検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

横須賀の防衛大学校。訓練として、遠泳、実弾射撃などもやってるそうで、普通の「大学」とは別世界な印象。実態が分からないので、ぜひ取材を(タロー先生さん)

はまれぽ調査結果!

幹部自衛官を養成するための防大。授業は将来、自衛官になったときに必要な講義や訓練が課せられる。目的意識を持った学生たちが多い

  • LINE
  • はてな

2017年08月08日

ライター:やまだ ひさえ

前編は防大の歴史と防大ツアーの様子を、中編は学生生活を中心にご紹介。そして後編の今回は、防大独自のカリキュラムである「訓練課程」と「儀仗隊」というクラブ活動を紹介する。

横須賀市にある防大は、日本でただ一つの幹部自衛官を育成するための大学教育機関だ。
 


幹部自衛官育成のために必要な技術や指導力を養う
 



訓練に潜入!

防大独得のカリキュラム「訓練課程」は、全学生の必須である。全員が同じ訓練を行う「共通訓練」と、2学年以降陸・海・空の要員に振り分けられたのちに行われる「専門訓練」の2つがある。

さらに訓練は毎週2時間ほどの「課程訓練」と、1週間や1ヶ月といった単位で集中して行う「定期訓練」がある。訓練課訓練係長である桜井3等陸佐に訓練の案内をしてもらった。
 


防大卒業後、陸上自衛官を任官。部隊勤務を経て防大に勤務
 

桜井3佐が着用している緑ベースの迷彩服は陸自用のもの。このカラーリングは一般の人にも馴染み深いが、実は、海自用、空自のものもある。
 


海自はブルーがベース
 

空自はグレーがベースだ
 

「迷彩服は、所属する国の地形や植物に合わせて色が決められています。日本の陸自の場合、日本の植生や土質などに適したデザインになっています」と桜井3佐。

まさかそこまで考えられているとはと驚いたが、案内された2学年の陸自要員の戦闘訓練の現場で、迷彩色の性能の高さを実感した。
 


ここは地雷原という想定
 

右から3番目の学生を囲むように設置されている2つの黒い目印は、地雷を撤去して通行可能な経路。訓練は、この狭い区間を走り抜けて敵を制圧するという想定。

訓練は2コ班に分かれて行われる。実は、上の画像では突撃する班が伏せの状態でかくれているのだが、遠くからでは分からない。
 


上の写真には3人の学生が伏せている
 

迷彩柄効果でしっかり草の中に同化している
 

地雷を撤去した場所を迷うことなく走り抜けて行く
 

敵の基地の制圧が最終目標だ
 

敵基地に想定されているのは、第二次世界大戦中、旧日本軍が監視所として使っていた建物。東京湾要塞地帯の一画を占めていた防大周辺には、このような遺構が数多くある。
 


地雷原を抜けた段階で全員で一斉射撃を行う
 

この間、敵基地を制圧するために発砲しているという想定。この訓練では実弾や空包を使わないため、各自が「パンパン」という声を出していた。
 


再度、突撃
 

見事、制圧
 

顔も迷彩仕様だ
 

帰り道、1学年の行進訓練を見ることができた
 

1学年にとって入校して初めての行進訓練。小銃、背(はい)のう、水筒、着衣や弾帯とよばれるベルト状のものをを合わせると20kgにもなる装備を付け、10km歩き続ける。
 


フル装備で校内をひたすら歩く
 

背のうに入っているのは、携帯用スコップ、雨衣(あまい)、飲み物、携行食、飯盒(はんごう・2合炊き)、着衣など。実践での徒歩による行軍は夜間に行われることが多いため、背のうも暗闇の中で使うことを考え、きれいに、全体のバランスを考慮して詰めなければならない。
 


背のうだけで10kg近い重さになる
 

2学年になると、夏に本格的な行進訓練が行われる。歩く距離も30kmと延びるし、装備全体の重さも20kg以上になる。
 


行進訓練中の1学年の横を、戦闘訓練を終えた2学年が駆け抜けていく
 

防大では「3歩以上進むときは駆け足」という暗黙のルールがあり、のんびり歩いて移動、などということはない。

行進訓練のゴールは学生舎前だ。
 


10㎞制覇! まもなくゴール
 

すぐに整列し、点呼と装備の点検を行う
 

女子学生も20㎏の装備をつけ、10㎞歩ききった
 


携行していた小銃の点検
 

装備品の点検は2人1組で行う
 

10km歩き終えた後、なんとランニング
 

体力だけでは計り知れない精神力の強さを感じた光景だった。

防大では、航空自衛隊要員の訓練も行われている。
 


かつて訓練に使われていた航空機が展示されている
 

航空自衛隊の任務と聞くと航空機の操縦を思い浮かべるが、それだけではない。機体の整備、通信機器や情報システム、管制の技術など多岐に渡る。

全ての要因がそろって初めて航空機が空を飛べるのだ。


陸・空だけでなく海の訓練も・・・キニナル続きは次のページ≫
 

おすすめ記事

ずらあ~っと並んだちょっと怖い横須賀の稲荷神社とは?

横須賀の米軍施設を影で支える企業があった!? 日本の安全をメンテナンスする「ニッカイ」

  • PR

防衛大学校を徹底取材!~学校の歴史と防大ツアー編~

マークされたら言い逃れはほぼ不可能! 全国屈指の総合探偵社「ガルエージェンシー横浜駅前」

  • PR

防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~

憧れの「マイドレス」が叶う、元町のウエディングドレスショップ「Jellish(ジェリッシュ)」

  • PR

都筑区に横浜で唯一のイスラム教モスクがある!?

毎日食べても飽きない“健康中華”を提供する中華料理店「中華飯店 龍鳳(ロンホー)」

  • PR

新着記事

横浜生まれのプロレスラー、鈴木みのるさんを徹底解剖!【前編】

    • 面白かった547
    • 面白くなかった5
    • コメント1
  • 2018年06月19日

横浜生まれのプロレスラー、鈴木みのるさんを徹底解剖!【後編】

    • 面白かった19
    • 面白くなかった0
    • コメント1
  • 2018年06月20日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

  • PR

中山を愛する名物社長に会える! 住民と入居者のマッチングを大切にする「丸進不動産」

  • PR

外国人の受け入れ手続きを的確にサポートする「行政書士みなと国際事務所」

  • PR

迷惑な営業電話は一切ナシ。鶴見区「有限会社関榮不動産」

  • PR

横浜を愛し、横浜を作り、横浜を育む、横浜型地域貢献企業認定の建築事務所「有限会社安田建築事務所」

  • PR

終電を逃しても安心! 温泉、サウナ、宿泊、朝食がついて3080円の湘南平塚「太古の湯」で極楽を

  • PR

和田の三本の矢で「ワダノミクス」!? 保土ケ谷区「工藤不動産株式会社」

  • PR

家族や友だち、恋人と・・・誰と行ってもこんなに楽しい♪ 動物と過ごす“癒し”の休日「ズーラシア」

  • PR

財産を「負の遺産」にしないために! 相続税の相談・対策なら、関内駅徒歩2分の「北川孝税理士事務所」

  • PR

真の健やかさと充実した生活への自分づくりを手に入れる、東戸塚の「極真カラテ 神奈川県加藤道場」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 白楽駅から妙蓮寺方向に5分ほど歩いたところ左手に新しいカフェができたようです。Rodiac Arke...

  • 大阪北部地震で発生した高槻市の寿栄小学校ブロック塀倒壊事故。最新ニュースでは上半分は後から単に積み重...

  • 来年の京浜急行本社移転にあわせて、デハ230の復元が展示に向けて進んでいますが、その時に一緒に復元展...

あなたはどう思う?

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

最近のコメント