ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    川崎に、香港の九龍城が再現されてるゲームセンターがあると聞きました。規模もリアルさも凄いと聞いて、すごく気になります。

    bjさん

    2014年横浜ベイスターズ最終戦セレモニーの様子がキニナル

    enjunさん

    10月26日に横浜公園で「よこはま技能祭」なるものが開催されます。横浜の職人さん達による職人技実演等が行われます。横浜にはどんな職人さんがいるのか調査お願いします。

    山下公園のカモメさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜市でも「給食」って必要だと思う?

いますぐに始めてほしい
特に必要ないと思う
毎日じゃなくてもいいんじゃない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
横浜ベイサイドマリーナでタモリも熱狂! ヨットレース、「タモリカップ2014」を徹底レポート!
2位
ラブホテル評論家が厳選! 横浜でおすすめのファッションホテルはここだ!
3位
「ガチカレー!2014」結果発表! 73品の頂点に選ばれたのはあのカレー!
4位
日の出町ストリップ「浜劇」、常連客の連帯感が凄いのはなぜ?
5位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
6位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
7位
女子大生がいるスナック? 野毛小路にある「スナック女子大生DEいいとも!」はどんなお店?
8位
不祥事を経て復活! 野毛大道芸の今後は?
9位
世界を魅了した!? 本牧にあった享楽の場「チャブ屋」と伝説の娼婦「お六さん」の生涯をレポート!
10位
地元の人でも気づかない!? 伊勢佐木町にあるひっそりとした超ディープな異空間「イセブラ小路」にライター松宮が突撃!
11位
野毛の大岡川沿いの謎の船着き場!? クルージング付きレストランにライター・秋山が潜入!
12位
南北あれば“中”がある!? センター北・南のど真ん中を探せ!
13位
しあわせの黄色い電車に乗っていく「京浜急行 The 鉄コン! in 横須賀」に潜入!横須賀の魅力満載の婚活イベントとは?
14位
上永谷のイラスト写真をデコレーションケーキにしてくれるというケーキ店の職人がスゴ腕って本当?
15位
ドヤ街のど真ん中にある「アートなホステル」って、どんなところ?
16位
ビーチで発見!キニナル水着女子2014【最終回スペシャル】
17位
ビーチで発見!キニナル水着女子2014【由比ヶ浜海岸編】
18位
ビール発祥の地は横浜説と大阪説、どっちが本当?
19位
半世紀以上続いてきた横浜の伝統イベント!「元町チャーミングセール」の秘密とは?
20位
そんなにカーブしていない栄区の鎌倉街道にあるバス停が「七曲」なのはなぜ?
21位
かつて横浜市内に130社以上も存在した「捺染(なっせん)会社」の今を教えて!
22位
昭和の香りがする鶴見線国道駅を特集して!
23位
鮭も○○も釣れる!? 外来種だらけの「タマゾン川」の現状について教えて!
24位
中区曙町に風俗店が多いのはなぜ?
25位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
26位
解体が報じられた、横浜最古の倉庫「旧日東倉庫」の歴史を探る!【後編】
27位
ビーチで発見!キニナル水着女子2014【江の島海岸編】
28位
早朝の多摩川河川敷で大量の走る馬を発見!? ライター・松宮が騎手と調教師、そして競走馬に密着レポート!
29位
川崎のモン・サン・ミッシェル!? 工場夜景を海からのぞむ「工場夜景探検ツアー」に突撃取材!
30位
名刀正宗、その子孫が鎌倉で包丁を製作しているって本当?

横浜のココがキニナル!

港北区役所がある「大豆戸」の読み方は、なぜ「おおまめど」ではなく、「まめど」なのかが気になる!(ぱぱさんさん,Makoさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

「真間処(ママド)」という読み方が転化して「マメド」になり、
その後マメに「大豆」の字を充て、「大豆戸」になった説が有力と思われます。

ライター:河野 哲弥 (2011/11/29)

横浜の地名ならコイツに聞け

地名には、その土地の歴史や文化に深く根付いているものが多い。
以前、「生麦」や「美しが丘」の由来を取材したとき、数々の発見に驚かされたものだ。

そんな時、最初の手かがりとしていたのが、横浜市市民局が発行している『横浜の町名』という冊子。
大抵の図書館に置いてある。
 


毎度、お世話になります


今回も同書に頼り、秒殺で解決しようと思った。

早速調べてみたところ、古くは『小田原衆所領役帳』に「小机大豆津」という表記があるという由来の説明があるばかりで、なぜ「大」の字を読まないのかについては触れていなかった。

そこで、まさに「大豆戸(まめど)」の地に建つ、「港北区役所」を訪ねることにした。



区役所近くの人々は、はたして正しく読めるのか?

区役所に行く前に、ふと現場近辺の住人は「大豆戸」を正しく読めるのかが気になった。

そこでこの地名の読みを道行く人々に聞いてみることにした。
 


近隣住人は読めるのだろうか?


20人に聞き、12人から回答を得られた。

その内容は、「まめど」と読めた人8人、「おおまめど」と答えた人3人、残りのひとりは「読めません」という結果になった。

正解者に共通するのは、この地にある程度昔から住んでいること。
「おおまめど」と答えた人たちの居住歴は、皆さん3年以下だった。

そんな中、正解者のご夫婦に、詳しい話を聞くことができた。
 


お食事中にご協力いただいた、Sさんご夫婦


大豆戸に住んで7年というご主人によると、「言われるまで別に不思議とも思っていなかった」そうだ。

生活の中で「まめど」が自然に身についてしまっているらしい。
一方の奥さんは、手紙で住所を書くときなどに、やはりモヤモヤ感があったと話す。

では、そのモヤモヤを解決してこよう。
イザ、「港北区役所」へ向かう。




昔は「マメ」と言えば「大豆」だったから?

対応いただいたのは、区役所内にある地域振興課の藤井さん。
早速、参考資料を探し出してきてくれた。
 


港北区総合庁舎の外観
 


マメドの読み方は「大豆」からきていた!?キニナル結果は次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ



【関連記事】

港北区のユウレイ階段は数えるたびに段数が違うって本当!?

港北区で検出されたストロンチウム、市が突っぱねたその真相は?

【随時更新!】キニナル調査経過報告!11月版