ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    東戸塚駅のニューデイズ(コンビニ)は、地域密着型というコンセプトで、地域の商品を扱う専用の売り場のほか、生ビールを販売してイートインスペースで呑んだり、大型のスポーツイベントが開催される際は、パブリッ...

    LA-CL3さん

    横浜のどこかに、インドで作って下さった「水の塔」?という建築物があるらしいです。何ですか?どこにあるのですか?なんでインドから持ってきて下さったのでしょうか。これは、日本でインドに新幹線を7路線敷く事...

    狐猫さん

    横浜から秩父の近くまで、みなとみらい線、東急線、などと、西武線、東武線、などとが、東京地下鉄と相互に乗り入れています。観光客は、埼玉県方向から神奈川県方向の皆様が過半数で、神奈川県方向から埼玉県方向は...

    狐猫さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「9月23日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
どうしてこうなの!? 東横線と直通するみなとみらい線が東急電鉄と別会社な深いワケ
5位
横浜橋通商店街の名店「天ぷら豊野」がイセザキモールに移転! その理由とは?
6位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
7位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
8位
高さ1.2メートルのガードを発見! 低いガードがあるという噂の南武線に突撃!
9位
航空写真に写る米軍施設から伸びる謎の軌道とは?
10位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
11位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
12位
創業80年以上の戸塚区で唯一の銭湯「矢部の湯」が閉店するって本当?
13位
横浜市の東西南北それぞれの端っこってどこ?
14位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「瀬谷限定販売『鬼盛りすたみな唐揚げ』」編
15位
近未来型ニュータウン? 日々進化し続ける武蔵小杉の現状をレポート
16位
工事が始まった横浜市の新市庁舎の特徴は?
17位
身近にあるけど意外と知られていない!? テレビCMでも話題の「アマノ」ってどんな会社?
18位
【フォトれぽ】横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017年」潜入レポート!
19位
【編集部厳選】実りの秋に米をかき込め! 横浜のおいしい「丼」特集!
20位
三浦市に新バス停誕生! 京急油壺マリンパークバス停の出来た理由とは?
21位
何かと話題の『セシルのもくろみ』も! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.2
22位
横浜でおいしいオムライスが食べられるお店はどこ?
23位
【編集部厳選】パラッパラのチャーハンが食べたい!
24位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(関内・馬車道編)
25位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
26位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
27位
何かと話題の横浜市のごみ分別案内チャットボット「イーオのごみ分別案内」。いったいどこまで教えてくれる?
28位
【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?
29位
100年続く古き良き金魚店が横浜に!? 上大岡の「野本養魚場」を訪問!
30位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

サイプレス上野さんがプロデュースしているバー「what's good」が戸塚にあります。店は建物の2階にあり、中の雰囲気が分からず、1人で入るのも・・・ ぜひ突撃レポを! (ねこみくさん)

はまれぽ調査結果

ポップなカフェ風、キュートな素敵空間! 音楽に詳しくなくても大丈夫。また運が良ければ、サイプレス上野さんに会えることも

ライター:黒澤 陽二郎 (2017年08月31日)

行きたい奴はプチャヘンザ!

昨今、ヒップホップブームが復活してきているといわれている。

その火付け役となったフリースタイルラップバトルのテレビ番組にも出演し、注目を集めるラッパー・サイプレス上野さんがプロデュースしているというバーが、戸塚にあるという。
 


2011年に「サイプレス上野とロベルト吉野」のインタビューをしました

 
テレビで観てるあの人に会えるかもという浮ついた気持ちを抑えつつ、そのお店に突入します。

「MUSIC&BAR WHAT’S GOOD(ワッツグッド・通称ワツグー)」は、JR戸塚駅西口を出て徒歩5分ほどの場所、住宅と商店街に挟まれているような建物にある。
 


明るい黄色の建物の2階にありますよ

 
外観だけを見ると、ポップな佇まいでそんなに入りづらいようには感じないが、確かに2階まで上がないと中の様子はよく見えない。ドキワクしながら階段を上がる。
 


到着。ガラス窓なので中が覗けて入りづらさはないように感じる

 
中を覗くと凛々しい男性の姿を発見。

「適当に座ってください〜」とフランクに対応してくれたのは「MUSIC&BAR WHAT’S GOOD」の店長、渡辺直樹(わたなべ・なおき)さん。
 


明るくてノリが良いお兄さんといった感じ



いきなりはまれぽステッカーを貼ってくれるあたたかさよ

 
早速お店について話しを伺おうとすると「うえちょ(上野さん)と一緒に話したほうがおもしろいっすよね? もうすぐ来ると思うので、お茶でも飲んで待っていてください」と言ってくれる。

話が早すぎて助かります。
 


店内は明るい色合いで統一されている


MUSIC&BARたらしめるターンテーブル


サイプレス上野さん関連のCDの販売も


もちろん飲食店らしさもあります


内装の基礎は大工さんにお願いしたそうだが、床の張替えや、壁の塗装、棚、黒板、DJブースの設置などは、友達を集めて手作りしたそうだ。
 


Barというよりカフェ風のあたたかい雰囲気

 
上野さんプロデュースということで、かなりディープな雰囲気を想像していたが、人を選ばず入りやすそうな雰囲気。
 
ただ、やはり上野さんプロデュースのお店だ。貼られているポスターはヒップホップレジェンドのものだったり、音楽イベントのものだったり、音楽好きには「おっ」とキニナるものもある。
 

 
お久しぶりですよっしゃっしゃっす
 
店内を物色していると、ふいにガラガラッとドアが開く。ついに来てくれました。
 


なぜか野茂Tシャツで「よっしゃっしゃっす!」と上野さん登場


手に持っていたバックはディスクユニオンのレコ屋袋!
 

挨拶を交わし、席に着くと「おれビールね」と早速一杯。乾杯を済ませ、9月にメジャーデビューを控える上野さんに、お店の成り立ちについて伺う。
 
上野さんと渡辺さんは、幼稚園からの幼馴染でずっと仲良し。ドリームハイツやドリームランドで仲間達と青春時代を過ごし、「ドリームラップス」というラップグループで活動も行なっていた。
 


NOドリームハイツ NOミュージック


大人になってからも仲間たちの絆は強く、2週に1回のペースでフットサルを楽しむほどだったそう。お店が誕生するきっかけは、この何気ない日常にあったそうだ。
 


「フットサルやって、朝まで飲んでって中で店の話が出てきたんです」

 
「ワツグーのオーナーで、よしちゃんって仲間がいるんですけど、集まる度にバーやりてえって話をしていて、いつしかみんなの夢になってたんですよ」
 
「でもよしちゃんって背中押さないと動き出せないタイプの人間だから、おれがいくらでも手伝うから、そんなにやりたいならやれよってハッパかけ続けて。それでやっと動き出したんですよ」と上野さん。
 


そして渡辺さんに声がかかる

 
もともと料理が得意だったという渡辺さんは、「フラフラしていた」そうで、店長に指名されると二つ返事でOKと答えたそうだ。
 
それからトントン拍子に話が進み、半年間の準備期間を経て、2016(平成28)年7月1日にワツグーをオープンさせた。
 
背中を押す上野さん、お店を本当に作っちゃうよしちゃん、やろうぜと店長になっちゃう渡辺さん。ほかの仲間たちとの強い友情もあってお店が誕生したようだ。
 


お店のTシャツ(3000円)も作る力の入れようです

 
戸塚駅付近はドリームハイツで育った上野さんたちにとっては、近くてちょっと遠い場所。街に出て「やってやるか!」という意気込みで出店したんだとか。
 
上野さんはまだこの店が「自分の家」のような感覚があるそうだが、自分やヒップホップを知らない人でも気軽に来てほしいと話す。
 
オープンから1年。その思いが実を結び、友人たち以外にも、30代を中心に常連客が増えてきて、ようやくにぎわってきたそうだ。
 
30代を中心に、若いお客さんが多いようでアルコール度数の高い「危険DRINK」がよく飲まれているそう。
 
 
読者のためにフリースタイルを1つ!・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事