検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

「Orbi Yokohama(オービィ横浜)」が4月からリニューアルオープン! 一足先に館内の様子をレポート!

ココがキニナル!

休館していた「Orbi Yokohama(オービィ横浜)」がリニューアルし、3月25日から先行営業開始。新しいオービィ横浜のみどころは?(はまれぽ編集部のキニナル)

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

動物とのリアルな触れ合いがたくさん
 
2018(平成30)年2月から一時休館していた、商業施設「MARK IS みなとみらい」内のエンタテインメント施設「Orbi Yokohama(オービィ横浜)」が、2018年4月1日からリニューアルオープンする。正式なオープン日は4月1日だが、それに先立つ3月25日から開館時間を短縮しての先行営業が行われるとのこと。

これまでは映像やCGを駆使した施設で、大自然や生き物を体感してもらうことに主眼が置かれていたが、今回のリニューアルでは生きる動物たちと触れ合えるゾーンを大幅に新設。「デジタル(映像)とリアル(動物)」を調和させた、よりライブ感あふれる体験ができるミュージアムとなった。

リニューアルオープンに先駆けて参加したプレス内覧会から、館内の様子をお伝えしていこう。
 


入口で動物がお出迎え

 
入場すると、新しいエキシビションのひとつ「アニマルガーデン」が来館者を出迎える。熱帯雨林をイメージしたブースの中で、グリーンイグアナやミーアキャット、アルマジロといった動物や鳥が飼育されていて、直接手で触ることもできる動物も多い。
 


アニマルガーデンのエントランス

 


眠っているムツオビアルマジロ。起きていれば触ることもできる

 


アマゾンから抜け出てきたような極彩色のルリコンゴウインコ

 


ヨウムが手に乗った!

 


いかつい風貌のグリーンイグアナも触れてしまう

 


硬い綿布のような感触

 
取材中、カピバラがリクガメのブースに出てきてエサを横取りする一幕も。こんな風に動物の自由な生態を目の当たりにできるのが魅力だ。
 


我が物顔でリクガメのエサをほおばる

 


泳ぐ様子も見られます

 


カーペットニシキヘビもいたが、さすがに首にかける勇気が出なかった

 
小さな動物たちとの触れ合いができるのは「アニマルスタジオ」。モルモット、インコ、ハリネズミといった小型の動物や鳥を手に乗せたり、餌やり体験ができる。小さな子どもでも動物の身体の温かさを感じることができるエキシビションだ。
 


ヒヨコがぎっしりと!

 


手に乗せてみると生き物の温かさが伝わる
 


2羽のオカメインコ。左のインコは眼を閉じてお疲れの模様
 


丸くなると針のかたまりにしか見えないハリネズミだが・・・
 


顔を上げるとつぶらな瞳

 


フトアゴヒゲトカゲという種のトカゲ。ペットとしても人気がある

 
この日は羽を休めていることが多かったフクロウやインコだが、毎日午後1時30分から「シアター23.4」内で行われるフライトトレーニングで、スタッフの手元から羽ばたいて飛んでいく様子を見ることができるそうだ。
 


フクロウの中でも大型のワシミミズク

 
大勢のネコとも触れ合える。新設された展示施設「キャットパラダイス」では、12種20匹のネコが入場者を出迎えてくれる。ここのテーマは「癒し」で、展示室内を自由に歩き回るネコたちと触れ合うことができる。
 


ネコ好きには至福の空間

 
が、室内を歩き回る気ままなネコになついてもらうのは思ったより大変。ネコじゃらしで手なずけようとしたりしても勝手にそっぽを向いたり、疲れ気味で誘いに乗ってくれないことも。ネコを飼ったことがない筆者はちょっと苦労した。
 


ネコは気まぐれ

 


この子はお行儀がよかった

 
なおこの3つの施設を体験するには、入場料とは別に施設ごとの料金と、館内で配布される整理券が必要。時間は完全入れ替え制で1回30分の予定とのことだ。

そのほかのエリアもリニューアルされ、1階のマルチスペースでは、自然に関する企画展を定期的に開催する。3月25日から5月27日までは恐竜をテーマに、化石レプリカの展示や化石発掘体験ができる『恐竜ハンターキャンプ』が開催されるとのこと。
 


恐竜マニアだった子どものころを思い出す

 
もはや動物園といってもいいくらいに、リアルな動物と触れあえる施設が登場したオービィ横浜。生き物の魅力をこれまで以上に体感できる施設にリニューアルされた。ここに来ればリアルな触れ合いを通じて、自然への好奇心が呼びさまされてしまいそうだ。
 
 
―終わり―

 
 
取材協力

Orbi Yokohama (オービィ横浜)
住所/横浜市西区みなとみらい3-5-1 MARK IS みなとみらい5階
電話/045-319-6543
開館時間/9時-21時(最終入館20時)金土日祝および祝前日は22時まで開館(最終入館21時)
※2018年3月25日は12時-18時、3月26日~3月31日11時‐18時で先行営業(最終入館17時)
入館料/大人(18歳以上)800円、中学・高校生500円、小学生300円、シニア(60歳以上)300円
※パスポート(入館料+館内施設が全て利用できるフリーパス。1日有効)は大人(18歳以上)2200円、中学・高校生1800円、小学生1500円、幼児(4歳以上)1200円、シニア(60歳以上)1700円


この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

横浜なのになぜ熊本城主の名前? 中区長者町の飲食店街「清正公通り」の名前の由来は?

特典あり

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

鶴見図書館前の「ちょっと気味が悪い」謎の像の正体は?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

横浜「1000ぶら」商店街探訪Vol.3 「芹が谷銀座商店街」で今夜の酒の肴探し

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

スポーツと横浜をつなげる横浜DeNAベイスターズの新拠点「THE BAYS」の詳細は?

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

こんな記事も読まれてます

横浜・鶴見の幻の巨大池「寺谷大池」の実像に迫る!

2014年-2015年の横浜赤レンガ倉庫のカウントダウンイベントはどんな感じ?

【編集部厳選】なにかモヤモヤする! 横浜の「違和感」集めてみました!

横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?

【東京2020】はまれぽ編集部が魂の力走! 聖火リレーのコースを走ってみた!

第二次世界大戦中、横浜は原爆投下候補地だったって本当?

サッカーW杯目前! 福富町周辺でロシアを楽しめるディープスポットに突撃!

横浜なのになぜ熊本城主の名前? 中区長者町の飲食店街「清正公通り」の名前の由来は?

新着記事