検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

ココがキニナル!

矢部の湯が閉店するそうです。銭湯らしい銭湯がまた一つ消えてしまいます。(山下公園のカモメさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

9月30日に惜しまれながらも閉店。閉店理由は、客の減少に燃料不足、経営者の高齢化や時代の移り変わりによる苦情があった

  • LINE
  • はてな

2017年09月17日

ライター:はまれぽ編集部

横浜でまたひとつ、昭和の名残が消える。戸塚区矢部の銭湯「矢部の湯(やべのゆ)」が2017年9月30日に閉店するという。
戸塚区には銭湯が1軒しかないという過去の記事があった。その戸塚区唯一の銭湯が戸塚駅のほど近く、旧東海道沿いにある矢部の湯なのだ。

 

JR戸塚駅東口から徒歩4分ほど
 

看板から昭和の臭いを感じる
 

入口には閉店のお知らせと牛乳石鹸と書かれたのれん
 

お話を伺ったのは、江尻伸子(えじり・のぶこ)さん。夫婦で矢部の湯を営んでいる。

 

お忙しい中、ご対応ありがとうございます
 

まずは、伸子さんにお店の成り立ちを聞くと、「1936(昭和11)年から銭湯を始めました。また、1960(昭和35)年からは『有限会社矢部の湯』として営業しております」と話してくれた。

銭湯を始めたきっかけについては「主人のおじいさんが、元々八王子や川崎で銭湯をやっていました。昭和の初めごろ、おじいさんの兄弟が、土地・建物の売買や仕事などを紹介する周旋屋(しゅうせんや)をやっていて、その時にこの場所を紹介され、銭湯を始めたそうです」と当時を振り返る。

 

バスも通る旧東海道沿い
 

親戚も銭湯を営んでいたそうで、1973(昭和48)年ごろは、親戚だけで9軒の銭湯を経営していたそう。「今月でうちが閉店するので、残りは大倉山と生麦にある2軒になってしまいますね」と伸子さんは話してくれた。

伸子さんに閉店する理由についてお伺いすると、「客の減少」と「燃料不足」、伸子さんご夫婦が高齢化したことによる体力面の不安のほか、後継ぎがいないことも理由だという。

また、ここ2~3年ぐらいから、煙突から出る煙についての苦情も増え、閉店を決断したそう。

 

煙突からの煙が問題視されているという
 

矢部の湯は、薪を燃やしてお湯を沸かすことが特徴の銭湯である。そのため、薪を燃やした煙が近隣の方などにとって、不快だったようで、役所からも注意されることがあったそう。

伸子さんは、廃材を燃やしているので、煙が出るのは仕方ないという。「無垢材であれば、煙は出ないのですが、大工さんや工務店さんなどが持ってきてくれる木材は、ほとんどが合板です。ペンキなどを使用しているので、合板は燃やすと煙が出てしまうのです」と話してくれた。

 

お湯を沸かす燃料となる廃材
 

その奥では、薪が燃やされていた
 

煙突からモクモクと立ち上る煙こそが、昔ながらの銭湯の風情を醸し出しているのではと思うが、近年の駅周辺の開発によりマンションなどが増え、これまで問題視されなかった煙が、地域の問題になってしまったのかもしれない。

ただ、伸子さんは「薪で沸かしたお湯がよいと言ってくれるお客さんは多いです」と話す。
薪で沸かすと、お湯がまろやかになり、温かいとのこと。体の芯まで温まるので湯冷めしにくいと、人気があったそうだ。

 

お湯は48度と熱め
 

今後は、3階建てのアパートに建て替えるそうで、10月初旬に建物の取り壊しが開始される。
伸子さんは最後に「矢部の湯が閉店することで、戸塚区の銭湯がなくなってしまうのは残念」と寂しそうにつぶやいていた。
 
 

 

はまれぽ編集部のイチオシ

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

押しの弱い店長におっとり奥様!?みなとみらいに隣接する横浜市神奈川区の物件なら「タウンマッチホーム」

  • PR

顧客メリットを優先した安心の価格と高い技術力。板金塗装のスペシャリスト「整興モーターサービス」

  • PR

職人の味を気軽に味わう! お祝いにも、いつもよりちょっと特別な時も、みんなで行きたい「松葉寿し」

  • PR

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

独特の発想と企画力で業界の若返りを! タクシーの未来を創造する「三和交通」

  • PR

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

お客様優先主義が魅力。相鉄線沿線の和田町や鶴ヶ峰、横浜国立大学周辺で自分にあった物件探しなら!

  • PR

屋形船って2人でも乗れるの? 「屋形船すずよし」で横浜みなとみらいの夜景を満喫してきた

  • PR

誰もが必ず経験する相続問題。相談するなら、真摯に依頼者と向き合う「本牧司法書士行政書士事務所」

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング