる中華街の中国茶店を一挙レポート!

崎陽軒新店舗「伊勢佐木モール店」&シウマイ型クッキー「横濱クッキー シウッキー」など、崎陽軒のキニナルを一挙に解決!

【編集部厳選】連休だから、ニンニク臭くてもいいじゃない! 「横浜ガーリック飲み」!

関内駅近くにオープンした1杯1000円の「青汁」を出すという謎のバーを調査!

新着記事